続々と北朝鮮関連の速報があり、
目が離せない状況になっています。

昨日はグッディ、Nスタ、みんなのニュースなどから
色々なジャーナリストの意見を拾ってました。

この記事では、
アメリカが北朝鮮を攻撃する可能性はあるのか?
アメリカのレッドラインとはどこなのかなどをまとめています。

こちらと併せてご覧ください。↓

4月27日空爆説&北朝鮮40代主婦からのメールでわかった現在とは?グッディ

北朝鮮の核実験6回目の規模と日本への影響は?放射能は大丈夫?

米原子力空母カールビンソン派遣で北朝鮮の反応は?強気でいられる理由は?

Sponsored Links

原子力空母カール・ビンソンとは?

アメリカが北朝鮮への牽制のため派遣した原子力空母カール・ビンソンは、

剰員3000人以上、
搭載している航空機は、 70~90機(うち戦闘攻撃機が約50機)
その周りを取り囲むように、
イージス艦3隻と潜水艦が随伴します。

ミサイルで2500㎞の距離から正確な攻撃が可能ということで、
ヨーロッパの中堅国程度の空軍規模だということですが、

航空機の戦闘効力の範囲が半径500㎞と言われているので、
その範囲に入れば大きな戦闘能力になるということです。

この空母は15日にも北朝鮮近海に到達すると見られているようです.

アメリカの攻撃はすぐにでもある?

昨日になって、米中首脳会談の前にアメリカ政府が日本政府に対して、中国の出方次第ではアメリカが単独行動に出ると通達していたという情報がありました。

軍事ジャーナリスト 黒井文太郎氏によると、
今すぐ戦争が起きるという状態ではなく、
その通達も回りまわって中国に対する警告だという事だと思いますということ。

今回カールビンソンを回したのも、
今までの経済制裁でらちが明かないために起こした、ある意味北朝鮮への脅しですが、
それでも北朝鮮はやめないだろうから、今後より一層危機が高まれば、
韓国に兵力を持って行くこともある。

アメリカの特殊部隊が出ているとの情報や実際の訓練の映像なども出ていて、それも北朝鮮に対する脅しということです。

他にも韓国に戦術核を配備する検討をしているとか、金正恩を直接攻撃するプランなど、
脅しをどんどんかけて、最後は大人しくさせるという作戦なのだとか。

アメリカンの北朝鮮に対するレッドラインは?

シリアにミサイルを打った時は、レッドラインが化学兵器の使用だと言っていたトランプさんですが、
北朝鮮のレッドラインは、

黒井氏によると、
まずICMB級のロケットを作るのがイエローカードで、それが配備になったらさらに米軍は圧力を高め、いつでも攻撃できるくらいの状態にし、イラク戦争時の規模くらいの兵力の展開をした段階で北朝鮮が核ミサイルを打つ兆候を見せたらそれがレッドラインということです。

何の兆候もないうちに攻撃を仕掛けるという事はまずないと。

もし本気で攻撃する気なら韓国に米軍機を大量に入れたり兵力も数十万規模で入れるなど、
空母なども5隻6隻と投入するなどが行われるだろうということです。

アメリカの攻撃の可能性は?

これ以上のミサイル核開発をやめろとアメリカが先手を取るのではないかという心配もありますが、

もしアメリカが攻撃をしかければ、北朝鮮から攻撃を受けるのは韓国なので、そこはトランプさんも慎重にならざる得ないということです。

もし、北朝鮮が6回目の核実験をやったとして、それに対しアメリカが何もしなければ逆にアメリカの影響力や力の誇示はないと見られてしまうから、ある程度限定的な軍事行為を行う可能性がありそうですが、

黒井氏によると、
アメリカが攻撃する時はおそらく予め事前通告をすると思う。
ここまでやったらレッドラインだと。

Sponsored Links

実際に軍事行動を起こした場合の出口は?

黒岩氏によると、
一番は軍事行動を起こさずに、ぎりぎりまで脅しをかけて、
出来れば核の放棄、
最低でも凍結までは持って行く。
それでも北朝鮮が辞めない場合は、攻撃したら全面戦争になる可能性もあるので、出口を難しいということです。

カールビンソンを率いた一群は今週土曜日にも北朝鮮周辺に到達するということなので、
北朝鮮の動向が気になります。

北朝鮮の核実験の可能性は?

立命館大学の平井久志客員教授によると、
核実験を行う事は、中国をアメリカ側に接近させてしまうことになるので、
4月15日の金正日主席の生誕105周年の周辺の核実験の可能性はまだ低いのではないかということです。

それでもICBM、大陸間弾道ミサイルの発射実験はないとしながらも、中距離レベルのミサイルの発射実験は国威発揚の意味で今月中に行うことはあり得ると指摘していました。

アメリカが北朝鮮を攻撃、
北朝鮮が韓国を攻撃したら、ソウルと平壌との境界線はわずか40㎞ほどしか離れていないので、


北朝鮮は、兵士の2/3約102万人と戦車500台以上を従えてソウルを狙ってくるだろうということです。

そうなると、日本がする事は、
・ソウル市内の約4万人の日本人を保護、釜山など南へ移動させる
・韓国への渡航自粛を呼びかける予定、

となっていますが、日本はすでにスポット情報として韓国滞在者や渡航予定者に注意喚起をしています。

北朝鮮が韓国を攻撃する可能性がでてきたという事ではないでしょうか。

日本へ難民が押し寄せる

さらに、難民の問題も。
北朝鮮への攻撃があった場合、第一波で約20万人の難民が出ると予想され、最大1万人が東北地方に漂流してくるのではないかということです。

その際日本の対応は、一時的に保護するが、鎮静化した後に送りかえすことを政府は考えているということです。
武装難民や工作員も来ることが懸念されるとも。

北朝鮮の核の脅威に韓国は

韓国では次のような対策がとられていました。

韓国軍にはガスマスクが配られているし、
今月10日には、
戦争だ!ガスマスクを買おうと、

政府は、国民一人一人にガスマスクを買うように呼び掛けたそうです。

また、
世界のシェルター普及率は
スイス 100%
イスラエル 100%
ノルウェー 98%
アメリカ 82%
ロシア 78%

なのに対し、
日本では、たったの0.02%

なんとものんびりした構えです。

世界がどんどん悪い方向へ流れて行っているような気がしてなりません。
ギリギリで踏みとどまって事なきを得るように祈ります。

Sponsored Links