今日のよじごじでは、
今注目を浴びているスーパー大麦の効果と効果的な食べ方が紹介されました。

スーパー大麦が体に良いと分かっていても、
食べ方がわからない人は意外に多いそうです。

記事にまとめたので、
気になる方はチェックしてみてくださいね。

スイーツレシピもありますよ♪

Sponsored Links

スーパー大麦の健康効果とは?

腸内環境のスペシャリスト、帝京平成大学の松井輝明教授が、
解説しました。

スーパー大麦の健康効果は、
・便秘解消
・大腸がん予防
・免疫力アップ
に分けられます。

普通の大麦とスーパー大麦の違いとは?

松井教授によると、
オーストラリアの研究機関が開発したもので、
食物繊維は、
・従来の大麦の約10倍
・白米の約40倍
も多く含まれているのだとか。
従来の大麦の10倍も食物繊維が含まれていて、
他のあらゆる食品と比べても群を抜いていました。

効果1:便秘解消

どのくらい食べればよいかというと、
1日12ℊ、2週間で効果が出るという事です。

便秘気味の人がスーパー大麦を4週間摂ったところ、
善玉菌の数が3倍に増えました。

ただ、食べるのをやめてしまうと、元に戻ってしまうので、
続けることが大事だという事です。

**多く食べれば効果が高いという事は無く、
1日12ℊでも36ℊでも効果は変わらないそうです。

食べ方のポイント&メリット

①朝食べると効果が1日持続!
朝食べる事で朝食後と昼食後両方の血糖値の上昇を抑える効果があるので、糖尿病予防になる。

②冷凍しても加熱しても効果が変わらない
冷凍しても茹でても天ぷらにしても効果が変わらないので、取扱が簡単。

効果2:大腸がん予防

通常腸内細菌のエサとなる澱粉は、ほとんど小腸で吸収され、
大腸の奥まで届く事は無い。
→腸の奥に悪玉菌が増殖して大腸がんの原因となる事がわかってきた。

スーパー大麦の栄養成分レジスタントスターチ:
レジスタントスターチは溶けにくく、腸の奥まで届きやすいため第3の食物繊維と言われていて、
大腸がん予防の効果が期待できる。

効果3:免疫力アップ

スーパー大麦自体が腸管の免疫力を高めるので、身体全体が元気になる。

善玉菌は代謝物として短鎖脂肪酸を作るが、
短鎖脂肪酸が大腸の粘膜から吸収され、エネルギー源となり免疫力をアップする。

短鎖脂肪酸の効果は他にもあった

・肥満をストップさせる。
脂肪の吸収を抑える働きがあり肥満抑制につながる。
・アレルギーの改善
免疫細胞の7割は大腸にあるので、それを活性化させる。
また、免疫細胞の乱れを調整するT細胞を増やす働きがあるため、
免疫機能が暴走するのをコントロールする。
・糖尿病の予防
短鎖脂肪酸がインクレチンというインシュリンの元となる酵素を活発に動かすため、
インシュリンがどんどん出て糖尿病を改善すると言われているそうです。

キャベツで効果倍増

また、スーパー大麦にキャベツを合わせる事で、
キャベツのイソチアネードという栄養成分との相乗効果で免疫力アップがさらに高まる。

*イソチアネードとは、免疫細胞の数を増やす高酸化成分。

スーパー大麦の効果を引き出すレシピ

管理栄養士で「ル・リール」オーナーシェフの
堀知佐子さんによるレシピです。

基本の茹で方:

①大麦を鍋で茹でて沸騰してアクが出て来たら茹でこぼす。
**茹でこぼしとはお湯を変える事。
この作業により、大麦の良い香りだけ残り、臭みが取れるそう。

②再び麦が柔らかくなるまで15分程度茹でる。

③茹で上がったら水気を切り、密閉容器に入れて保存。
蓋つき密閉容器とジップロックの両方が映っていたので、どちらでもOKと思われます。

たったこれだけで茹でスーパー大麦の完成!
茹でると12ℊが倍の24ℊに増えます。

Sponsored Links

茹でスーパー大麦の保存方法:

茹でスーパー大麦の保存は冷凍で。
2~3週間は保存可能だという事です。

冷凍してもお米のようにダマにならずに使い勝手が良いという事です。

松井教授によると、
今まで食べていた食事に少しだけスーパー大麦を加えることで
便秘が治ったり、腸内環境が整うということです。

スーパー大麦とわかめの味噌スープリゾット

スーパー大麦の食物繊維+わかめの食物繊維でWの効果が得られるそう!

