今日は4月14日、
明日は北朝鮮の太陽節、Xデーとも言われていますが、
いよいよ緊迫した状況となっています。

昨日のグッディでは、
日本が北朝鮮から核やサリンを搭載したミサイル攻撃を受けた場合の、
身の守り方や対処、対応方法を紹介していたので記事にまとめました。

どうか、「こんな事、あるはずないじゃん!」って、
笑える記事であって欲しいです。

こちらもご覧ください↓
日本のミサイル迎撃能力SM3とPAC3を徹底検証!2017年配備の場所とは?ミヤネヤ

jアラートが鳴ったらとる行動とは?重松製作所のマスクがバイキングで話題に!

韓国ではガスマスク1人1個買う事を推奨!日本でも売れている?

アメリカvs北朝鮮のシミュレーション&日本を攻撃するならどこ?ミヤネヤ

Sponsored Links

米vs北朝鮮 最悪のシナリオとは?

アメリカと北朝鮮の武力衝突が起きた場合に起こる事は、

①アメリカが、北朝鮮の軍事拠点(700ヶ所以上)のうち、
通信などの主要基地(25~70ヶ所)を攻撃

②北朝鮮の報復攻撃で、
ソウルに一斉攻撃、
ミサイルによる攻撃、
テロ行為、
→生物兵器などを使用したテロ

③日本の米軍施設へ攻撃の矛先が向けられる。

 

軍事ジャーナリストの恵谷治氏によると、
米軍施設の中でも、重要基地が近くに集中している青森が狙われる危険性が高いのではないかということです。

車力通信所:
アメリカのミサイル防衛の最前線であり、
高高性能ミサイル追尾レーダーを配備、
ミサイル防衛システムの目の役割をになっている場所。

三沢基地:
本土最大の米軍基地であり、
空軍F-16戦闘機や海軍P-3C哨戒機などを配備している場所。

東京やソウルが狙われる可能性もあり

軍事アナリストの黒井文太郎氏によると、
北朝鮮が追い詰められれば東京やソウルが狙われる可能性が十分にありえるということです。
(勝つための攻撃ではなく、道連れという意味で。)

さらに、もし、金正恩体制が崩れたら、その時北朝鮮は、崩壊に向かい、無秩序になって、
そこに核だけが残る状況になるので。

これはアメリカも一番危惧している事で、
そうなる確率は非常に少ないと思いますが、ある意味斬首作戦は、非常にリスキーなんです。」と。
つまり、金正恩体制があるうちは、
無暗に核のボタンが押されることはないという、蓋の役割になってますが、
トップのいなくなった北朝鮮は無秩序状態、

やけになった主要幹部たちが暴走しないとも限らず、
そうなった時には、日本の都市部にも攻撃が及ぶ可能性があるという事です。

↓もご覧ください。
アメリカvs北朝鮮のシミュレーション&日本を攻撃するならどこ?ミヤネヤ

Sponsored Links

日本に攻撃が及んだ時の避難とは?

内閣官房の、
「武力攻撃やテロなどから身を守るために」より、
身を守る避難方法が紹介されました。

こんなものがあったんですね。

ミサイルが飛んできた場合

発射直後にJアラート(メールや放送)により通知がされ、
ミサイルは約10分で日本に到達

攻撃当初はともかく屋内に避難する。

その後、行政機関からの指示に従う。

生物・化学兵器が使用された場合

口と鼻をハンカチで覆い、屋内へ避難する。

窓を目張りして窓のない部屋に移動する。

衣類を脱いで容器に密閉、
手・顔・体を良く洗う。

医師の診断を受ける。

核が使用された場合

閃光は絶対に見ない、(失明してしまうので)
風下を避けて風向きと垂直に避難する。

皮膚の露出を減らして建物に避難する。
さらに地下施設(地下鉄など)があれば移動する。

窓を目張りして、
窓のない部屋に移動する。

医師の診断を受ける。

以上ですが、
何とも簡単なものですね。

でもJアラートが鳴ったところで何が放たれたのかわかるのでしょうか?
分かった時には時すでに遅し、のような気がします。。。

ともかく外にいたら、
口と鼻をハンカチで覆い、地下に逃げ込むという事を覚えておこうと思います。

こちらもご覧ください↓
ミサイル着弾車の中にいたときや自宅に地下がない避難はどこへ?

Sponsored Links