始まる前は問題山積みだった平昌五輪も、

幕を開ければ大盛り上がりですね。

 

でもスポーツ苦手な人もいるはず。

会話に入れなくて困ったら、

珍エピソードで切り抜けてはいかが?

 

世界中が注目するイベントは、

珍エピソードも満載です。

 

2月15日のゴゴスマから、

平昌オリンピックの珍エピソードが紹介されたので、

記事にまとめました♪

Sponsored Links

歌手キムナムギがアリラン熱唱中に乱入者

平昌五輪では、

セレモニーや試合中に不審者が乱入する事件が数回発生。

 

一度目の乱入は、

開会式セレモニーでアリランの歌う歌手・キム・ナムギさんの横に、

不審者が突如現れました。

 

ナムギさんは真っ白の民族衣装をまとっていましたが、

乱入者は真っ赤な衣装でナムギさんよりインパクト大。

 

ナムギさんの横に立ち肩を組むように自撮りポーズをするなど、

演出のような堂々としたパフォーマンスを見せました。

 

よもや乱入者とは思えず、

演出と勘違いした人も多いかも。

 

ナムギさんは、

困惑しながらもまっすぐ前を見て歌うしかなく、

やがて乱入者の男性はスタッフに取り押さえられ退場。

 

その後もセレモニーに再度乱入し、

結局書類送検されたそうです。

 

韓国系アメリカ人だそうですが、

乱入した意図はなんだったのでしょうかね?

 

いずれも警備を上手くすり抜けたようですが、

警備が手薄なのか大きな事件にはならなくてよかったです。

金正恩氏そっくりさんに美女応援団笑う?

ちょっと心配になってしまった珍エピソードです。

 

平昌五輪開催前から、

トランプ大統領と金正恩党委員長のそっくりさんが、

メディアで話題になっていますが、

 

2人が仲良くつるんでいるショットには、

何かとてつもない安堵感を感じてしまいます。

 

そっくりさんの2人は、

平昌五輪でもその姿を見せました。

 

 

北朝鮮の美女応援団の前に金正恩委員長のそっくりさんが登場した時の動画がyoutubeにありました。

怪訝な表情をする女性とは対象的に、

思わず笑ってしまった美女応援団の女性数名。

 

普通なら誰もが笑って済ませられる場面ですが、

これが北朝鮮の最高指導者・朝鮮労働党金正恩委員長のそっくりさんであることが問題。

 

笑ってしまった女性も、

すぐに硬い表情に戻ったりしていましたが、

 

もしかしたら後ろから、

「笑うな!」と指示があったのかもしれません。

 

思わず笑ってしまった女性も、

ことの重大性に気がついて愕然としたのではないでしょうか。

 

何事もなく、

収まれば良いと心から願います。

 

珍エピソードというよりも、

笑ってしまった女性のその後が心配になるエピソードでした。

子どもが見たら泣くレベルの人面鳥

平昌オリンピックに限らず、

開会式のパフォーマンスは大きな見どころですが、

 

平昌オリンピックでも、

圧巻のパフォーマンスが繰り広げられました。

 

山の神の使いである虎の舞の次には、

白虎の仲間たちが次々に登場。

 

感心してみていると、

突如奇妙な物が出現。

 

じ、人面鳥!!!

 

韓国では、

縁起物ということですが、

海外の反応は微妙。

「子どもが見たら泣くレベル」

「怖すぎる」など、

 

何か夢に見てしまいそう。

笑っている表情とかだったら良かったのかな?

 

微笑んでいたら、

それはそれで怖いかも。

 

開会式のパフォーマンスのNHK動画がyoutubeにありました。

Sponsored Links

トンガの選手マイナス7℃で上半身裸

平昌オリンピックでは、

開催前から尋常じゃない寒さが大きな話題になっていましたが、

 

そんな極寒の開会式で、

トンガのスキー・クロスカントリーのピタ・タウファトファ選手34歳が、

 

なんと上半身裸で登場しました。

裸の上半身にはココナツオイルを塗り、

下半身は民族衣装の巻物のようなものだけ。

 

カッコイイ!!!

