日本で腕振り運動と呼ばれている中国の氣の行法のひとつ、スワイショウ(スワイソウ)。

その絶大な効果から最近また注目を集めているようです。

 

今日はスワイショウの効果&やり方について記事にまとめました。

どこでも誰でも気軽に行えるけど、効果はかなり期待できそう♪

チェックしてみてくださいね♪

Sponsored Links

腕振り運動スワイショウ(スワイソウ)とは?

スワイショウは、

振る・振り払うという意味がある、中国の氣の行法の一つです。

 

動く禅、動禅とも言われ、経営コンサルタントの船井幸雄さんが実践していたことでも有名。

超ムーの世界Rでも、キックさんが開運チャレンジのコーナーで実践していると紹介してました。

 

このスワイソウが注目されているのは、絶大な健康効果に加え、スピリチュアルな効果も期待できそうなこと❢

スワイショウ奇跡の若返り効果とは?

この運動を行うことによって得られる効果は、単なる肩こりの改善だけではありません。

・視力の回復

・心臓病や高血圧の改善

など細胞の若返りによる万病の回復効果。

・半身不随の人が半年続けた結果治った❢

こんな嘘みたいな話まであるそうです。(本当?!)

クラビトン粒子の蓄積で細胞が若返る

ただ腕を振るだけの単純な運動の、どこにそんなパワーがあるの?

 

キックさんによると、

腕振り運動を続けることで、グラビトン粒子が体に蓄積されていく。

※グラビトン粒子は、

生まれたときには体に大量にあるものの、年齢とともに減ってしまい増えない物質だそうです。

 

そして腕をふることでそのエネルギーが体に蓄積され、

・気力が満ちて病気が治る。

・細胞が若返る。

 

スワイショウが動く禅と言われるのは、

 

同じ動きを繰り返すうちに左脳が飽きてしまい、右脳が開く。

右脳が開くと脳内ホルモンが一気に出てきて、一種のエクスタシー状態に入る。

 

それにより病が治るなどの良い変化が体に起きるのだそう。

①エネルギーが生まれるスワイショウのやり方とは?

まずはキックさんが解説したスワイショウのやり方です。

①足は肩幅程度に開き、リラックスした状態で立つ。

②両手の平を内側に向かい合わせにして前に出す。

③前に出した手は、力を入れずに前に出した勢いで後ろに振り戻す。

※両方の手の平を向かい合わせにすると、その間にエネルギーが生まれる。

④この動きをひたすら繰り返す。

⑤最初のうちは雑念が出てくるが、気にせず続ける。

⑥そのうち飽きてきて、右脳の扉が開き、脳内ホルモンが出てくる。

⑦エクスタシー状態になる。

効果別のスワイショウの回数とは?

キックさんは、1日300~500回程度行っているそうですが、期待する効果別の目安となる回数は以下。

・健康促進のためには1日500回程度

・病気を治したい場合は1000~2000回位

が良いとされているとのことでした。

スワイショウを行う効果的な時間帯や場所は?

時間的には良い気が満ちている朝早い時間がベスト。

場所は緑がある綺麗な公園など、屋外がおすすめ。

 

神社の参拝でもそうですが、朝早い時間帯は空気も澄んでいるし、気も満ちているのを実感できますよね。

庭があればな~と思うけど、公園で腕振り運動を行うのは少し勇気が必要かも。

部屋の中でも健康に良いことに変わりはないので、何しろ続けることが大事ですね。

キックさんのスワイショウ実践の効果とは?

キックさんがスワイショウを実践した結果、

・宝くじ1000円が3回当選

・ムーのギャラが上がった

・少し痩せた

・新しい番組が増えた

などなど、短い期間の実践でも諸々の効果があったそうです。

ただし、色々な開運法を実践しているキックさんなので、どの効果なのかは今ひとつ不明とのこと。

②邪気を抜くスワイショウのやり方とは?

スワイショウの単純な動きに加え、イメージをプラスすることで邪気を抜く効果が期待出来るやり方です。

 

①足は自然な歩幅で、足の向きは、なるべく平行に立つ。

②出来るだけ肩の力を抜き、全身をリラックスさせる。

③息を吐きながら手を前に振る。

④前に出した反動を使い、後ろに腕が戻る動きを繰り返す。

⑤手を振りながら手の先から邪気が宇宙の彼方へ飛んでいくイメージを持つ。

邪気抜きの効果を感じるポイントとは?

