山火事が各地で相次いでいますが、
イノシシの出没も各地で相次いでいます。

高級ホテルのロビーにもイノシシが入り込み、取り押さえた人が噛まれたりしたそうですが、
昨日5月9日のNスタでイノシシが出没する理由について取り上げていたので記事にまとめました。

イノシシって泳ぐんですね。
初めて知りました。

Sponsored Links

高級ホテルのロビーにイノシシ出没

イノシシが出たというホテルは、
ミシュランガイドの4つ星のウェスティン都ホテル京都、

ゴールデンウィーク最終日の混雑するホテルロビーに、
体長およそ110㎝のイノシシが迷い込みました。

従業員が5人と地元の猟友会の人が取り押さえましたが、
うち一人68歳の従業員の男性が太ももを噛まれ軽傷、

イノシシを目撃した人は、
「キーという鳴き声が聞こえ、
まさかホテルの中で猛獣に出くわすとは思わず、怖かった」と話しました。

ホテルのコメントは?

ホテルのコメントして、NHK NEWS WEBによると、

ウェスティン都ホテル京都客室部の浜本康夫課長は「一時騒然としましたが、宿泊客にけがはありませんでした。ホテルの敷地内にイノシシが出たことは過去にもありますが、建物の中に入ってきたのは初めてで、とても驚きました」と話していました。

また、防犯カメラを確認したところ、
「三条通を東の方から来て、地下1階の扉から侵入していると思う」とのことでした。

 

ホテルのそばには大文字山がそびえたち、


これまでも周辺でイノシシは目撃されていたそうですが、
ホテルにまで入り込んだのは初めてでした。

イノシシが人里に出没する理由とは?

京都市動物園の坂本秀房副園長によると、
「山の中の食べ物が減って何も食べられず、
里に下りてきてエサを得ることもあるかと思う」ということでした。

イノシシの大好物であるたけのこは、
今シーズン記録的な不作と言われています。

その影響なのか全国各地でイノシシが住宅街に出没、
広島では逃げるためなのか、住民に次々と襲い掛かったということです。

 

 

食べるものがなく里へ下りてきたことを思うと
イノシシが不憫にも思えますが、

でも、イノシシは食べるものが無くて人里に降りてくるのではなく、
人里の食べ物がおいしい事を知っているから降りてくるという記事も目にしました。

人間が出す生ゴミや餌付けをする人がいたりなどで、味を覚えてしまったのだとか。

どれも正しい理由に思えます。

イノシシの主食は?

イノシシが食べるものを調べてみると、
植物が主で動物質も食べるという事です。

春ならタケノコ、
秋にはどんぐりなど、

水場では、イモリやカエル、昆虫、貝などもエサとして食べているそうです。

人里に降りてきた場合は、
畑以外の人間が食べる加工食品とかも食べるのでしょうか?

イノシシが出没する時間は?

イノシシは本来昼行性だそうですが、
人里では人と合わないように夜間に出没することもあるということです。

三重県では女性が運転する車と道路を横断するイノシシ2匹が衝突、
女性の車が道路わきの樹に激突、死亡したという悲しい事故があったそうです。

この事故も夜間だったそうで、この場所は街灯もなかったということでした。

なので、夜間日中、いつでも危険だということですね。

イノシシは泳ぎが得意?

5月7日のホテルでのイノシシ騒動ですが、
近所に住む京都府旅行業協同組合の谷口賢一さんが、イノシシの驚きの行動をカメラにおさめていました。

 

琵琶湖から京都に続く水路を泳ぐ姿です。

谷口さんによると、
「最初に見た時は、ヌートリアかと思った。
石垣を何度か飛び跳ねて上りかけたけどやっぱり無理だったんでこっちへ泳ぎ出した。」

これまでもイノシシが泳ぐ姿は全国でも度々目撃されていたそうですが、
2014年小田原市でも、
逃走したイノシシが小田原漁港の海の中を泳いでいました。

もしかしたらホテルに入り込んだイノシシもどこからか泳いでやってきたのでしょうか?

イノシシ関連のツイート

ツイッターにもイノシシ関連のツイートがありました。

 

こちらもご覧ください↓

京都でイノシシ出没騒動相次ぐのはなぜ?出没する理由をNスタが推論!

Sponsored Links