連日、森友学園とキムハンソル氏の投稿動画のニュースが続いてますが、

今日3月9日のミヤネヤでも、
森友学園の建設予定地の中継と、キムハンソル氏の動画ニュースを行ったり来たりしながら、目まぐるしくやりくりしていました。

籠池理事長をまごいけ理事長と間違えたり、
かなりアタフタした様子。

グッディの安藤優子さんは座った番組スタイルですが、
ミヤネヤは、宮根さんがたちっぱなしスタイルなので、疲労度合いでは宮根さんに軍配が上がりそうです。

今日は、夕方のニュース、Nスタで取り上げられたキムハンソル氏の動画分析について感じたことを記事をまとめました。
参考程度に見て頂けたらと思います。

3月13日追記訂正しました。

Sponsored Links

キム・ハンソル氏の投稿動画

キムハンソル君と思われる動画が投稿され、
連日報道されてますが、

世界各国でもハンソル君の身の上を案じる声がツイッターに寄せられているようです。

「君も家族も安全な場所にいる事を願っているよ」
「この家族には同情してしまう」
「ずっと無事でいて欲しい、正義は必ず勝つ」
「偽マスコミに騙されないようにね」

などなど。

まだ21歳、本来ならこれから夢や目標に向かって邁進していく年齢のはず、

父親が殺されてしまったことだけでも辛すぎる現実、
そのうえ、自分や家族まで命の危険を背負って生きて行かなければならない状況を思うと不憫でやりきれなくなります。

キムハンソル氏の動画の一部が黒塗りに理由とは?

この動画を投稿した狙いは何なのか、
誰に向けたメッセージなのか、

誰もが気になる事を、
あちこちのニュース番組で解明しようと色々な専門家を読んで分析しています。
Nスタでは、
まず、動画の一部に黒塗りの部分がある理由について分析、

・偽名を使っているからパスポートが黒塗りになっている。
→明らかになれば命の危険
・助けてくれた人物や国の名前を読み取られないように口元を隠した。
→名指しすることで迷惑がかかる、居場所がわかってしまう

このような誰もが思い描く分析でした。

匿名の国とはどこなのか?

動画で名前を明かせない政府に感謝という部分で、
果たしてその国がどこなのかを分析しました。

韓国メディアはハンソル氏が台湾にいるのではないかと報道していて、
報道が事実なら、

元々マカオに在住していたハンソル氏を中国当局が保護していたということになり、
Nスタの朴ディレクターによると、

支援してくれた中国のメンツを立てて中国と関係が良好でない台湾の名を伏せたのかもしれないということでした。

Sponsored Links

投稿動画からわかる事を分析

Nスタではさらに、
投稿動画を日本音響研究所の鈴木創氏が分析した結果を紹介、

50ヘルツのモーター音が聞こえる事から、
冷蔵庫やエアコン?の音が確認されたということです。

そこで50ヘルツの交流電源を使用している国を、
フランス、オランダ、アメリカであり、

60ヘルツは北朝鮮、韓国、台湾、アメリカであることなどをあげました。

***Nスタを見たまま記事を作成しましたが、
後にNスタでアメリカが50ヘルツであると間違って報道したことがわかりましたので、
間違った情報を訂正いたしました。

ボードのトップには、
今いる場所がばれる?との見出しも出ていました。

Nスタだけがこのような分析をしているわけではなく、
あちこち世界中で似たような報道があると思いますし、

こんな事から居場所が特定されてしまうとは思えませんが、

世界中で分析合戦が始まってしまうと、
ささいなところから今いる場所が特定されてしまうのではないかと、
胸がもやもや不安になりました。

Nスタの動画分析に批判

もしかして似たように感じた人がいるのではないかと、
検索してみると、

お悩みサイトに、
似たような疑問を感じた方の投稿があり、

また、
ツイッターにもニュース番組がハンソル氏の居所を分析する事への批判や過剰報道だというつぶやきもありました。

居場所を分析する報道へのツイッター

Sponsored Links