の前に身体は大丈夫なのか心配になってしまいました。

 

ココナッツオイルを塗ると、

保温対策になるんでしょうか?

 

そしてピタ選手は、

”テコンドー、スキーの次は水に関係したものかな?”と、

東京五輪へも意欲を示しているそうです。

 

その姿を東京で見てみたいですね♪

 

たった一人で入場行進するピタ選手の有志↓

NHKyoutube動画

フィギュアのミン・ユラ選手の衣装がハラリ

 

この珍事には、

男性陣の目がくぎつけになったのではないでしょうか。

 

2月11日、

フィギュア団体アイスダンスの演技中に、

ミン・ユラ選手の衣装の背中のホックが外れ、

 

胸元が露出してしまう危機に見舞われました。

ペアのガメリン選手が衣装を押さえながら演技を続け、

 

なんとか無事にフィニッシュを迎えましたが、

 

衣装を抑える姿も、

かなりセクシーなイメージに。

 

ミン・ユラ選手は、

”中断しようと思ったけど、

応援を聞いていたらできなかった。

次は服をしっかり着て出たい。”

とコメント。

 

フィギュアでは、

露出が多いと減点になってしまうそうですが、

今回は減点がなくてよかったですね。

 

国際スケート連盟のルール:

・衣装の一部が落下する。

・露出度の高い印象を与えない。

・裸体を思わせるものもNGなど。

 

意図したことではなくて、

アクシデントでも減点になるんですね。

 

2012年全日本選手権のフリースケーティング演技中に、

高橋大輔さんが衣装の羽を落としてしまった時は、

1点減点となってしまいました。

 

まさに衣装の一部が落下するに該当してしまったからでしょうか。

 

ミン・ユラ選手は、

落下したわけではありませんでしたが、

裸体を想像させるに該当はなし。

 

想像した人は多かったかも?

 

ちなみにゴゴスマコメンテーターで出演している、

田中ウルヴェ京さんによると、

 

シンクロの時に鼻つまみが取れてしまったら、

とてもじゃないけど演技なんて続けられない。

それでもデュエットなどで選手同士が近づいて演技する時に、

手があたって鼻つまみが取れてしまうときもあり、

 

選手は必死に鼻を真っ赤にさせながら、

演技をすることもあるそうです。

 

鼻が痛いどころの騒ぎじゃないらしいですが。

イマドキ女子クロエ・キム試合中にツイート

2月12・13日行われたスノーボード女子ハーフパイプの米クロエ・キム選手17歳が、

試合中にツイート、ファンを凍りつかせたというエピソードがありました。

 

12日の試合中に緊張をほぐすためなのか、

”今アイスクリームを食べたい気分だわ。”

とツイート。

 

するとファンから、

”あなた今競技中じゃないの?”

とコメント。

 

するとクロエは、

”そうよ”

と返信。

 

翌13日の決勝では、

”朝のサンドイッチ食べ終えとけばよかった。

~中略~腹ペコでイライラしそう。”

とツイート。

 

空腹状態のまま試合に挑み、

結果はなんと見事金メダルを獲得!

これで全然駄

目だったっていうなら、

”ほら集中してないからだよ”

って言葉が飛んで来ること間違いなしですが、

 

実力が伴っての余裕なので、

カッコイイ事この上ないです。

 

イマドキ女子のクロエ・キム選手のお見事エピソードです。

謎のモルゲッソヨ像は弾丸マン

平昌にあるメインプレスセンター前に、

男性の肉体を型どった謎のオブジェがあって、

 

世界中のの報道陣がゾクゾク集結しているという、

エピソードがありました。

 

これが一体何の像なのか?

報道陣がボランティアスタッフに尋ねてみると、

 

口を揃えて、

”モルゲッソヨ(知らないです)”との返事。

 

なので、

モルゲッソヨ像と呼ばれているそうです。

 

で、この場所は、

報道陣の待ち合わせ場所になっているそうです。

何か笑える♪

 

ちなみにこのオブジェ、

作家のキム・ジヒョンさんが、

2008年に発表した「弾丸マン」という作品だそうです。

 

日本にも珍オブジェがありました♪

 

世の中は楽しいものだらけですね♪

以上です。

Sponsored Links