東京五輪マスコットキャラクター選考メンバーにしょこたんが選ばれたことに注目が集まっていますね。
今まさに会議が行われているようです。

過去に蛭子能収さんが書いた東京五輪マスコットキャクターも面白かったですが、
今日のミヤネヤでは、蛭子能収さんが新たに五輪マスコットキャラクターを書きました!

またまた蛭子ワールド全開で、どうしたらこういう発想が出てくるのかもはや尊敬のイキです。

ミヤネヤメンバーのキャラクター提案もあったりしたので、合わせて紹介しますね♪

過去の五輪マスコットキャラクターの記事はこちら

Sponsored Links

そもそもマスコットとは?

マスコットの意味をパックンに聞いたら、
「マスコットはマスコットですよね」でしたが、

マスコットとは、
フランス・プロバンス地方の言葉で、
悪魔を意味するそうです。

悪魔だったなんて初めて知りました。

蛭子能収過去に提案した五輪マスコットキャラクター

蛭子さんが過去に書いた五輪マスコットキャラクターですが、
今も皆に癒やしを与えています。

蛭子さんの新バージョンマスコットはどんなふうに進化を遂げたでしょうか?!

蛭子能収五輪マスコットキャラクター2017「東京富士子」

ミヤネヤスタッフから頼まれて「えぇ~?」って言いながらも
渋々書いたキャラクターがこちらでした。

 

これはキャラクター?

 

日本の女性にはこんなボリューミーな人がいますよって世界に宣伝したいって♪

 

顔色が怖い・・・

パックンいわく、安藤なつさんの勝の文字が入ったはちまきは、アメリカ人に受けそうだということでした。
「こんなTシャツなら皆買ってくよ♪」

癒し効果大の蛭子さんワールド♪

蛭子さんの漫画本

そう言えば漫画って読んでないな~長い事。

と思ったら毎日読んでました!

猫村さんの1コマ漫画
こちら

メールアドレス登録すると毎日1コマずつ見ることが出来ますが、
1コマずつなので、ずっと読んでないと何も意味が分かりません。
(さかのぼってみる事も出来ます。)

 

蛭子さんのヘラヘラした笑い方や、
バス旅をしていてもすぐに疲れてしまうところなんて見てると、

もし忙しい時にそばにいたら、
キィー!!!ってイライラしてしまいそうだけど、

蛭子さんを見ていると、
自分がせかせかしてチッさい情けない人間に思えます。

キビキビ動いてバンバン仕事をこなすタイプじゃないのに、
トロトロしてるくせに、一丁前にイライラしたりしてって。

蛭子さんも結構イライラしぃだと思うんですけどね。

夜中なので何を言ってるかわからなくなりました。。。

Sponsored Links