明日は心躍る東京マラソンだというのに、
テレビからは金正男氏のとんでもない殺害方法のニュースが流れていて、やりきれない気持ちになります。

早く真相が明らかになれば良いと思いながらも、色々な事実がわかってくればくるほど恐ろしいです。

先日グッディ空港でぐったりしている正男氏のお腹の入れ墨が見えない件について取り上げられた記事を書きましたが、↓

金正男のお腹の入れ墨が見えなかった理由に納得!?グッディで議論

フライデーもこの疑惑に参入してきました。
知人のフライデーを見せてもらっただけですが、覚えている限りを記事にまとめてみました。
モヤモヤすっきりしない方は、見て頂けたらと思います。

Sponsored Links

入れ墨仲間と肩を組む写真の場所は、高級ホテルのバーだった

金正男氏が友人とおぼしき仲間と上半身裸で肩を組み合っている写真がありますが、
この写真がどこで撮られたものかがわかっていませんでした。

さすが、フライデーです。
この写真が撮られたのは、シンガポールの高級ホテル、
マリーナベイサンズのクーデターというバーということです。

海パンでも履いている風に見えたので、プールサイドか?なんて思ったりしましたが、高級ホテルのバーだったとは。

入れ墨が自慢だった正男氏

正男氏はお酒が入ると気が大きくなり、人に絡むなどのトラブルを起こすことで有名だったそうです。
(セキュリティの黒人の人に絡むなど)

また、写真では入れ墨が肩やお腹の部分しか見えていませんでしたが、背中にも大きく入れ墨が入っていたそうです。

何でも背中が虎で、お腹が竜なのだとか。
そして、その入れ墨が正男氏にとって結構自慢だったようで、お腹よりも背中の虎が自慢だったそうです。

Sponsored Links

お腹の入れ墨が見えない件についてフライデーの見解は

殺害時に空港のカメラで撮られた画像で、見えていたお腹の部分に入れ墨がない件について、
フライデーでは、

仮設とした上で、
影武者の可能性があると。

お腹の入れ墨が簡単に消える智は思えないことと、
あまりにも正男氏が無警戒だったこと。

通常なら行きつけの食堂で食事をする時も、食堂の入り口にボディーガードを2人立たせており、
他の人に毒味までさせる警戒ぶりだったそうです。

なのに空港での無防備ぶりはあまりに不自然ということ。

自分が死んだことを既成事実化することで、
金正恩氏から逃れようという意図なのではなかいということです。

また、マレーシア当局側も、嘘の発表をする可能性があることなどが書かれていました。

もし替え玉だったとしてもあのような酷い殺され方をしてしまった人がいるという事実は変わらず、
モヤモヤも全く晴れません。

どちらにしても、このような仮設を安藤裕子さんにぶつけたら、怒られそうな気がします。

私は、ジーンズがローライズだったために、お腹のかなり下部分が出ていただけ、
隠れている部分に入れ墨が入っているというのが一番納得出来る気がしますが、

それにしてもお腹の入れ墨が竜だったことを考えると、竜の尾?のいち部分だけでも見えても不思議はないもしますが。

真相は神のみぞ知るでしょうか。
ムーが始まったので、ムーを見て気持ちを切り替えます。

こちらもご覧下さい↓
金正男の影武者説をMr.サンデーが解明した?!専門家が分析

Sponsored Links