昔は雷が鳴ると

「裸でいるとおへそを雷様にとられるよ」

とおどかされ、子供たちは慌てておへそを隠しました。

 

私も子供の頃に、

祖母や父からそんな風に言われたな~。

 

今日は、雷におへそを取られる由来や、

雷が鳴ると蚊帳に入るミステリーについて、記事にまとめました♪

 

雷とおへその絵本についても調べてみたので、

気になる方はチェックしてみてくださいね♪

Sponsored Links

 

”雷様におへそを取られる”の由来に恐怖❢

最近ではすっかり聞かなくなりましたが、

「雷さまにおへそを取られる」の由来とは、

一体何なのでしょうか。

 

調べてみると、

雷は神鳴りという意味を持つと言われ、

京都の上賀茂神社には水神、農耕神の雷神様が祀られています。

 

水神系の妖怪たちは(河童も)人間の霊魂が好みなので、

雷様はおへそを通じて人間の霊魂をとろうとしていたという伝説がありました。

 

今聞いても怖くも何ともありませんが、

子供の頃は雷におへそを取られると言う言葉にかなり恐怖を感じたので、

こんな由来を聞いたらもっと怖かったろうな~。

雷がおへそを取る由来の背景とは?

雷がおへそを取るという迷信が生まれた背景には、

江戸時代からのこんな言い伝えもあります。

 

”雷が起きた時はうつ伏せになっていると死なない”

こんな言い伝えがあったことから、

 

説1:雷から身を護るためにうつ伏せで身をかがめる姿勢がおへそを隠すように見える。

説2:雷が発生すると雨が降り気温が下がるので、

仰向けになって裸でおへそを出して寝ているとお腹を壊したりする。

そうならないように戒めたのだろうと言う説もあります。

雷さまの小話

「聞き上手」という古い小話集の中に、

雷という小話があります。

 

雷がドカーンと落ちたので、

障子を開けてみたら雷さまが手水鉢で手を洗っていた。

雷さまに何をしているのかと聞いてみると、

”へそを掴み残った。

あぁ~~汚い。”

そう言って手を洗っていた。

どうも雷さまはへそを掴み残ったときに手を洗わなければならないほど汚いところを触ってしまったらしい。

それほど汚いところとは一体どこなのか。

 

そんな小話ですが、

汚い場所がどこなのか気になります。。。

楳図かずおの漫画で救急車に

ちなみに(雷とは関係ありませんが)、

昔子供の頃に楳図かずおさんの恐怖漫画を読んでパニックを起こし、救急車のお世話になった経験があります。

 

息が吸えなくなるという、

今でいう過呼吸のようなものだと思いますが、

当時は自律神経失調症という診断名をもらいましたっけ。

 

家族からは散々バカにされましたが、

本当に死ぬほど怖かった❢

 

どんな漫画だったかというと、

女の子がゴキブリ入りのご飯を無理やり口をこじ開けられて食べさせられるという「オエェ~~❢」な内容。

 

紅白のストライプのTシャツの楳図かずおさんを想像すると、本当にこの人が書いたの?って感じですが。

 

姉妹の間では、

今でも語り継がれる笑い話です。

 

こちらも楳図かずおさんの漫画ですが、

レビューを見ると、

とても読む勇気はありません。

 

楳図かずおさんが描く女の子はすごく可愛いのに、

恐怖を感じた途端に目の下や口元の老婆のようなシワが出るのがやたらと怖いです。

 

ごめんなさい、

雷からは脱線しました。

雷と夏に欠かせない蚊帳の意味とは?

昔は雷が鳴ると家の中に蚊よけの蚊帳(かや)を吊り、その中に入っていました。

こんな感じ↓

昔は麻で作られていたそうですが、

江戸時代にはすでに庶民の間で使われるようになっていたそうです。

 

現在50代後半の私も、

子供の頃は夏になると父が虫除けや雷除けに蚊帳をつっていました。

 

現在も蚊帳は販売されていて、

麻の高級素材から化学繊維の安価なものまでいろいろあるようですね。

Amazon「蚊帳」検索結果はこちら

楽天市場「蚊帳」検索結果はこちら

 

夏になり、天井から蚊帳を吊るシーズンになると、

いつもと違うスペシャルな空間にはしゃぎまくりました。

 

蚊が中に入らないように上手く蚊帳の中に滑り込み、

蚊取り線香をつけたりして、過ごしました。

蚊取り線香の画像

ゲームも何もない時代、

蚊帳と言う囲いがあるだけでも、

すごく楽しかったです。

 

蚊が一匹いるだけで、耳元で延々と終わることなく「ぷぅ~~~~ん」が続くイライラ。。。

蚊帳は大事な夏の必需品だったのです。

雷とおへその絵本が気になる

昔から伝えられる言い伝えなので、

絵本も多いかな~?と思ったのですが、

 

雷とおへそがテーマの絵本って中々ないもんですね。

雷の子供が出てくる絵本は結構あるのに、

なぜ?

 

楽天とAmazonを探しまわったら、

やっとみつけました。

雷が鳴ったら蚊帳の中へは、理にかなっていた!

雷が鳴って蚊帳の中に逃げ込んだところで、

雷が落ちたら何の効果もないじゃん!

 

なんて思った方も多いと思いますが、

蚊帳には雷よけとしても意味がありました。

 

雷が落ちる時は家の壁伝いに流れるそうです。

蚊帳は部屋の中央に下げられるため、

蚊帳の中に入れば壁から離れることができて安全。

 

壁から離れるために蚊帳の中に逃げ込むというのは、

理にかなっているんですね。

雷が鳴った時、一番安全な場所は?

雷が鳴っている時に一番安全な場所は、避雷針(雷を誘導する装置)がついた建物の中です。

また、車の中もドアをきちんと閉めていれば安全ということです。

雷が鳴っているときに一番危ない場所は?

安全な場所とは逆に一番危ない場所は、周囲が開けているゴルフ場のような場所です。

そんな場所にポツンと立っている事は、

雷を呼び寄せる行為そのもの。

 

そこでゴルフクラブを振り上げようものなら、自殺行為❢

現在では、

ゴルフ場の落雷の危険性は広く浸透している事もあり、

実際はゴルフよりも釣りでの落雷事故のほうが多いそうです。

屋外のイベントやスポーツは、十分注意しましょうね。

雷に遭遇したら?

・身を低くする。

・木の下に入らない。

・建物の中に非難する。

・部屋の中央のほうが安全。

これは基本ですが、

 

落雷よけのための本当の姿勢というのがあるんです。

こちらの記事に詳しく図で解説しているので、

一度チェックしてみてくださいね。

一軒家に雷が落ちたらどうなる?自宅で感電した女性のアップデート大学

自宅で雷に感電することも!

上で紹介した記事にもあるように、

自宅にいて感電する可能性も十分にあるんです。

 

避雷針があれば安全なのでは?

なんて思いがちですが、

雷サージは避雷針からも大気や地面からも入ることがあるんですって。

 

パソコンや家電製品のプラグには、

雷サージ対策を忘れずに❢

楽天市場「雷サージ」検索結果はこちら

Amazon「雷サージ」検索結果はこちら

 

雷が鳴ったら使うおまじない言葉の記事はこちら↓

「くわばらくわばら」のおまじない言葉、使い方は?