なんだかんだであっという間に4月もあと10日になってしまいました。

月日が過ぎるのが早すぎて追いついていかない今日この頃です。

もうすぐGWがやってきますね。
行楽の季節は、デパ地下のお弁当が気になりますが、

昨日のWBS、白熱ランキングで
大丸東京店の弁当売上ランキングが紹介されました。

根拠のあるランキングなので、
美味しいのは間違いなさそうですね。

お出かけ予定の方はチェックしてみてくださいね。

こちらもご覧ください↓
春のデパ地下ワンハンドグルメ2017!大丸東京&松坂屋上野&西武池袋

Sponsored Links

大丸東京店の弁当売り場

大丸東京のお弁当売り場はおよそ1000種類が並んでいるそうですが、
これからの季節は、豪華な弁当や海鮮系のものが良く売れるそうです。

大丸東京店の食品担当さんによると、
行楽の時季は15~16万人ものお客さんがくるのだとか。

そんな大丸東京店の2016年3月~2017年2月28日までの弁当売上ランキングが紹介されました。

10位~7位

10位:叙々苑 カルビ弁当 2500円

9位:知床鮨 知床ちらし 1680円

8位:まい泉 やわらかヒレかつ弁当 1058円

7位:洋食や 三代目たいめいけん まかないライス 980円

10位~7位は有名どころが並んでいますね。

6位:味の梅ばち すきやき・ステーキ弁当

味の梅ばち すきやき・ステーキ弁当 1900円

米沢牛を使いながら2000円以下というお値打ち感が受けてランクインしました。

5位:牛たん かねざき 厚切り牛たんステーキ弁当

牛たん かねざき 厚切り牛たんステーキ弁当 2000円

 

かねざきは仙台にありますが、
仙台の人にかねざきと言えば?と聞くと、
かまぼこと答えます。

この牛たんステーキ弁当を作っているのは、
創業70年の笹かまぼこの老舗でした。

かねざきは震災で2ヵ月営業が出来ない状態になり、


その時避難所では食べ物に困っていたので、食堂でもやろうと厨房を作り、始めたそうです。

提供したのは地元の名物牛たん、


その時見舞いに来た大丸のバイヤーがこれに目をつけ、
美味しいから売れると販売することになったそうです。
良かったですね。

Sponsored Links

4位~2位

4位:創作鮨処 タキモト 贅沢ミルフィーユ 1728円

3位:穴子寿司 平島 とろける一口穴子 980円

2位:崎陽軒 シウマイ弁当 830円

1位:ミート矢澤 ハンバーグ弁当

ミート矢澤 ハンバーグ弁当 1780円

品川区にある本店は連日多くの客が訪れる人気のハンバーグ店です。


ハンバーグに使っているのはほとんどがA5ランク、


ミンチにしてこねたものをアツアツの鉄板で焼きますが、
その後特殊なオーブン「スチームコンベクションオーブン」で焼くそうです。

普通のオーブンは熱風だけで焼き上げますが、
このオーブンは定期的に水分を与えながら焼き上げるので、
ハンバーグがしっとり焼きあがるそうです。

こうして肉汁溢れるハンバーグが焼きあがりました♪

お弁当も作り方はほぼ同じということですが、
1つだけ本店と異なる点がありました。

時間がたっても硬くならないように赤み肉の割合を変えて作っているそうですが、
出来るだけ本店と同じクオリティーを目指して、
それ以上を目指して作っているという事です。

これが1位の売り上げを獲得した秘訣かもしれませんね。

どれも美味しそうですね~。
そう言えばハンバーグは今年一度も食べてないかもしれません。

食べたいな~!

Sponsored Links