新紙幣のデザインが発表され話題になってますね。

5年も先の話とはいえ、お金の話題で盛り上がるのは楽しいです♪

 

アッコにおまかせ!に風水師・ユミリーさんが出演。

誰でもできる金運&宝くじ運をアップするという風水術が紹介されました。

 

記事にまとめたのでチェックしてみてくださいね♪

Sponsored Links

金運のカリスマ・ユミリー先生による令和元年とは?

政財界を中心に支持を集める金運のカリスマ風水師ユミリー先生。

これまで出した著書はなんと140冊以上。

 

ユミリー先生によると、

令和元年は風水的に八白土星の年で「蓄財・財運の年」

2019年は12年に1度のサイクルのお金の年。

 

お金を貯めるなら今年❢

1.西の方角で金運アップ!

令和元年は、西に金運アップの動きあり。

家の中の西の方角に、

”澄んだ透明な水を入れたコップや花瓶を置く”のが金運アップのコツ。

 

水は循環を表すため、水が入った花瓶などを家の西側に置くと「お金の巡り」が良くなるのだそう。

2.玄関をキレイにして金運アップ

金運アップに特に重要なのは玄関、玄関はお金の入り口。

色々なところを歩いてきた靴を脱ぎっぱなしにして置いておくと邪気で一杯になってしまうので要注意。

靴は脱ぎっぱなしにせず、こまめに掃除することが金運アップには大事❢

Sponsored Links

3.玄関ドアに円形のリース

お金が回るという意味で、玄関リースのような円形状のインテリアを飾るのが財運のキーワード。

 

実際にユミリー先生の自宅も玄関ドアに赤いリースを飾っています♪

 

3億円の自宅を公表したら翌日税務署が来た

アッコにおまかせ!で自宅の値段を聞いた所、”テレビで以前値段を言ったら、翌日すぐに税務署が来ちゃったの♪

値段は3億円です♪”

と笑顔で応えてました。

すごい!

金運を下げるNGな事とは?

人相学では「口=お財布」

なので口のあいたバッグを使っていると、お金が出ていってしまうのでNG。

トートバッグの場合は、お財布をポーチなどに入れておけばお金が出ていきにくいそう。

宝くじ運アップの風水術

東京タワーやスカイツリーなど、先端が30度以下の尖った建物を見ると、人は前向きになり、運気を呼び込むことが出来るそう。

特に南は勝負運の方角。

宝くじや賭け事の運気アップには、東京タワーなど尖った建物が南に見える宝くじ売り場がおすすめだそうです♪

宝くじ運を下げるNG行為とは?

買った宝くじをお財布に入れっぱなしにするのはNG。

宝くじは白い紙に包んで、木製の引き出しで保管するのがおすすめだそうです。

 

風水というと李家幽竹さんが思い浮かびますが、ユミリーさんの風水術も新鮮でした♪

Sponsored Links