物騒なニュースにまみれている今日この頃ですが、
今日はバイキングで家庭用シェルターが紹介されました。

日本にも家庭用シェルターというのがあったんですね。
これがハイキングのテントかなんかだったら、楽しいのに避難のためのシェルターですから。

そう安い値段ではありませんが
今問い合わせ急増中とのことで、ガスマスク同様、北朝鮮からの攻撃を心配する人が多いようです。

こちらもご覧ください↓
北朝鮮SLBMミサイル発射の日本への影響&ブースター落下の危険性とは?

核シェルター付き賃貸マンション&家庭用の設置費用とは?ミヤネヤ

韓国ではガスマスク1人1個買う事を推奨!日本でも売れている?

Sponsored Links

韓国はソウル市民のための避難シェルターがあった

北朝鮮と地続きの韓国では日本よりも備えが進んでいて、
3000ヶ所以上の避難シェルターが市内に備えられていました。

この避難シェルターには1000万人のソウル市民全員が避難できるスペースが確保されているということ、
驚きました!

長年北朝鮮の脅威にさらされてきた国だけありますね。
日本にも核シェルターがあるとか何とか聞きますが、その場所は一切あかされていないようです。

世界の核シェルター普及率

核シェルターがどれだけ世界に普及しているかというと、

スイス 100%
イスラエル 100%
ノルウェー 98%
アメリカ 82%
ロシア 78%
イギリス 60%
シンガポール 54%
日本 0.02%

 

日本はたったの0.02%、
それだけ安心して良い国だったって事でしょうか?

日本の核シェルターはどこにある?

たった0.02%だとしても日本に核シェルターがあるとすればどこにあるんでしょうか?

検索してみると、
明かされていないだけで重要な拠点にはちゃんと存在しているという意見が多いようです。

でも明かされていないという事は、
攻撃を避けるためか、一般人は避難することができないものなのか。

日本核シェルター協会では、
自分の命は自分で守る、これは世界の常識です。

そう書かれていました。

どうやって守ろう。。。

とりあえず、シェルターとなるのは地下鉄です。
外にいる時にJアラートが鳴ったらとりあえず地下に逃げたいと思います。

自宅にいる時の方が怖いかもしれません。
地下がないし、近所にもないし。。。

Sponsored Links

日本にも家庭用シェルターが販売されていた

今問い合わせが急増しているという家庭用シェルターを販売するのは、
シェルター制作の総合建設業アースシフトです。

専務取締役 近藤さんによると、
一時的な避難が出来るような地下シェルターを開発しているということです。

設置例を見せてくれました。
家の前に少し広めの駐車場があって、


この駐車場の下がシェルターの入口になっていました。


鉄板を外すと頑丈な扉が。

これは船舶のハッチに使用されるのと同じ種類の扉だそうです。(頑丈という意味でかな?)

蓋を開けて、

覗くと、ちょっと地下収納庫のようにも見えますが、

降りてみると、意外と広い?

広さはおよそ7㎡ということなので、
普通のワンルームよりは全然狭いですね。

最大8名収容可能だそうですが、
8名はかなり圧迫感があるのかな?

でも緊急時だからそんな事いってられませんよね。
押入れっぽく振り分けてあるところはベッドになるのかな?


シェルターは円筒形になっていて
地中に埋めて入り口だけ地上に出る仕組みになっています。

地下は冬は暖かく夏は涼しく、過ごしやすい状態になっているのだとか。
密閉した空間なので外部の空気は入らず、

窒息死しない?

と思ったら、外部の換気口を取り付けることができ、
換気口には、放射能などの特殊なフィルターなどの除去設備をつければ安全な空気を確保できるということです。

価格はおおよそ300万前後、
タンクの納期に最低2ヵ月、
工期は1週間

この1週間で問い合わせが10倍になっているそうです。

でも、ヒロミさんによると、
工事料金や換気口のフィルターなども含めると、もしかしたらもっとかかるのではないか?という話でした。

それはありそうですね~。
換気口の特殊フィルターも高そうな気がします。

命を守ると考えたら高いなんてことはないのかもしれませんが、
マンションでは到底無理な話です。

でも、日本にもこのような核シェルターを販売している会社があるとわかって、
ちょっと心強いような怖いような複雑な気持ちです。

さらに大き目50名程度収容できる50名用シェルターや、

オーダーメイドも対応可能ということです。

アメリカのゴージャスすぎる核シェルター

さらにアメリカでは豪華すぎる核シェルターコンドミニアムが完売し、話題になっていました。

地下15階、
5年分の食料(70名分)が蓄えられ、

プールや映画館などの設備も完備、

気になる値段は1区画1億6000万円~3億3000万円まで。

現在2棟目の核シェルターコンドミニアムを建造中~!

まるで、リゾートのようなシェルターですが、
規模が違いすぎて、混乱します。

中田宏氏によると、
核シェルターだのなんだの言っても、自分だけ助かっても
他が壊滅状態なら生きてはいけないと。

確かにそうですね。
それでも家庭を持っていたら、やはり家族の命は守りたいと思うものですよね。

私は一人身なので、何かあったらすぐに諦めてしまうと思いますが、
それでも姉がいたり、友人、親戚もいるので、案じる人がいるのに変わりはないです。

北朝鮮が、日本を真っ先に攻撃するとか何とか脅しているのは、
アメリカと日本の関係を崩したいからだという意見もあるので、

それを信じて平穏に毎日を過ごしたいと思います。

Sponsored Links