6月と言えば夏至ですが、

夏至の時期に何故か体調が良くない。

そんな人はいませんか?

 

1年の折り返し地点である夏至と冬至は、運の切り替えポイントとも言われてます。

 

今日は、夏至のスピリチュアル的な意味について記事をまとめました。

チェックしてみて下さいね。

Sponsored Links

夏至と冬至は太陽の切り替えポイント

1年に2回ある太陽の切り替えポイント、

それが夏至と冬至になります。

 

冬至は、

1年中で昼の長さが最も短くなり、太陽の力が最も弱まると同時に、この日を境に少しずつ勢いを増していく時期でもあります。

冬が終わり春が来るという意味の「一陽来復」と言葉があって、幸運の時期と言われているんですね。

 

反対に夏至は1年中で昼の長さが最も長くなり、太陽の力が最高潮に達すると同時にこの日を境に少しずつ減っていく時期。

 

これから本格的な暑さがやってくると思うと、太陽の力がさらに強くなるような気がしますが、夏至を境に少しずつパワーが減っていくというのは何だか不思議な気がしますね。

夏至が近づくと眠くなる不思議

毎年6月に入った頃から体調不良を感じる人はいませんか?

 

私がそうなんですけど、

眠くてだるくて仕方がなくて、

全く集中力が出なくなるんですよね。

 

仕事をしようと思っても、

パソコンに向かうと、

猛烈に眠くて座っているのも辛いような、

思考停止状態というか、

面倒くさい気持ちがいつもより強烈になった感じ。

 

夏至の時期にこうした不調を感じるのは、太陽フレアのエネルギーによるものだとあちこちで書かれています。

 

この辺りはまったく知識がないのでわかりませんが、影響を受けているのは間違いないような気がします。

気象病や夏バテの可能性も

ただ、梅雨の時期でもあるので、湿度で身体がぐったりするのは当たり前。

 

気象病の可能性も捨てきれません。

気象病とは、

雨が降る前や台風が近づいた時に、頭痛が起きたり、だるくなるなどの症状が出るものです。

 

今年のように寒暖差の激しい日が続いたり、エアコンで冷えた室内と高温の屋外との気温差でも、気象病の症状が起きるそうです。

 

ここ数年体調日記をつけてますが、

毎年6月はだるいというキーワードが目立っているので、気象病なのか、太陽フレアの影響なのか。。。

 

ちなみに体重もつけてますが、

何故か6月は増える傾向にあります。

 

これは湿気で身体がむくんでいるのか、新陳代謝が落ちて水分を排出できなくなっているのでしょうか。。。

Sponsored Links

夏至は大人しく冬至は積極的に

夏至を境に本格的な猛暑がやってきます。

 

二十四節気関連の本に、

夏至から冬至の季節の過ごし方のアドバイスが書かれていました。

 

夏至の時期に体調不良を起こしがちな人は、太陽のパワーが減っていくのに合わせて無茶をせず、ゆっくりコンディションを整えながら生活をする。

 

そして冬至を迎えたら、増えていく太陽のパワーに合わせて、積極的に行動すると良いと書かれていました。

 

何だか、寒い冬に積極的に行動して夏の盛りに大人しくするって変な気がしますが、

 

太陽や月のエネルギーに合わせて生活リズムを整えると、運の波に乗りやすくなるそうですよ。

 

月の満ち欠けでも同じことが言われていますよね。

月が満ちる時にダイエットを始めても上手く行かないけど、欠ける時に始めると上手く行くとか。

 

運の波に乗れるのかどうかはわかりませんが、夏至を迎えたら、体調に気をつけて無理はしないようにしたいと思います。

 

特に夜ふかしや、冷たい飲み物・食べ物のとり過ぎに気をつけようと思います。

 

体重は増えるし、水はけは悪くなるしで、顔がいつもより大きめになりますから(^_^;)

夏至は感情面にも影響あり

そして、

夏至の時期は感情の面でも、大きく揺さぶられたり不安定になるなどの影響を受けやすいそうです。

 

いつもなら何でもないことが、辛くなったりとか。

 

こういった事がわかっていると、

心身の不調や変化に気がついた時に、

”今はそういった時期なんだな”

って、思い詰めずにやり過ごせそうですね。

夏至の日の太陽エネルギーを受ける

夏至の日の一番高いエネルギーを浴びない手はありません。

 

夏至でなくても、

朝の光は心にも細胞にも霊性にも良い効果をもたらすと言われてますし、

 

良い運を引き寄せる人を見ていると、早起きの人が多かったりしますよね。

 

運気を新しく切り替えたい時や、

元気が足りないと感じた時、

新しく何かを始めたい時など、

朝8時~10時の太陽の光を積極的に浴びると良いそうですよ。

 

夏至の日の太陽のパワーは、

1年の中で最も強い時、

暑い夏を乗り切るためにも、

朝の太陽を浴びてパワーチャージしましょう。

スピリチュアルな夏至の過ごし方と時間

占星術では、春分の日が1年の始まりとなり、

3ヶ月後が夏至、

半年後が秋分の日、

9か月後が冬至となります。

 

春分の日、夏至、秋分の日、冬至

この4つのポイントで、

神社参拝をして願い事や目標を立てると目標の達成が早くなると言われています。

 

願い事というと、

1ヶ月おきの新月の願い事がありますが、

この4つの切り替えの日も、

願い事が天に届きやすい日。

 

2019年の夏至の日時は、

6月22日午前00:54

 

ボイドタイムは、

21日午後11:02~22日午後11:02

 

出来たらその時間を避けて、

神社参拝をするとスッキリ気分でお願い事ができそうですね。

2019年の6月の気象情報❢

世界中で異常気象が当たり前のようになり、今年の夏はどんな暑さがくるのか気になるところ。

 

気象庁の長期予報によると6月は、

北日本では、期間の前半は、天気は数日の周期で変わるでしょう。期間の後半は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。東・西日本では、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。沖縄・奄美では、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。

6月後半の気温は、

北日本から西日本まで平年より高めとなってました。

 

早めにエアコンの掃除を頼んで万全な体制で夏を迎えたいとおもいます。

 

快適な睡眠時間を取りたくて、

ヒンヤリマットを探していたら、

すごいレビュー件数の商品を見つけました。

10703件のレビュー★★★★

塩で冷やすソルティクーラーという商品ですが、

ペットサイズからLサイズまで4種類あります。

 

レビュー見てると、

ペットには不評のようですが、

人間には中々良さそうですよ。

 

体調日記&体重日記を数年つけてますが、季節による自分の変化がわかるので、おすすめです♪

こちらもご覧ください↓

2019冬至~2020春分の日スピリチュアルな過ごし方とは?

Sponsored Links