全身をリラックスさせるためには、

手を前後に動かしながら全身を振るイメージを持つこと。

やがて体重が足にかかり、足の裏が重くなってくる。

指の先が重くなり、太く腫れた感じがしてきたら、邪気抜き効果が出ていると判断できる。

 

続けることで、邪気抜き効果の他に、気のパワーを得ることも出来るようになるそう❢

Sponsored Links

③気の流れを良くするスワイショウのやり方とは?

②は手を前に出すスワイショウでしたが、こちらは後ろに出すスワイショウです。

気の流れを良くすると同時に、首や肩コリにも効果的。

 

①足は自然な歩幅で、足の向きは、なるべく平行に立つ。

②出来るだけ肩の力を抜き、全身をリラックスさせる。

③息を吸いながら手を後ろに引き、同時に首を伸ばしながら後ろに引く。

※胸を張り、首が少し仰向く感じ。

同時につま先立つようにかかとをあげる。

※全身が天に伸び上がるようなイメージ

③腕の重さだけでブランコのように前後に腕を振る。

※手の平から良い気が出て肩に届いているイメージを持つ。

④肩の関節の動きが滑らかになったら効果が出ていると判断できる。

 

やってみると、前に腕を売る動きよりも格段に難しいです。

後ろに腕を振りながら、首を伸ばしたり踵を上げたりすると、何故かふらついてしまう。

少し続けないとスムーズに出来ない感じです(汗)

 

参考図書:


 

こちらの本では、

・病気を治す・矯正するための気功

(目・気管支・喉・食堂・咳・風邪・胃・肝臓・胆・心臓・腸・肺・子宮・低血圧・高血圧・背骨・頚椎・喉・任脈・心の癒やし・背骨・背中・肩こり・虚弱体質・うつ病・猫背)

・人間関係のための気功

・日常生活の中で気を練る方法

・邪気を貰わないようにする方法

などなど、現代社会で疲れた心身を回復させるための気功法や知恵がぎっしり詰まってる良書です。

 

全部行うのは無理だけど、

自分の弱点を克服するだけでもかなり効果を期待出来そう♪

スワイショウ・気功で運気アップ

著者によると、

体の衰えや感覚の鈍りは、体の中にマイナスエネルギーによる邪気がたまっていくから。

気功を行い、レベルが上っていけば、人間関係の改善や直感力を高めることなども出来るようになるとのこと。

邪気を抜き、気の流れを良くすることで運気アップも目指せるということですね。

④体を捻るスワイショウ

腕を前後に振るスワイショウとは別に、腰を回転させながら行うスワイショウもあります。

腕は腰の動きに合わせてリズミカルに振り、同時に頭も一緒に回転させます。

この時、腰の回転に合わせ、右側にひねる時は、左側の足のかかとが自然に上がる。

左側にひねる時は、右側の足の踵が自然に上がるくらい、ゆったり大きな動きでもOK。

 

ただし、頭を回転させるとめまいを起こす人も出てきます。

私もそうですが、三半規管が弱い人は、クラクラしてふらついてしまいがち。

無理して行うのは危険なので、頭の回転は無しで行いましょう。

頭残し(前を向いたまま)で、腰の回転と手を振るだけ。

 

お腹周りの引き締め効果も期待できそうな動きですね。

でも私の場合は吐き気まで起きてしまうので、この動きは無理。

残念ですが、前後だけにしておきます。

⑤仙骨叩きのスワイショウ

上記のスワイショウに仙骨を叩く動きを加えたスワイショウもあります。

後ろに手を回した時に、仙骨を叩いて刺激するイメージです。

仙骨の場所↓

尾骨の上の骨ですね。

 

仙骨を叩くことで得られる効果が何なのかはわかりませんが、かなり大きい気がします。

というのも、仙骨といえば人間にとっては、とても大事な場所。

 

先祖の霊のカルマが宿っている骨とも言われています。

そして、仙骨はむやみに人に触らせてはいけないとても大事な場所だというお話もあります。↓

仙骨調整のスピリチュアルな効果とは?先祖のエネルギーが浄化

まとめ

毎日1000回行うと、エクスタシーの領域に達し、超能力が得られるようになる。

そんな話も聞こえてきますが、

少ない回数でも十分に健康効果は得られるそうです。

 

無理しても結局続かなくなるのは目に見えているので、少ない回数から徐々に増やして行く作戦がいいかも。

 

先程の本の著者によると、

邪気抜きのためにはイメージを持つことが大事なので、静かな部屋が理想。

でも家で行う時は、テレビを見ながら、あるいは家族と話をしながらでも効果はあるそうですよ。

 

集中しなくちゃって思うと緊張してリラックスできないので、ボーッとした状態が理想。

瞑想しているときのような感じでしょうか。

 

以上です♪

スワイショウで運気アップを目指しましょう♪

Sponsored Links