今年も5月1日から始まったクールビズですが、
「室温28℃と設定温度28℃」が何故か話題になっています。

5月に入り、既に北海道で30度を超える日が出るなど、
今年の夏はかなり暑くなる予感がします。

今日は、話題のクールビズ28℃について、
室温28℃の根拠について、
快適な設定温度の男女差や、公共施設の設定温度などなど、
12日のグッディで取り上げられた内容を記事にまとめました。

Sponsored Links

28℃についての誤解が生まれたわけとは?

議論を呼んでいるニュースですが、
5月11日の産経ニュースによると、

「クールビズ」期間の冷房使用時の室温設定について、導入時の担当者だった盛山正仁法務副大臣が11日の副大臣会議で「科学的知見をもって28度に決めたのではなく、何となく目安でスタートし、独り歩きした」と明らかにした。

また、会議では、出席者から「28度は不快な温度だ」との意見が出て、関芳弘環境副大臣が「検討を加えたい」と応じ、科学的な知見を加えて検討する考えを示した。

環境省は、冷房時の設定温度28度という基準は、労働安全衛生法などに定められたものを準用していると説明。同省の担当者は「エアコンの設定温度ではなく、室温を28度にしてほしいというのがお願いだが、うまく伝わっていないのは事実だ」としている。

SNS上では、この発言に対し、
「不快かどうかよりも28℃に根拠がなかったって事が驚き!」
「いつも25℃以下だけど、今年から罪悪感を感じなくてもいいのかな」

などの意見があがっています。

設定温度28℃と室温28℃の違いとは?

クールビズは、小池百合子環境大臣(当時)が発案、
2005年にスタートしましたが、

環境省のHPでは、2005年からこれまで
「環境省は冷房時の室温を28℃で快適に過ごせる珪藻や取組を促すライフスタイル、
クールビズを推進しています。」と書かれていました。

この室温28℃について、
12日の定例会見で小池百合子都知事がクールビズのコンセプトについて説明をしました。

「エアコンの設定温度と室温は違うという事です。
人間が多いところ、コピー機などの発熱体が多いところは、その分室温が上がるわけで、
その時は設定温度が258℃では足りなくなるので、
室温を28℃にしていただけないかという提案であります。」

確かに設定温度を28℃にすれば、室温もその温度になるという理論ですが、
その温度になるには、部屋の中にいる人数や、外気の温度との差で設定温度になるまでの時間が異なるので、

長い時間設定温度にならない場合もあるし、すぐに設定温度になる場合など、
その状況に応じて設定温度を低くするなど対応して下さいということでした。

つまり室温を28℃にするために26とか25とかに設定するのもありだということですね。
すっごく良くわかりました。

室温28℃の根拠はどこから?

室内温度28度の根拠は1940年代の法律、
・建築物衛生法
・労働安全衛生法
に書かれていました。

我が国では,事務所衛生基準規則(事務所則)においてオフィスの環境基準が定められています。
温湿度に関しては「空気調和設備を設けている場合は,室の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない」とされています1)。

つまり、17℃~28℃の28℃を根拠としていたことがわかりました。

ただ現在はオフィスでも一人1台PCが与えられている時代に、
この温度では、当然ふさわしくないのが現状ということで、

今さらながら、28℃についてようやく検討を加えるという運びになったわけです。
後は、労働安全衛生法にも書かれているように、湿度との関係もあったりしますしね。

私は28℃で全然快適なんですけどね。

Sponsored Links

熱中症発症率と暑さ指数

熱中症の発症する割合は、暑さ指数が28℃を超えたあたりから急激に多くなるそうです。
(暑さ指数とは、熱中症予防のために提案された指数)

つまり室温28℃は、熱中症が急増するギリギリのラインの温度なわけで、
危険と隣り合わせの室温だとも言えるのではないかとグッディでも意見が上がってました。

高齢者などはとくに要注意です。

設定温度1度上げると電気代はどう変わる?

設定温度を1℃上げると、
消費電力は約10%削減され、

一般家庭のエアコン1台の場合、
一か月の電気代約300円が節約となるそうです。

300円は結構大きい気がしますが、
それで不快な思いをしながらすごすよりは、快適さを取ったほうが良い気もします。

施設の設定温度はどうなっているの?

・成田空港→25℃
・JR東日本車両→平均24.5℃
・三越日本橋→28℃

三越の28℃は意外でしたが、
これら公共施設の設定温度は、利用者が多い時、少ない時など、
状況により変えているそうです。

この他にも調べてみると、
地下鉄大江戸線については、他の地下鉄よりもずっと低い温度設定になっているという情報がありました。

設定温度が23℃に設定されているそうですが、
何故かあまり冷えていないという意見が多く、

理由は、大江戸線が他の地下鉄に比べ、コストを抑えるためトンネルが小さく作られていて、
そのため車両自体も小さく、容量の大きなエアコンを設置できなかったのだとか。

初めて大江戸線に乗った時は、やけに小さい電車だな~ってビックリしましたが、
トンネル自体が小さかったんですね。

いつも大江戸線を利用しながら全く知りませんでしたが、この話は結構有名な話のようですね。

性別で異なる最適に感じる温度

男性:24~26℃
女性:26~28℃

成城松村クリニックの松村圭子院長によると、
女性は、男性に比べて筋肉が少なく、脂肪が多いため体が冷えやすいということです。

安藤優子さんが、
「脂肪が付いてるお腹って触るとすごく冷たいですもんね」と言ってましたが、
確かにお腹やお尻って、いつ触っても冷えてます。

脂肪がついてる場所だから冷たかったんだ。
分かって良かったです。

胸はどうなのかな?
私の場合はかなり脂肪が少ない胸なので冷えてない気がしますが(^^;

でも、本当に人によって冷暖房の快適温度って違いますよね。
極端に暑がりの男性などは、エアコン設定温度を18℃くらいするひともいるし、
28℃でも寒いと感じる女性もいるしで、

そんな2人が夫婦だった日には目も当てられませんね。

体に負担がかからない設定温度とは

最も体に負担がかからない設定温度は、25℃。

池袋大谷クリニックの大谷義夫院長によると、
「あくまで25℃は目安だが、外気温との差は必ず7℃以内に!
それを超えると寒暖差アレルギーを引き起こす可能性もある。」ということです。

寒暖差アレルギー(血管連動性鼻炎)の症状について調べてみると、
花粉症のようにくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどが起きるとあります。

そう言われると、私の場合、冬に暖かい部屋から外へ出たときや
夏に冷房で冷えすぎた時とか、鼻詰まり起こしたり、くしゃみ鼻水が出たりします。

寒暖差アレルギーだったんですね。

Sponsored Links