今年も花粉が飛ぶ季節になりましたが、

野菜は相変わらず高いまま。

 

お財布事情も厳しい中、

春の値上げのニュースがありました。

 

食品、公共料金など、

様々なものが値上げされる予定となっています。

 

何がどのくらい値上がりするのか

記事にまとめまたので、

チェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

公共料金の値上げ

生活に欠かせない電気とガスの料金が、

3月から値上げされる予定となっています。

 

電気代:

電力大手10社が値上げ、

標準的な家庭で、2月よりも月額数21円から80円の値上げ。

 

値上げ幅の大きいものは以下。

沖縄電力 80円アップ

北海道電力 76円アップ

東京電力 52円アップ

関西電力 49円アップ

四国電力 49円アップ

 

ガス料金:

都市ガスは全4社が値上げ。

東邦ガス 19円アップ

東京ガス 15円アップ

大阪ガス 14円アップ

西武ガス 14円アップ

Sponsored Links

ゆうパックの値上げ

3月1日からゆうパックの料金も値上げになります。 😥

これまでは割安のはこBOONを利用していましたが、

はこBOONが2017年8月31日からサービスを休止。

 

次の選択肢としてゆうパックを利用してきたので、

宅配のハードルが高くなります。

 

一番大きい値上げになるのが、

北海道~北陸・東海間で大きい荷物を送る場合で、360円アップ、

東京~大阪間で60サイズの荷物を送る場合で、110円アップとなってます。

2018年2月16日現在の料金表はこちら

2018年3月1日からの料金表はこちら

 

大きい値上げに思えますが、

それでもヤマトよりは6%安いとのこと。

 

今までが安すぎだったのに、

それが当たり前になっていたので、

慣れるまで時間がかかりそう。。。。

 

宅配便利用に対する考え方を変えるタイミングとなりそうです。

 

また、

個人向け以外の大口顧客向けでも大きな値上げがあるようなので、

通販の送料値上げもありそうですね。

アルコール飲料の値上げ

ビールの値上げ:

キリン・サントリー・サッポロ各社で、

業務用のビールが4月1日出荷分から値上げとなるそうです。

 

値上げ率などの情報は見つけられませんでしたが、

外飲みの出費が上がりそうですね。

ビールの値上げについてはこちらの記事をご覧ください↓

ビールの値上げが2018年に相次ぐ理由とは?サントリー&アサヒ&キリンサッポロも?

ワインの値上げ:

アサヒ・サッポロ・サントリー・メルシャンなどは、

4月1日出荷分から輸入・国産ワインの1部を5~6%値上げするということです。

 

ワイン好きの人は、

4月前に購入しておくと良いかも。

食品の値上げ

森永乳業アイスの値上げ:

森永乳業の主力ブランドのアイスが、

3月1日から10%の値上げになります。

500円→550円

・ピノ チョコアソート(24粒入り)

・ビエネッタ バニラ(530ml)

・ビエネッタ ティラミス(530ml)

・PARM アーモンド&チョコレート(6本入り)

500円が550円になっても、

好きなものなら買ってしまいますね。

 

テーブルマークパックご飯の値上げ:

テーブルマークのパックごはんが、

2月1日出荷分から1~17%値上げとなります。

・たきたてご飯シリーズなどのパックご飯30商品

 

サトウのごはんは、

一足先に2017年11月から値上げとなっていました。

 

テーブルマーク冷凍食品の値上げ:

同じくテーブルマークのカトキチブランドなどの冷凍食品が、

3月1日納品分から3~16%の値上げとなります。

 

・さぬきうどん5食など冷凍うどんを12商品、

・ごっつ旨い お好み焼など冷凍お好み焼き6商品、

・冷凍たこ焼き4商品、

フジッコ昆布製品値上げ:

フジッコは3月1日から昆布製品37品目の内容量・価格などを変更します。

<ふじっ子煮シリーズ>

・さんしょ昆布カップ、ごま昆布カップなど、

内容量を87g→85gに、価格は227円で据え置き。

<だし昆布シリーズ>

・べんりだし 内容量70g→60gに、価格は475円に据え置き。

<海藻料理>

・こんぶ巻 8本 341円→350円に値上げ

値上げの理由は、

北海道産昆布の収量減・価格上昇などがコストダウン努力の枠を超えた事が原因。

 

どれも金額的にはわずかの値上げですが、

すでに小麦粉の値上げもあったりで、

トータルで家計にジワジワきいてくる感じがしますね。

 

また値上げ情報があったら、追記したいと思います。

Sponsored Links