2020年はすぐそこ!

 

この記事では島田秀平さんによる

・生年月日からわかる2020年の運勢とラッキーカラー

・2020年はどんな年?

・2020年の超ラッキーデー

・2020年のラッキーカラー&ラッキーアイテム

などなど、島田さんの開運情報満載です♪

 

どれも見逃せない情報なので、チェックしてみてくださいね♪

Sponsored Links

生年月日から運勢を占う方法とは?

この占いは、

島田秀平さんがあちこちで紹介しているので、知っている人も多いかもしれません。

すごく簡単で毎年占うことが出来るので、覚えておくと便利ですよ♪

 

例えば、

占いたい年 2020年

自分の誕生日 8月29日 

だとすると、

①2020と8と17を分解して足す。

2+0+2+0+8+2+9+=23→ 2+3=5

足した数が2ケタの場合は1桁になるまで足します。

②足した数と同じ数字の項目を見てみましょう。

1~9までの数字の意味

1.スタートの年

新しいことに挑戦すると種が実を結ぶ年。

2.人

人脈作りに向いている年で、
味方が増えたりモテる時期。

普段消極的な人も積極的に人間関係を構築すると良い年。

3.開運の年

仕事もプライベートも嬉しいことがおきる年。

楽しんじゃって良いですよ~の年♪

4.基礎固め・家

基礎固め、足元を固める年。
引っ越しや家関係の事をすると運気が上がる年。

5.チャレンジ

やりたいことには積極的に挑戦すると良い年。

転職など、転機の年でもあります。

6.奉仕

自己犠牲の年とも言われ、
自分を後回しにして人のために奉仕をすると2年後に返ってくる。

損とは思わず奉仕することで運が良くなる年。

7.勉強

勉強したことが身につきやすい年。

この年に学んだことは10年間で一番身につくと言われているので、

資格を取るなど自分のために自己投資をするのに最適な年。

8.なすがまま

過去7年の頑張りが報われる年。

自分の思いのまま行動、流れに身を任せていくと良い年。

9.別れ、決断

別れやけじめ、決断、集大成、収穫などの年になるので、

新たなスタートに向けて準備をするのに向いている年でもあります。

この占いの使い方

例であげた合計数は5だったので、

2019年はチャレンジの年ですが、2020年は奉仕の年に変わります。

 

この占いは「こんな運勢になりますよ」という占いではなく、

数字と同じ行動を取ると運気が上がる。

そんなふうに解釈すると運の波に上手く乗ることできるそう。

 

あなたの2020年はどんな運勢にあたるでしょうか。

私の2020年は8のなすがまま。

あれこれ心配せずに、思うままに行動できるように頑張ろうと思います♪

生年月日ごとのラッキーカラーをチェック!

生年月日から計算できる運命数(ソウルナンバー)を用いたラッキーカラーをチェックしてみましょう。

例:1988年1月9日生まれの場合

1+9+8+8+1+9=36

3+6=9 ←運命数(ソウルナンバー)

 

1(赤) 2(銀) 3(金) 4(青) 5(緑) 6(桃) 7(紺) 8(橙) 9(紫)

Sponsored Links

島田さんが占う2020年はどんな年?

2020年は、12支が一周して新たなスタートとなるねずみ年!

まさに新しい時代の幕開けとも言える年で、ねずみ年は土に根を張る根の年とも言われています。

 

特に注目すべきなのは、

占星術や四柱推命など、色々な分野の大御所占い師さんが2020年に関しては、みな同じ鑑定結果をだしていること。

 

口を揃えていうキーワードは、

”大変動&大激動のスタートとなる年”

今まで常識とされてきたことが無くなり、価値観が大きく変わっていく。

 

占星術では、

これまでの20年が土、2020年からの20年が風。

動かない土に200年ぶりに風が入り、土を大きく動かすことになる。

 

わかりやすく言うと、

土が物質文明で、風が精神世界を表し、

これまで200年続いてきた物質文明に別れを告げ、人とのつながりや通信など、目に見えないものが重要視される年になるということ。

 

ゲッターズ飯田さんも↓の記事で激変の年になると解説しています。

五星三心占い&星座の2020最強運ベスト3ランキング!

2020年運気アップする行動とは?

2020年に運気アップするためには、

時代の変化の流れにいかに乗っていけるかがカギ!

 

自分はこうなんだ!と曲げない頑固なタイプの人は、この時代の変化の波に乗り遅れてしまうので要注意。

新しい経験は喜んで受け入れる柔軟さを持ち、時代に合わせていくという心持ちが何より大事になってくる。

 

そしてもう一つ大事なことは、

子年には、なにか新しいことを始めること。

12支のスタートである子年は新規ごとを始めるのに、メチャクチャふさわしい年!