材料(2人分):
茹でスーパー大麦 48ℊ
乾燥わかめ 6ℊ
味噌 おおさじ1強
青ネギ 1/10本
昆布出汁 1+1/2カップ

作り方:
①昆布だしを鍋に入れ、乾燥わかめを戻さず投入して火にかける。
②わかめが戻って来たら、茹でスーパー大麦を入れる。
③沸騰したら火を止め、味噌を溶く。
④器に盛ってねぎを散らしたら完成!

スーパー大麦とアボカドのタルタル

アボカドには、ビタミンE・ルチン・カロテノイドなどの抗酸化成分が豊富、
スーパー大麦と合わせると相乗効果で大腸がん予防の効果を期待できるということです。

材料(2人分):
茹でスーパー大麦 48ℊ
アボカド 1/2個
マグロ 30ℊ
トマト 1/10個
ドライいちじく 1/4個
玉ねぎみじん切り 小さじ2
わさび 小さじ1/2
しょうゆ 小さじ2
ベビーリーフ 少々

作り方:
①マグロ・トマト・ドライいちじくを7㎜角に切る。
ドライフルーツにも抗酸化作用有り。
②アボカドの種を取って身に包丁で切り目を入れたら、
手でつぶしながら身を取り出す。


③ボールにすべての具剤を混ぜたら、しょうゆ・わさびを入れてアボカドをつぶすように混ぜる。
④ベビーリーフを敷いた皿に盛り付けて完成!

アボカドの柔らかい触感の中に、スーパー大麦の粒粒した触感が入ると、楽しい触感になるそうです。

 

スーパー大麦のロールキャベツ

材料(2人分):
茹でスーパー大麦 48ℊ
キャベツの葉 大4枚
豚ひき肉 150ℊ
ショウガ 小さじ2
玉ねぎみじん切り 大さじ3
塩麹 大さじ1強
トマトジュース 1カップ
昆布 3㎝角
水1/2カップ
パセリ 少々

作り方:
①ボウルに豚ひき肉と茹でスーパー大麦・ショウガ・玉ねぎみじん切りを入れ、
粘り気が出るまで混ぜる。
②キャベツは茹でずにそのまま使うため、柔らかい葉っぱの部分に①の種を乗せる。


③種を葉の方から巻いていく。


*葉っぱが小さい場合は、何枚にも重ねて巻いてもOK!
④キャベツの芯の方を下にして、鍋に敷き詰めていく。


⑤その上に昆布を乗せ、トマトジュースと水を加える。
⑥さらに塩麹を加えたら蓋をして加熱、上記が出てから6~7分加熱する。
⑦そのあと、キャベツが半分見えるくらいまで煮詰めたら完成!

松井教授によると、
食中毒の季節に食べると免疫力が高まり、
そういうものが抑えられる効果が期待できるという事です。

スーパー大麦チョコレート

材料(2人分):
茹でスーパー大麦 48ℊ
板チョコレート 1枚

作り方:
①板チョコレートを荒く砕いたものをボウルに入れる。


②ラップをしてレンジで2分加熱してチョコレートを溶かす。
③加熱したチョコレートに茹でスーパー大麦を混ぜ、一口大にして冷蔵庫で冷やすしたら完成!

手軽で栄養満点なおやつです。
小腹が空いた時に満足感が得られそうなおやつですね♪

スーパー大麦が気軽に食べられる市販品

自分で作るのが面倒だったり、時間がない人には、
市販品が便利かも♪

とりあえずスーパー大麦チョコレート試してみたいなって思ってます♪