今日は3月21日、
毎日何の日か見てみるのが結構楽しいです。

今日も色々な記念日がありましたが、
催眠術の日が気になりました。

予想はしてましたが、
催眠をかける時の「3・2・1」から記念日としたそうです♪

今日も森友学園問題が取り上げられてましたが、
100万円の寄付問題に関して受領証の記入の仕方を巡って議論があり、

その他にも100万円が本当は寄付金ではなかったのではないかという三田パンの鋭い読みなど記事にまとめました。

あなたは書名をする時、どっち派でしょうか?

こちらの記事もご覧ください↓
森友学園100万円振込用紙を筆跡鑑定グッディが検証!籠池氏偽証か?

Sponsored Links

寄付金100万円の経緯

2015年9月5日(土)塚本幼稚園で講演した昭恵夫人が和室で、
籠池理事長に100万円を渡し、→

籠池理事長は職員室で妻である諄子さんに預け、→
諄子さんは金庫に入れたということです。→

それから金融機関が開く9月7日月曜日に、
塚本幼稚園の関係者が郵便局に行き、
森友学園の口座へ振り込みをしました。

この振込の際の受領書が安倍総理からの寄付金としての証拠となりうるのか騒がれていますが・・・

受領証と払込取扱票の文字が違う点

払込取扱票の欄は書名がとても達筆で、

受領証の書名は全く別人が書いとわかる文字です。

今回問題として取り上げらたのは受領証の書き方についてです。

Sponsored Links

塚本幼稚園関係者が書いた受領書の修正の経緯とは

塚本幼稚園の関係者は、
最初受領証の依頼人蘭に「安倍晋三」と記入しましたが、

これは、森友学園が預かるもので、
安倍晋三さんからの寄付だという証拠になるからというkと。

でも、郵便局から依頼人の名前が異なると指摘を受け、
ホワイトで消したのち、「匿名」と記入しましたが、

これも駄目だしされ、最終的に「森友学園」と書いたという経緯でした。

左右の依頼人が違うとダメだしされたにもかかわらず、匿名と書いてしまうあたり???となりますが、寄付金を受け取った証拠を残そうと考えたのでは?という伊藤正樹アナの読みでした。

受領書の記入の仕方を巡って議論が

グッディでは、
伊藤氏が受領書の書き方について疑問点をあげました。

それは、
一番最初に「安倍晋三」と書いた文字が、
「様」を無視して上のほうに書かれていたからです。

まるで修正を前提とした書き方ではないのか?ということ。

安藤優子さんもこの疑問点に激しく共感、
「確かに!伊藤さんするどい!
普通もっと下に様の横に書きますよね。」と。

ここで大村正樹アナが、
「今朝スタッフと様々な議論をしましたが、
書き方は人それぞれで、
ど真ん中に書く人、
様に合わせる人がいると。」

大村アナも様に合わせて書くと言ったところ、
スタッフは真ん中に書くという人が多かったのだとか。

高橋克己さんは、様に合わせて書くと言って、安藤優子さんに意外と言われてました。

ここで、
三田パンが、
「これって100万円の受け止めかtじゃないかなって思うんですけど、
9月5日って安倍さんが講演を行った日で、

学校の支出では講演料を支払いましたっていうゾーンがあって、でも昭恵さんはもらってませんってなった。

ってことは、学校側が講演料として支払った100万円を昭恵さんが「いえいえ、受け取れません、学校のために使ってください。」って戻した時に学校側が一度支払ったお金だからただ戻すのではなく、安倍さんからの寄付金として扱おうということで安倍晋三と書いてしまったのでは?」と。

三田パン素晴らしい!!!

ここで伊藤さんが、
「そういう解釈もひとつありますよね、
ただ一つ不思議なのは、この時点ではまだ安倍夫妻と籠池さんの関係は良好だったはずですよね。」

サバンナ高橋さん
「ただで講演に行くって結構な関係値やなって思いますよね。」

伊藤さん
「そういう時にわざわざこういう証拠を残すかなって思うんですよね。
もしかしたら、
安倍さんからこれだけもらってるんですよっていう外に向けてのアピール材料だったのではないかという推測も成り立ちますよね。」

安藤優子さんも
「どれだけ近しい間柄だったかアピールしたい人物ではあるのは間違いないんで、そういうことは十分に考えられますよね。」

グッディでは次に忖度について議題が移りましたが、
この記事はここで終了といたします。

私も書名は、わりと真ん中に大きめに書く派なので、修正するスペースが足りなくて困ることが結構あります。
皆さんはどっち派ですか?

それにしてもいつも三田パンは鋭い指摘が多々あり、すっかり三田パンファンです♪

Sponsored Links