島田秀平さんが選ぶ2020年のラッキーデーとは?

新規ごとを始める時は、吉日を選ぶことも大事。

スタートする日を選ぶことで結果がついてきやすくなるのだそう。

 

よく言われている吉日として大安などは有名ですが、日本ではそれ以外にメチャメチャ良いとされる吉日が他にもあるんです。

それが、

・一粒万倍日

・天赦日

 

一粒万倍日は、

一粒のもみが、万倍の稲穂になるという吉日。

この日に新規ごとを始めると、とてつもなく大きな成果が出ますよという日なんです。

なので、宝くじの購入や、お財布を下ろす、仕事を始めるなどにも最適。

そしてこれ以上良いとされるのが天赦日。

天赦日は、天がすべての罪を許す最上の大吉日と言われている日。

極端にいえば、何をしてもよい日ですが、年間5日ほどしかない貴重な吉日。

 

どちらか一方だけでもすごく良い日ですが、これが2つ重なる日はさらにダブルで超ラッキーデー!

2020年は、この2つの吉日が重なるラッキーデーが2日間だけあります。

それが1月22日(水)と6月20日(土)

たぶん区役所は入籍する人でごった返すでしょう、と島田さん。

 

そういえば、

ジャニーズは、1月22日にストーンズとスノーマンの2グループがデビューするそうです。

抜け目がないのはさすがですね♪

2020年金運アップするには?

2020年に金運アップの鍵となるキーワードは、

”誠実”

 

仕事でもプライベートでも期限を守る、約束を守る事が大事。

口だけで「飲みに行こうよ」ではなく、ちゃんと実行に移す。

ようするに、人から「ちゃんとしてるな~」と思われるように行動するが大事!

年賀状をきちんと書く、連絡をとるなど、人との繋がりを大事にすることが金運アップに♪

島田秀平さんが選ぶ2020年のラッキーカラー!

島田秀平さんによる2019年のラッキーカラーは、赤とゴールドでしたが、

2020年のラッキーカラーは ”青赤”

静と動、深さと明るさ、相対する色2色ですね。

 

島田さんによると、

2020年は数秘術では2+0+2+0=4となり、4のカラーは青!

また、今年は12支最初のねずみでスタートとなる年。

何かを始めるのに最適で、勝負運アップのカラーは赤!

 

ということで、青と赤になったそうです。

ラッキーカラーの効果を高めるには?

島田さんによると、

ラッキーカラーは保護色と言って、身につけるものに取り入れることで運気をアップさせる効果があるとのこと。

 

青は仕事運や勉強運を上げる色なので、受験生は青いボールペンを使う。

ビジネスマンは、大事な会議やプレゼンで勝負をかけたいときは赤いネクタイを使うのがおすすめだそう。

 

大統領選ではトランプさんが好んで赤いネクタイを使ってました。

 

青も赤も苦手という人は、

人からは見えない下着にラッキーカラーを使うのもありですね。

直に肌に触れるので効果も高そうな気がします♪

 

使う面積が大きいほど効果は高い?と思ってましたが、これは関係ないとのことでした。

島田秀平さんが選ぶ2020年のラッキーアイテム!

また、2020年のラッキーアイテムとして新たに購入するなら、

”歩きやすいスニーカー&リュック”

この2つがおすすめとのこと。

 

2020年は、”足を運ぶ、行動する”ことに関連するものがラッキーアイテムになるそう。

ラッキーアイテムが、赤や青ならさらにGoodですね♪

2020年は太ると運気ダウンに!

島田さんによると、

2020年は太ることで運気をダウンさせてしまうとのこと。

体重増加にともなって運気ダウンを加速させてしまうので、体重管理が必須!

 

新規ごとを始めるのに最適なラッキーデーの1月22日・6月20日からスポーツジムやウォーキングなどを始めるのもおすすめとのこと。

 

そのさいは、2020年のラッキーカラーである赤または青のスニーカーを1月22日もしくは6月20日に下ろすと良いスタートが切れるそうですよ。

 

こちらの記事もご覧くださいね↓

島田秀平さんが選ぶ2020年のパワースポット神社とは?

島田秀平さん2020年にあると最強&最悪の手相とは?

2020年のラッキカラーまとめ!島田秀平さんゲッターズ飯田さん水晶玉子さん

ラッキーカラー生年月日で選ぶ金運アップのお財布開運法とは?

Sponsored Links