加齢臭というと、

気になるのは汗を大量にかく夏のイメージがありますが、

 

冬のほうが加齢臭が起こりやすいそうですよ。

 

2月14日のリトルトーキョーライフから、

冬の加齢臭対策・レモンタオルマッサージについて、

記事にまとめました。

 

加齢臭にレモン、

ピンときませんが中々の効果があるようです。

Sponsored Links

加齢臭で嫌われたくない

「部屋中、加齢臭の臭いで充満していて辛い」

「加齢臭の人が傍を通る時は息を止めている」

 

そんな厳しい声があがるほど、

女性から嫌われてしまう男性の加齢臭ですが、

女性だって加齢臭ありますよね。

 

リトルトーキョーライフでは、

男性の加齢臭として紹介されましたが、

女性にももちろん効果があると思うので、

気になる方はチェックしてくださいね。

冬のほうが起きやすい加齢臭

実は、汗をかく夏よりも、

乾燥する冬のほうが加齢臭が起こりやすいんですって。

 

そもそも加齢臭とは、

皮膚から出た皮脂が酸素に触れて酸化、

その時にニオイ物質が発生したもので、

 

皮脂は若いときよりも歳をとったほうが出やすく、

ニオイ物質も発生しやすいのだそう。

 

皮脂は乾燥から皮膚を守ろうとする働きがあるため、

乾燥しやすい冬のほうが皮脂の分泌が多くなり、

加齢臭のリスクが高くなるということです。

 

ゴシゴシ洗いで皮脂を落とし過ぎると肌がカサカサになるし、

皮脂が多いと臭い物質が出てしまうしで、

扱いが難しいですね。

冬の加齢臭対策とは?

そんな厄介な冬の加齢臭を改善する方法が紹介されました。

 

紹介したのは、

金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長の内野勝行先生。

 

リトルトーキョーライフでは2度めの出演、

かなり面白い先生です。

Sponsored Links

レモンタオルマッサージのやり方

内野先生が紹介したのは、

レモンタオルマッサージです。

 

レモンマッサージは、

レモン汁を搾って染み込ませたタオルを使って、

臭いの発生しやすい場所をマッサージするだけ。

 

用意するもの:

・タオル1枚

・レモン2個

レモンタオルの作り方:

①レモン2個を搾る。

 

②タオルにたっぷり染み込ませる。

③軽く絞って完成。

加齢臭の発生しやすい場所:

首の裏・ワキ・胸

この部分をタオルで揉み込むようにマッサージする。

ゴシゴシこすらずに、

やさしく揉み込むように体に染み込ませるように行うのがポイント。

なぜ加齢臭に効果があるの?

時間が経つとすぐにレモンの香りが消えてしまいそうですが、

 

これはレモンの香りを香水的に使うのではなく、

レモンに含まれるビタミンCを塗り込むのが目的。

 

ビタミンCは、

抗酸化作用があるので皮脂の酸化を防ぐ効果があるそうです。

 

さらに短時間でも、

レモンの香りが残るので爽やかさもプラス♪

レモン搾るの面倒くさい

でもいちいち外出前にレモン絞りなんて、

面倒なことこのうえないですよね。

 

 

市販のレモン果汁でも代用は可能ということなので、

お出かけ前にはポッカレモンなんかを使うと便利ですね。

 

ただし市販のレモン果汁は、

ビタミンCの量が多少少ないそうです。

 

効果が少なくなるとは言え、

ハードルが低いので試す価値ありですね。

 

お出かけ前にはポッカレモンタオル、

時間があるときのケアには生レモンタオル。

 

使い分けると良いかも。

以上です♪

Sponsored Links