2020年1月1日放送のなるほどザワールドにも出演予定の水晶玉子さん。

年末年始はTVやラジオなど、あちこちのメディアに引っ張りだこですね♪

 

この記事では水晶玉子さんによる、

・2020年のラッキーカラー&ラッキーアイテム

・2020年のラッキースポット

・2020年はどんな年?

・2020年運気アップの秘訣は?

などなど元旦放送のラジオ番組から記事にまとめました。

Sponsored Links

水晶玉子さんが占う2020年のラッキーカラーは?

水晶玉子さんによる2020年のラッキーカラーは、

”グリーン”

実は玉子さんのオリエンタル占星術の書籍にも、ラッキーカラーが使われています。

 

この本を持つだけで幸運になって欲しいという思いから、毎年のラッキーカラーを表紙に選んでいるそう。

2020年バージョンはすでに37万部を突破!

ラッキーカラーの取り入れ方

玉子さんによると、

ラッキーカラーには色々な取り入れ方があって、

・女性なら洋服や持ち物、ネイルなど。

・男性は、ハンカチ、インナーなどに取り入れるのがオススメ。

 

ラッキーカラーだからといって、無理に広い面積で使う必要はなし。

欲張りすぎずに差し色程度で使う。

何よりその色を取り入れることで気持ちが上がることが大切なので。

ラッキーカラーを使わないほうがいいケースもあり

ただ、これはラッキーカラー全般に言えることだけど、ラッキーカラーとはいえ自分には合わないな~って思ったらやめたほうが良い。

持ち物は自分が気に入っていることが一番大事だから。

 

ただし、いくら気に入っているからと言ってボロボロになるまで使うとかはダメ。

さらには、お金よりも領収書のほうが多くてパンパンになっているなんて言うのはもっとダメ。

お財布を新しくする時期はいつが良い?

ちなみにお財布を新しくする時期は、春がオススメ。

春財布といってお財布がお金で張ると言われているから。

 

逆に秋財布はお金が無くなっちゃうから良くない。

ただし、お財布はおろす時期が大事なので、秋に購入しても春に使い始めれば良いんですよ。

ということでした♪

※ラッキーアイテムは、記事後半に記述してます。

2020年はどんな年?

玉子さんによると、

その年がどんな年であるかは、占いの手法によって多少は変わってくるもの。

でも、2020年はどの占いで見ても、大きく変わる節目の年であると言う共通の結果が出ている。

このようなことはめったに無い、かなり珍しい年であるといえる。

 

そういえば、

ゲッターズ飯田さん、島田秀平さんの解説も大きく変化するスタートの年でした。

庚のねずみ年に起きること

2020年は庚(かのえ)のねずみ年。

庚は金星で、金はスパッと切れるようなイメージを持っていることから、物事がスパスパ切り替わっていく事が多くなる。

畢宿の年に起きること

オリエンタル占星術では、

2020年は畢宿(ひっしゅく)という年にあたり、筆は終わりという意味を持つ。

つまり最初から最後まで変わらないであろうと思っていたものが変わることを意味している。

 

簡単に言えば、今まで常識と思っていたことがそうではなくなるということなんでしょうね。

西洋占星術で見る2020年

西洋占星術でも200年に一度の大きな変わり目になる年と言われている。

 

とても長い流れなので、生きているうちに大きな変化を意識できないかもしれないが、人間の意識は確実に変わっていく。

200年前に起きたこと

じゃあ200年前に何が起きたかというと、産業革命。

この200年で物が爆発的に便利になり、豊かになってきた。

 

ここからは、物ではなく形のない情報や人との繋がり、精神みたいなところへ人の意識がシフトしていく。

すでに起きてきている変化としては、カーシェアリングや洋服のレンタルなど、自分で持つことから、共有するという考え方が広まってきていること。

2020年に運気アップするコツとは?

自分のライフスタイルをそれに合わせていくことは、運気の流れに乗るうえでは大切。


でも、昭和生まれの人間がすぐに変わるというのはやはり無理がある。

長いスパンでの変化になるので、2020年になったからといっていきなり何かが変わるということではない。

なので自分に取り入れられる範囲で少し意識するだけで良い。

変化を恐れないのが運気アップの秘訣

”上手く乗り切るコツは、変化を恐れないこと”

 

変化に臆病な人が多いが、考え方を少し変えてみると、

”変われることのほうが素敵なこと”

だと思いませんか?

 

あなたは一生このままですと言われるより、私はこれからどんなふうに変われるんだろうというポジティブな意識でいること。

変わることを能動的にとらえると、とても元気になると思う。

どんなふうにでも変れると思うと素敵な年になる。

 

今私はあまり恵まれていないと思う人にとっては、変わることがすごいチャンスになるので。

変化に対応しないと辛くなる

変化の年に変化しないと辛くなってくる。

ポジティブに変化することで運気もよく変わってくる。


運気の運は運ぶという字。

良い運が運ばれてくるのか悪い運が運ばれてくるのかは全くわからない。

でも運ばれてきたものに対して運と呼ぶので、その運に出会ったことで自分をどう変えていくのかが大事。

自分にとって必要なものは何なのか

物から形のないものに価値が移り変わっていく中で、本当に自分にとって必要なものはどれなのか。

改めて自分の持ち物を見直すことも変化に対応するきっかけになる。

笑顔のある場所に幸運は集まってくる

笑顔のあるところに運はやってくるもの。

職場でも笑顔を忘れずに。


恋愛が終わってしまったとしても、次にやってくる良い運を掴むことができるチャンスを得たと考えると良い。


持っていたものを手放すと必ず新しいものがやってくる。

ずっと握りしめたままだと、欲しい物がやってきた時に掴むことが出来ないから。

 

占いは怖がらせるためのものではなく、占いを使って幸せになるための道具と思って欲しい。

2020年のラッキーアイテムとは?

水晶玉子さんによるラッキーアイテムは、時計とお財布。

どんなデザインの時計やお財布でも良いので、自分の気にいる物を選ぶこと。

 

前述したように大きな変化の年になるが、現実的な部分を押さえていくことも重要。

変わっていくからこそ、リアルな部分をしっかり押さえて行く必要がある。

 

変わっていく時代に、時間やお金は一番リアルの象徴になる。

変化の中でリアルな部分をちゃんと守るという意味で、お財布と時計をラッキーアイテムとしてあげたとのこと。

 

お財布や時計が古ければ、新しく新調。

まだ現役で気に入っているものなら、あたらに購入せずそのまま使い続ければ良いということですね。

2020年のラッキースポットとは?

玉子さんが選ぶラッキースポットは、どこそこの神社というものではないんですね。

 

2019年のラッキースポットは、

神社仏閣・教会など、神様とつながるような格の高い場所を上げていましたが、

 

2020年のラッキースポットは、歴史がある場所。

決して歴史の遺物ではなく、今でもちゃんと機能していることが必須。

例えば古くから続いている老舗のレストランやお店なども良い。

 

また変化の年なので、なるべく遠くや高いところを見るのがおすすめ。

絶景や開けている場所、いるだけで気持ちが良い場所など。

 

以上です♪

こちらもご覧ください↓

【ダウンタウンDX】最強運ランキング2020星座&血液型!水晶玉子さん

2020年のラッキカラーまとめ!島田秀平さんゲッターズ飯田さん水晶玉子さん

Sponsored Links