4月から続々と値上げになる食品が増え、
5月にはさらに紙製品が値上げになるなど、

家計がピンチになりそうな予感でいっぱいでしたが、
昨日のNスタで、ショッピングアドバイザーの今野保さんが、

スーパーでのお得な買い方を紹介しました。
簡単なことなので、すぐに明日から実行できるものばかり、

備忘録として記事にしたので、
気になる方はチェックしてみてくださいね。

こちらもご覧ください↓
春の値上げ2017食品や日用品&公共料金何がどのくらい上がる?理由も

Sponsored Links

値上がりの時期こそ安く買うチャンス

全国のスーパーマーケットを年間1000店舗以上訪問しているというショッピングアドバイザーの今野保さん、

今野保さんによると、
値上がりの今だからこそ、特売が出たりするのでかえって安く買う事ができるということです。

①あえて通路に置かれた商品は安い

歩いていて邪魔になるような場所にある商品に掘り出し物があるそうです。
これを突き出しと呼ぶそうですが、

このかいわれも3パックで88円でした。

この日のタイムサービスでは、
はっさくが1袋299円、
ミニトマトが1パックで149円など、

お買い得商品は通路にはみ出すように陳列されていました。

②売り場の端にあるコーナーをチェックする

エンドと呼ばれる端っこのコーナー、
これ、全部特売品でした。


エンドと呼ばれる特売品は通常よりも1~3割安くなっているそうです。

中側に入るとレギュラーの値段になってしまうということなので要注意です。

Sponsored Links

③下の段にいくほど安くなる

何段かある棚の商品は下の方が安く、特売品は一番下にあるそうです。

④チラシで買ってはいけない商品をチェックする

日替わりの特売品を掲載しているちらしの場合、
買い物に行く日の翌日以降の特売品もチェックする事が大切!

今日が4日だとすると、翌日以降の特売品を今日買わない事。
翌日以降の特売品をあらかじめチェックしておけば、うっかり翌日安くなる商品を買ってしまった!
チッ!って事もなくなりますね(^^;

つまり、特売品のチラシは、
買ったほうが良い商品と今日買ってはいけない商品が載っているということなのでした。

食品じゃなくても、ありがちですよね~、
関係ないですが、明日から楽天セールなのに、今日金額大きいもの買っちゃったよ、って事とか。

ありますよね。

 

荻原博子さんの節約術

荻原博子さんの節約術も1つだけ紹介されました。

それは、買い物に行く前に冷蔵庫の中身を写メで撮影する事。

スーパーに行って、うっかり在庫があるものを買ってしまうって事良くあると思いますが、
これが食品以外のものだったり、保存期間が長い物なら在庫としてとっておけますが、

野菜とかだと、使いきれずに捨てる羽目になってしまったりしますよね。
なので、野菜室などを買い物前に撮影しておくと買い物中にチェックできるので二重買いの防止になるそうです。

荻原さんによると、
値上がりの時期は家計が苦しくなるので、家計を見直すチャンスになるそうです。

見直すことで値上がり前よりも節約できるようになったりすることもあるそうなので、
少しの努力でも惜しまずに取りれてみたいと思いました。

Sponsored Links