やっと録画しておいた超ムーの世界Rを見ましたが、
キックさんが短髪になっていて驚きました。

さて、今日は、短髪になったキックさんがムーで紹介した2017年の運勢について、
記事にまとめました。

チョコチョコ島田秀平さんも入ってますが、
ムー的で面白い内容&ちょっぴり不安な内容でした。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

2017年の八卦は水

超ムーの世界Rでキックさんが2017年の八卦について解説してくれました。

八卦には、
・天・沢・火・雷
・風・水・山・地

がありますが、
2017年は「水」の年。

水の年はどんな年なのか

八卦で何がわかるかというと、
今年のテーマだったり、
何が流行るのか、
皆が何を意識すればよいなどに関わる事だそうで、

水に関するワード

ワードで言うと下記のようなものがありました。

水 穴 一点集中 滝 井戸 黒 6

洞窟 雨 深い水 真っ暗闇

深く落ちていく 耳

集中 集中し周りが見えなくなる

1つに打ち込む 達人になる
どういった意味かというと、
水が落ちる事によって出来る穴、
水が一点に集中する滝や井戸、
集中し周りが見えなくなるなど、

「周りの人に惑わされずに自分のやっていることに深く入り込み、
極めていくということが重要になる」
年ということです。

考え方として、
ヒット商品を作る時や、ムーブメントを作ろうとする人などは、
こういったワードを意識して、取り組むと上手く行くのではないかということです。

また、名前に水や滝が付く人や、
水場などもひとつ関連性があるのではないかと。

色々な占い師が見た2017年の共通点

島田秀平さんによると、
今年になって色々な占いの人と話をしたところ、共通しているのは、

「2017年はコツコツやった人が日の目を見られる年」

これも考え方によっては、水の年のテーマである、
周りが見えなくなるほど入り込む、打ち込むという点と似ているのでは?ということです。

Sponsored Links

最近流行した曲がその年の世相を表す

キックさんによると、
「前年、最近流行した曲がその年の世相を表している」そうですが、

前年、流行した歌で言うと最近ではピコ太朗さんですよね。

それで考えると、
「ペンとリンゴという全く異なるものが合わさって、
訳のわからないものになって、それが流行るのではないか。」

と、何だかキックさんらしくなってきましたが、

島田秀平さんが、
「今年もいろいろ大変な世界情勢ですけど、
思いもよらない国と国が手を組むみたいなみたいなこともあるかもしれないですね」と。

もしかしたら、アメリカとロシアが手を組むとか、
アメリカと北朝鮮が手を組むとかもあるかもしれないみたいな?

ちょっと話が大きくなってしまいましたが、

ブームとか、芸能界のコンビとか、
意外性のある者同士がくっつく事も多いにありそうだということです。

2016年は序章、2017年が本番

島田秀平さんによると、
色々な占い師の方が共通して言うのは、

「2016年は序章で2017年が本番」

2016年に色々膿が出た人はまだ良かった方で、
2016年に膿を出しきれなかった人は、2017年はもっと大変なことになるそうです。

芸能界でも2016年には色々ありましたよね。

2016年にはうまくやり抜けて膿が出なかった人は、
今年はもっと大変な目に合うという事なので恐怖ですね~。

芸能人じゃなくても、
膿が気になります。

2016年の前年には、「ありの~ままの~~」が流行りましたが、
2016年には色々なものがありのまま露呈されてしまった年だったということです。

申・酉・戌の年は鬼が騒ぐ年

さらに、
去年は「申年」今年は「酉年」来年は「戌年」で、
桃太郎が連れていた3匹が揃いますが、

「申、酉、戌の年は鬼が騒ぐ年」と言われるそうです。

なので去年から来年までの3年間は、
色々な事がわぁ~っと表に出やすい年なんですって。

ロシアに何かあるのではないか

三上さんによると、
ロシア革命から100年、
ファティマの奇跡から100年なので、

ファティマの危機はロシアの危機を盛り込んでいるので、
ロシアに何かあるのではないかということです。

何だか分かったようなわからないような感じですが、
何か膿を抱えている人は今年膿が出る恐れがあり、

ともかくコツコツと集中して打ち込む事が良いのでは?って事がわかりました。

Sponsored Links