4月1日のアド街ック天国千鳥ヶ淵
いつも通り1時間の中にミッチリと濃い内容でしたが、

今回も気にスポが気になったので、別記事にしてみました。

アド街千鳥ヶ淵20位から11位をまとめた記事はこちら
10位から1位をまとめた記事はこちらです。

親英体道を初めて知りましたが、
気にスポって場所が明かされないので、
余計に気になるんですよね。

親英体道道場が気になった方はチェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

親英体道とは?

親英体道とは、
「宇宙の親和力の力徳を表現体より具現する胆力を養成する稽古です。」
ということですが、
わかりません。。。難しい~

教授の和多田喜さんによると、
「簡単に表現すると「武道」ということになります」ということです。

和多田さんは、武道家らしく凛々しい反面、話し方が優しく柔和な雰囲気もありますね。

まず、神棚への儀式をへてから、

お稽古が始まりました。

 

稽古を見たところ、素人目には合気道にそっくりに見えるということですが、


合気道ではなく、
「技をかけあう中で生きるか死ぬかを勉強し、
その中でいかに美しく動けるかということをやっている」
ということです。

創始者・初代 井上鑑昭の雷撃電飛

創始者は井上鑑昭(1902~1994年)、


明治時代に、相気武道から合気道親英体道に別れたそうですが、

井上鑑昭の技は
「電光石火よりも早い、雷撃電飛」
と言われ、

川面を蹴って橋の上に戻ってきたという逸話や

こんにゃくを振り下ろし、鉄板を叩き割ったという逸話もあるそうです。

すごい!

Sponsored Links

親英体道道場には入門できる?

現在、7坪ほどのこの部屋が全国唯一の道場ということで、
二代目代表、油井靖憲さんのお弟子さん10人が在籍しているということです。

 

「真剣に親英体道を勉強してみたいという事で、
見学にいらっしゃるということならお受けします。」
ということですが、

入門したいからと言ってすぐに入門できるわけではなく、
1年間はお稽古人としてお稽古をし、
1年後に入門出来るという流れだそうです。

生半可な気持ちで気軽に出来る類のものではないということですね。
テレビで見る限り、
静かにお稽古をしているように見えますが、どんな感じで指導されるのでしょうか?
実際のお稽古は、ビシバシ怒られたりするのかな?(^^
気になります。。。

アド街ADの源川さんが体験しました!

全く相手になるはずもなく、
邪な思いがあると絶対に勝てないそうです。
「気付いたら寝ころんでいた。」

スタジオでどうするの?続けるの?との質問に、
「ADと両立?・・・」と詰まりながら返事していました。

井上鑑昭さんの動画

youtubeに井上鑑昭さんの動画がありました。
迫力あります!

太鼓のリズムが心地よいです。
ちょっと豊川稲荷様のお経を思い出しました。

豊川稲荷様のお経もすごい躍動感があってカッコよくて、痺れます。

親英体道道場の場所はどこ?

とある雑居ビルの一室にある、

親英体道道場、

気にスポで紹介されるお店やスポットは、場所が紹介されないんですよね。

分かっているのは、雑居ビルの701号室と、こちらの簡易版地図のみ、

これでわかる方いらっしゃるかな?

「親英体道道場 九段」
「親英体道道場 和多田」
「親英体道道場 千鳥ヶ淵」
などの関連キーワードが検索ページに出ているので、入りたいと思って検索している方が多いのかもしれないですね。

検索すると千葉県の本部道場が出てくるので、
全く関連のないところなのか、気にスポ道場の本部なのか、

全く持ってわかりませんでした。<m(__)m>

千鳥ヶ淵の気にスポでした。

Sponsored Links