空を飛ぶハトの画像

願い事を叶いやすくするためには、
現在進行形で書く事や、

感情を伴って書く事など、色々なポイントがありますが、

願い事は具体的であればあるほど、

イメージが鮮明になって叶える力も高くなるそうです♪

Sponsored Links

願い事は具体的に書く事で明確になる

「お金がたくさん欲しい」という願いより、

「時給が高くて、通勤が楽で、楽しい職場環境のアルバイトが見つかります。」

とした方が具体的で、
叶えたい自分にも叶えて上げたい宇宙にも願いが明確に伝わりそうですよね。

お金が欲しいという心理の裏側には、

「新しいバッグが欲しいから」という願いがあったりします。

その場合には「○○ブランドの○○色のバッグが手に入ります。」

という書き方をする事でより具体的な願い事になります。

叶わない願いは、もう無理って事?

手帳に浮かぶ青空の画像

もう何か月も願い続けているけど、これはもう叶わないって事?

私もそう思った願いがたくさんありました。

ほとんどの願いは受け取りを拒否しなければ叶うと言われていますが、
「今はその段階ではないよ」的なケースもあって、

そんな時でも宇宙は違った形で願いを叶えてくれると言うのです。

 

「違った形で叶う」とは、例えば、

「○○の資格をとって○○の職業につく」という願い事をしたのに、試験に落ちてしまった。

でも、「○○の資格をとるための学校に通いながら、実務を経験できる○○の職場が見つかった」

みたいな、

一見叶っていないと見える状況の中に、叶っている状況もあったりするという事なのかな、と思います。

 

「○○のブランドの○○色のバッグが手に入ります」と願ったら、

もっと安いバッグが手に入ったり、あるいはバッグではなく靴が手に入ったり。

「今より素敵な部屋に住むことが出来ます。」と願ったら、

「今の部屋のままだけど、模様替えで居心地よい配置が出来た」など。

あなたも叶っている事を見逃していないか一度チェックしてみてはいかがでしょうか♪

でも「今はその段階ではないよ」の時がある事を意識してしまうと、

「この願い事は叶わないよね」って先入観を持ってしまいやすいので、注意してくださいね。

Sponsored Links

ネガティブな悩みは、ポジティブな願い事に変換して

眩しい緑と青空の画像

願い事を始めた頃は、
表現方法にはあまりこだわらずに願い事を書いてました。

でもネガティブな言葉を使ったまま願い事を書いてしまうと、

ネガティブな言葉が強くイメージされるような気がして、

ポジティブな表現に変換するように変えました。

例えば、「他人の意見に左右される自分を手放す」と書いてしまうと、
「他人の意見に左右される自分」が強調されてしまいます。

なので、「自分の意見を持ち、自分を信じて行動することが出来ます。」と変換すると

ネガティブなイメージが消えて、意欲的な願い事になりますよね。

ポジティブな願いに変換した例文

・ほうれい線を薄くしたい→
良い化粧品が見つかり、肌がきれいになったと言われるようになる。

・もっと綺麗なところに住みたい→
日当たりが良くて明るい新築の部屋に住む。

・太っていてスタイルが悪い→
簡単で効果的なエクササイズが見つかり、健康的に痩せる事が出来る。

・いつも損な役回りばかりさせられる→
自分でしたい事を選び、したくない事は上手に断る事が出来る。

・給料が安くて仕事がきつい→
能力を認められ、昇給し、仕事にやりがいを感じる。
あるいは、給料が高く、働きやすい職場で働くことが出来る。

ネガティブな言葉に左右されてしまいがちな方は、ポジティブな言葉に変換して願い事を書きあげましょう!

願い事が叶う前兆はわずかなサイン、見逃してしまうかも!

きらめくピンクの画像

願い事が叶う前には前兆、サインがあるそうです。

マゼンダカラーで有名なKeikoさんの著書によると、

「引っ越したいけどお金がかかるからどうしようかな~」って悩んでいたら、

目の前を引っ越し業者のトラックが走っていった。。。

窓の外を眺めていたら、つがいのハトが現れて仲良くツンツンし始めた。

それを見た女性は、
「仲直りの時期だよ」っていう宇宙のサインだと受け取り、

喧嘩していた彼と仲直りした。。。

みたいな、宇宙からのサインがあるそうです。

↑の例は、願い事とは違いますが、

宇宙からのサインって本当に見逃してしまうような小さな出来事だったりするんですね。

普段からアンテナを立てて、
宇宙からのサインをキャッチできる直観力を身に着けたいと思います!

こちらも併せてご覧下さいね♪
願い事はノートと手帳どちらを選ぶ?書き方は?

Sponsored Links