昔は雷が鳴ると
「裸でいるとおへそを雷様にとられるよ」

とおどかされ、子供たちは慌てておへそを隠しました。

私も薄っすらそんな記憶があるような。。。

雷とおへその関係とは一体何なのか、
記事にまとめました♪

Sponsored Links

「雷様におへそをとられるよ」は何とも怖い話だった!

雷は神鳴りという意味を持つと言われ、

京都の上賀茂神社には水神、農耕神の雷神様が祀られているそうです。

水神系の妖怪たちは(河童も)人間の霊魂が好みなので、

雷様はおへそを通じて人間の霊魂をとろうとしていたという伝説です。

小さい子が聞いたら思わずおへそを隠したくなる「ひゃぁ~~」なお話ですね。
(そうでもないかな?)

他には、
・雷が鳴る時は気温が急激に下がり、お腹を出していると冷えてお腹をこわすから。
・雷に打たれないように身をかがめる仕草とおへそを隠す姿が似ているから安全な姿勢をとらせるため。

と言う2説がありました。

そのほうが安心して受け入れられますね♪

雷と夏に欠かせない蚊帳の意味とは?

囲いのあるベッドの画像

昔は雷が鳴ると蚊よけの蚊帳(かや)を吊り、その中に入っていました。

蚊帳というと、
時代劇などでお殿様の寝床シーンに登場する透け透けの囲いをイメージする人もいたりするのではないでしょうか。

家族でテレビを見ている時などは、
さぞかし気まずい空気に包まれた事と思います。

 

実際の家庭で使われていた蚊帳は蚊よけのためのメッシュで出来た四角い囲いです。

夏になり、天井から蚊帳を吊るシーズンになると子供たちは大喜びで、

いつもと違うスペシャルな空間にはしゃぎまくりました。

蚊が中に入らないように上手く蚊帳の中に滑り込み、
蚊取り線香をつけたりして、過ごしました。

蚊取り線香の画像

ゲームも何もない時代、
蚊帳と言う囲いがあるだけでも、

さぞかし楽しかったろうと想像できますよね♪

というか、
楽しかったです。

非日常な空間にワクワクしてかやの中で泳ぐ真似をしたりしてましたっけ。

蚊が一匹いるだけで、耳元で延々と終わることなく「ぷぅ~~~~ん」が続くイライラ。。。

蚊帳は大事な夏の必需品だったのです。

Sponsored Links

雷が鳴ったら蚊帳の中へは、理にかなっていた!

雷が鳴って蚊帳の中に逃げ込んだところで、

雷が落ちたら何の効果もないじゃん!

なんて思った方も多いと思いますが、
雷が落ちる時は家の壁伝いに流れるそうです。

蚊帳は部屋の中央、

つまり壁から離れた場所にある事が多いので、

壁から離れるために蚊帳の中に逃げ込むというのは、理にかなっているんですね。

雷が鳴った時、一番安全な場所は?

雷が鳴っている時に一番安全な場所は、避雷針(雷を誘導する装置)がついた建物の中です。
また、車の中もドアをきちんと閉めていれば安全ということです。

雷が鳴っているときに一番危ない場所は?

安全な場所とは逆に一番危ない場所は、周囲が開けているゴルフ場のような場所です。

そんな場所にポツンと立っている事は、
雷を呼び寄せる行為そのもの。

そこでゴルフクラブを振り上げようものなら、自殺行為になるそうです。

また、ゴルフ場の落雷の危険性は広く浸透している事もあり、

実際はゴルフよりも釣りでの落雷事故のほうが多いそうです。

屋外のイベントやスポーツは、十分注意しましょうね!

雷に遭遇したら?

・身を低くする。
・木の下に入らない。
・建物の中に非難する。
・部屋の中央のほうが安全。

これだけは覚えておきましょう。

自宅で雷に感電することも!

避雷針があれば安全なのでは?
なんて思いますが、

雷サージは避雷針からも大気や地面からも入ることがあるんですって!

自宅で雷に打たれた女性のお話は興味深いですよ。↓

一軒家に雷が落ちたらどうなる?自宅で感電した女性のアップデート大学

雷が鳴ったら使うおまじない言葉の記事もご覧くださいね↓

「くわばら、くわばら」のおまじない言葉、使い方は?

Sponsored Links