朝方嫌な夢を見てしまい、
目が覚めたら頭痛、

お天気が影響する低気圧性片頭痛というものがあるそうなので
もしかしたら、それ?

それよりも虫の夢や掃除しても綺麗にならないトイレの夢とか見ると、
体調が崩れる前触れって事が多いので、
今回もそういった夢だったので、
今日は早めに寝たいところです。

先ほどヤフーニュースを見たら、
トルコのカッパドキアで気球の墜落事故があり、多数の負傷者が出ているそうです。

気球の事故はかなり多い気がして、
調べてみたらカッパドキアでは過去にも事故があったようです。

他の気球事故なども併せて記事にまとめました。

Sponsored Links

トルコのカッパドキアの熱気球事故

カッパドキアの熱気球について調べてみると、
トルコの世界遺産カッパドキアを空から眺めることが出来る気球ツアーの人気は高く、
ツアー会社のサイトにも「奇岩から朝日が昇る景色は正に絶景」などたくさんの体験談が寄せられていました。

今回起きてしまった、気球事故では、中国や欧州、韓国からの観光客という事で、日本人が含まれているという情報は現在ないようですが、
49人もの負傷者が出ているそうです。

それにしても先月もデンマークで熱気球事故があり、一人が亡くなっている事を思うと、背筋が寒くなりました。

Sponsored Links

カッパドキアでは過去にも熱気球事故があった

2009年5月29日、
カッパドキアのネヴシェヒルで高度200mの高さから熱気球が墜落したということです。

熱気球に乗っていた大半の人はイギリス人だったそうですが、
この事故で、61歳の方、一人が死亡、9人が負傷したということです。

墜落した理由は墜落した気球に他の気球のバスケットがあたり、穴が開いたためということです。
風であおらてしまう事が想像できるので、複数の気球を一度に揚げてしまう事は危険ではないのでしょうか?
運よく寝坊してこの熱気球に乗れなかった夫婦もいたそうです。

ニュージーランドの気球事故

2012年には、
ニュージーランドのカータートンという小さな町で11人全員死亡という痛ましい気球事故がありました。

カータートンは熱気球の人気飛行スポットということで、この日の天気も良好だったそうです。

事故は、気球が送電線に接触、
男性一人、女性一人がゴンドラから飛び降りたあと、気球は急降下し墜落したということです。

死者多数の気球事故

1989年にはオーストラリアのアリススプリングスで熱気球同士が衝突、
13人が死亡、

2013年2月26日、
エジプトのルクソールでも気球が墜落、
19人が死亡したということです。

日本の熱気球観光は大丈夫?

全然知りませんでしたが、
日本にも熱気球観光はあったんですね。

北海道や埼玉・栃木・三重・兵庫・滋賀・長野・岐阜・奈良など、
たくさんありました。

調べてみましたが、
日本の熱気球事故の情報がつかめなかったので、ないという事で大丈夫でしょうか?

参考までに、このようなサイトがありました。
熱気球におけるリスクマネジメントについて

 

軽い高所恐怖症と、
飛行機でさえ信用できずに命がけの心境で乗り込む私にとって、
熱気球は1000万円くれると言われても乗る気がしないです。

このような事故が度々起こっても、
熱気球の人気が高いというのがどうしても理解できない私です。
家族や友達が乗ると言ったら大反対すると思いますよ、ほんと。

Sponsored Links