朝からとても良い天気で気持ち良いですが、
今日午前中は北朝鮮の動きに要注意との事でどこか落ち着きません。

今日4月25日、ビビットで、
場所別避難場所を紹介していたので記事にまとめました。

解説したのは、元自衛隊艦隊司令官の香田洋二さんです。

国分太一さん、まったく実感がないと言ってましたが、
最低限の知識だけは蓄えておこうと思います。

Sponsored Links

自宅にいた時は?

自宅に地下があれば良いけど、
中々地下がある家もそうそう多くないですよね。

香田氏によると、
地下がない場合、部屋の中では、窓のない部屋が良いという事ですが、
なるべく部屋の中心が良いそうです。

トイレやお風呂に窓がない場合はそこが一番安全と思われますが、
香田氏によると、それが部屋の中心でない場合は、
出来るだけ部屋の中心に避難することが大事だということです。

窓からなるべく離れる事。

・窓がない部屋
・部屋の中心
両方を満たしている部屋が一番良いということですね。

私の自宅は窓だらけでゆいいつお風呂とトイレだけが窓無しなので、トイレかお風呂どちらかになります。

デパートにいたときは?

B2F~屋上まであるデパートにいた時は、
B2Fが一番安全だそうです。

地下でも深ければ深いほど安全なので、
これはデパートに限らずどこのビルでもおなじですね。

とりあえず地下!です。

もし地下が近くにない場合は、頑丈なコンクリートの建物に逃げ込むのが二番目の選択になるそうです。

いつ地下から出れば良いの?

地下に逃げたのは良いけど、いつまで地下にいたら良いのか、
不安になりますよね。

香田氏によると、
ミサイル発射の放送と同じように、
「第1波は終わったと思われます。」などのアナウンスがあると思うとのこと。

危険を知らせた後は、安全確認も教えてくれるということで一安心です。

Sponsored Links

乗り物に乗っているときは?

交通機関のそれぞれの対応は以下になります。

地下鉄(東京メトロ)の場合:
近くの駅まで運転した後、乗客を降ろす。

地下鉄なので降りても安心ですもんね。

在来線・新幹線(JR東日本)の場合:
その場で停車→乗客は降ろさない。

無暗に外に出てしまうほうが危険だからでしょうか。

都内の大手バスの場合:
安全な場所に停車、
避難指示が出たら丈夫な建物に乗客を誘導する。

実際にその時になってみないと、
落ち着いて指示に従ったり、誘導したりできるのか不安です。

飛行機(ANA)の場合:
ミサイルが飛ぶ方向は避ける。
事態によっては空港に戻る。

自分が車を運転しているときは?

この場合は地震の時と同じく、
車を端に寄せて、安全な建物に逃げ込むのが大原則だということです。

もし高速とか、すぐに建物に避難できない場合は、
解説されませんでしたが、
Jアラートから着弾まで5分程度しか時間がないそうなので、その時は車の中から出ないほうが安全なのかもしれませんね。

地下鉄の中で一番安全なのはどこ?

東京新聞編集委員の五味洋治氏によると、
大江戸線の六本木駅だそうです。

地下鉄大江戸線の六本木駅は日本一深い駅で、地上42mなのだとか。

それがわかったところで、いつも六本木にいるわけにもいきませんよね(^^;

ちなみに
北朝鮮の平壌の地下鉄の深さは90mもあり、
これは原爆の被害を想定して作られていると言われているそうです。

こちらもご覧ください。↓
日本のミサイル迎撃能力SM3とPAC3を徹底検証!2017年配備の場所とは?ミヤネヤ

jアラートが鳴ったらとる行動とは?重松製作所のマスクがバイキングで話題に!

韓国ではガスマスク1人1個買う事を推奨!日本でも売れている?

Sponsored Links