日付変わって今日は4月27日、
27日生まれの人のラッキーナンバーは「31」
ラッキーカラーは、「オレンジとマゼンダ」だそうですよ。

昨日のよじごじdaysは、長野博さんがアジを使ったレシピを紹介しました。
いつもながら見事な腕前でしたが、

イケメンは料理は何故料理が上手いのでしょうね。

画像付きでレシピをまとめたのでチェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

アジのかき揚げサンドレシピ♪

アジのフライはスーパーのお総菜コーナーでも良く目にしますが、
かき揚げって珍しいですよね。

長野さんは最初アジをかき揚げにしてバーガーにしようと思ったそうですが、
バンズをわざわざ買うのが面倒だと思い、今回食パンを使ったサンドイッチに決めたそうです。

今回使う味は3枚におろしたものを使いますが、
普通にスーパーで売っているものでOKとのこと。

材料(2人分):

アジ 1尾(3枚におろしたもの)
玉ねぎ 1/2個
アスパラガス 2本
めんつゆ(ストレート) 少々

サラダ油 適量
天ぷら粉 50ℊ
炭酸水(出来るだけ冷やしたもの) 少々
パルメザンチーズ 大さじ2

食パン 4枚
マヨネーズ 大さじ 2
からし 小さじ1

作り方:

①3枚におろしたアジを切る。


②ボウルに切った玉ねぎとアスパラガスとアジを入れて打ち粉をする。
(少量の小麦粉で混ぜ合わせておく)


③別のボウルに天ぷら粉と炭酸水、うま味としてパルメザンチーズを入れ、混ぜ過ぎないように、さっくり混ぜ合わせる。


ポイント!:
・揚げ衣にチーズを入れる事でうま味アップ!
・混ぜ過ぎるともったりした仕上がりになってしまうので、さっくりと混ぜ合わせる。
・水ではなく、炭酸水を使う事でさっくりと仕上がる。
・炭酸水でも水でも冷やしたものを使ったほうがさっくり仕上がる。
理由は、持ったりしてしまう原因がグルテンなので、冷たい水や炭酸水を使う事でグルテンが形成されにくいからだそうです。

④②のボウルに③を入れ、混ぜ合わせる。


⑤④の具材を木べらにすくって揚げ油に入れる。
まとまるように木べらと菜箸で押さえながら揚げる。
(番組では揚げ油の温度が紹介されませんでしたが、通常天ぷらに最適な温度は170℃が一般的のようです。)

 

ポイント!:
トーストに乗せるため、食パンサイズを意識して平べったく揚げるように、木べらにのせて油に入れる。

⑥食パンにからしとマヨネーズを和えたものを薄めに塗っておく。


⑦天ぷらが揚がったら麺つゆに浸す。


⑧トーストした食パンに⑦を乗せ、上から食パンでサンドしてから半分に切って完成!

アジを揚げる事で臭みもなくなり、魚が苦手な子供でも食べられるサンドイッチだそうですよ。
また、天ぷら粉を使うと失敗もなく簡単でおススメとのことですが、
無ければ小麦粉と卵液を使ってもOKとのことです。

それにしても今回も長野博さんの料理の知識に圧倒されてしまいました。
素晴らしいです。

Sponsored Links