夜遅くにお腹が減ってしまった時は、
豆乳か甘酒を飲むのが定番になってます。

いくら飲み物とは言え、カロリーがあるので本当は良くないかもですが、
夜遅くって結構グルメ番組があったりするんですよね~

困ったものです。。。

今日は昨日のグッディで見た配偶者控除の上限引き上げについて、
年収150万になる仕事と、時給がアップする資格シニアが働ける職場について記事にまとめました。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

配偶者控除上限150万円に引き上げ

今まで配偶者控除38万円を受けるには、年収103万円という壁がありましたが、
それが撤廃され、

来年1月からは年収150万円までは配偶者控除を受けることが出来るようになります。

つまり今までより47万円多く働けるようになるということ。
これは大きいですね。

引上げとなった理由は?

配偶者控除の上限が引き上げとなった理由は、
最低賃金が要因としてあるそうで、

東京都の最低賃金は、

2006年 719円
2011年 837円
2016年 932円

と、10年間で200円以上上がっています。

なので、103万円にはすぐ到達してしまうため、
時間調整などが必要だったり働きにくい状況でした。

Sponsored Links

年収150万円まで勤務時間のシュミレーション

例:パートで働くAさん

103万円の時は、
時給1000円
5時間勤務/日
16日間出勤/月
→年収96万円

でしたが、
150万円になると、

・目標10万円アップ!
月の出勤数を2日増やせば年収→108万円

・目標20万円アップ!
1時間増やして6時間働けば年収→115万円

・目標30万円アップ!
月に2日増やして6時間働けば年収→130万円

年収150万円になる仕事は何があるの?

グッディでは、年収150万円になる仕事していくつか紹介しました。

・化粧品の販促営業
日給 6000円
週5日勤務
ドラッグストアやショッピングモールへの営業が多く、
個人への営業よりハードルが低い。
また、化粧品という点でも女性目線を生かしやすい。
営業なので、歩くのが健康にも良いという利点も。

・女性警備員
日給 8600円
週3~4日勤務
最近では、女性警備員が求められていて、
アイドルの握手会などでは、アイドル側から女性警備員を希望されることも多いということです。

時給がアップする資格とは?

・簿記2級
事務スタッフ 時給50円~100円アップ

・交通誘導 警備業務
警備員 月給5400円~20000円アップ

・調理師免許
社員食堂の調理師 時給300円アップ

このようなものがありました。

シニアが働ける職場とは?

高齢者に門戸を開いている職場もありました。

・モスバーガー
ある店舗では、アルバイトの2割が60歳以上、
その名も「モスジーバー」

・ローソン
ローソンでもシニア層の採用が増加、
積極的に採用しているというわけではないということですが、
募集時の年齢制限の幅が広いケースが多いそうです。

ローソン広報によると、
シニア層は勤務態度が非常に良いし、お客様からも利用しやすいとの声があるということです。

確かに、シニアの方が働いているお店もありますよね。
とても接客が感じ良かったりしますしね。

でも勤務時間を増やしてくださいと言って、
簡単に通るものでもないですけどね(^^;

Sponsored Links