毎年不動産会社が選ぶ「住みたい街ランキング」が発表されますが、
最近メキメキ急上昇中なのが「赤羽」だそうです。

おじさまたちがお酒を酌み交わす街というイメージが定着していた?
赤羽ですが、

最近では、子育て家族に最適な街として注目されているそうです。

先日Nスタの特集で紹介されていたので、
記事にまとめてみました。

子育て家族に人気のお店なども紹介されていたので、
赤羽エリアを検討中の方や赤羽に興味がある方はチェックしてみてくださいね。

はるか昔に勤めていた会社の本社が赤羽にあり、
1、2度行ったことがありますが、

そのころとは全く様子が違うようです。

Sponsored Links

最新の住みたい街ランキングで赤羽が急上昇中

SUUMO調べですが、
最近の住みたい街ランキングでは、人気の三軒茶屋や下北沢、たまプラーザを抑えて赤羽が21位にランクインしました。

SUUMO編集長の池本洋一さんによると、
赤羽は50位あたりを前後している街だったのが、

去年突然20位に上がり、
今年も21位をキープ、
急激に人気が上がってきた街ということです。

赤羽に住んでいる住民の持つ印象は?

30代主婦:
近くに色々なものがあるから子育てにはすごく便利、
重い2人の子供を抱えて出ていくのにすぐに目的のものが揃うので便利、

30代主婦:
子連れの人もいっぱいだし、お買い物もしやすくて、
子供が遊べる児童館も近くてもう、離れたくない。

など主婦に人気のようですが、
人気の理由は4つありました。

赤羽の人気の理由その1:商業施設が充実

駅周辺には、大型スーパーが充実、
・ダイエー
・アミカ
・西友
・イトーヨーカドー

商店街も充実、
・すずらん通り商店街
・赤羽本町通り商店街
・赤羽西口駅前商店街
など他にもあります。

赤羽の人気の理由その1:都心へのアクセスが良い

赤羽から池袋へは約8分、
新宿までは約14分、
品川までは約20分、
浜松町までは約30分、
上野までは約14分、
東京までは約20分と、

都心の主要なポイントへのアクセスも便利です。

赤羽の人気の理由その1:家賃相場が安い

2017年3月7日のSUUMO調べでは、

2LDKの家賃相場が、
恵比須 26万6千円
赤羽 14万2千円と、

圧倒的安さ!

Sponsored Links

赤羽の人気の理由その1:子育て家族が暮らしやすい

昔はおじ様たちの憩いの場として有名だった赤羽ですが、
現在は主婦の心をがっつりつかむ親子連れで楽しめるお店が増えているそうです。

手作りマフィン専門店 ガトーココ

約2年前にオープン、
手作りマフィンの専門店です。

店内は親子連れのお客さんで連日賑わってます。

30代主婦:
分からない材料が入っているなどがないので、安心して子供にあげられるなっていうので来てます。

30代主婦:
子育ての息抜きや、お茶したいなっていう時にあそこ行こうかって話になるので良く利用してます。

マフィンは1個 200円~

これらのマフィンを毎日一人で作っている、
店主の魚住真波さん、

赤羽にお店を作った理由は、
赤羽に親子連れが増えてきたため、親子で食べることが出来るマフィンが作りたいと思ったそうです。

子供が安心して食べられるように材料はすべて無添加、
きのこ型のマフィンは、外がサックサク、中はモチモチのお店オリジナル、
毎月新商品が出るそうですよ♪

営業時間:
火~木 11:00~17:30
金・土 11:00~19:00

GARABAKA  赤羽ジム

こちらは、総合格闘技のGARABAKA が運営するジムで、

夜は男性陣の激しい練習がメイン、


昼は、主婦がメインで汗を流しています。

女性限定キックボクササイズ、ママ☆キックです。

女性インストラクターによる指導のもとミット打ちでストレス発散、
汗を流すことで脂肪燃焼が期待できるということです。
注目するポイントは子供同伴OKという点、

30代主婦:
子供が2人いて、育児ストレスじゃないですけど、
子供は叩けませんが、ミットは叩けるのでストレス発散になってます。

30代主婦:
子供と一緒にOKということで、それが一番有難いです。

インストラクターの北濃友子さんは、
自身も子育てしながらジムに通っていた経験からこのコースを立ち上げたそうです。

北農さんは、
汗もかけるし、ストレスも発散できるし、
新しい趣味にもなっているようで良かったなって思ってます、ということです。

北区の助成制度

子供を育てやすい環境に日々進化している赤羽、
子供が成長するにつれ、家計への負担もどんどん多くなっていきますが、

多くの自治体が中学生までの医療費を助成を行っていますが、
赤羽のある北区はさらなる助成をおこなっているそうです。

北区役所政策企画部 企画課長 筒井久子さんによると、
高校生に関しては、入院医療費の助成も行っていて

「子育てするなら北区が一番」
というのをキャッチフレーズに掲げてより一層子育て政策に力を入れていこうと取り組みをしてきたとのことです。

子育てファミリーには暮らしやすそうな街ですね。

Sponsored Links