2月12日の中居正広の身になる図書館は、

愛されマナー術が紹介されました。

 

わかっているようでも、

いざとなると出てこない常識ってありますよね。

 

50代にもなって知らないでは、

恥ずかしいかも。

 

今後のために記事にまとめました。

見逃した方は参考になさってくださいね。

Sponsored Links

Q:手土産を渡す時に添える言葉

Q:「つまらないものですが」に変わる言葉とは?

 

 

正解:「心ばかりですが、

梅ひじきです。
とっても美味しかったのでおすすめでございます。」

 

心ばかりですが、に加え、

自分が食べて美味しかったものを召し上がって頂きたいという、

相手を思う気持ちがコメられている。

感謝の気持ちを込めてへりくだった、

とても便利な愛され言葉。

Q:季節外れの贈り物ののし紙

Q:何かの節目以外の贈り物ののし紙にはなんて書けば良い?

例:義母からお世話になった先生に贈り物をしてほしいと頼まれた嫁

お歳暮でもお中元の時期でもない贈り物ののし紙にはなんて書けば良いのか?

 

正解:「心ばかり」

「心ばかり」はかなり使える言葉なんですね。

季節によるのし紙の表書

ちなみに、

1/1~1/7(松の内) お年賀

1/8~2/3 寒中御見舞

2/4~2月末 予感御見舞

3月~5月末 松の葉

6/1~7月の梅雨明け前まで 梅雨御見舞

7/1~7/15 お中元

 

*松の葉はオールシーズン使えるが、

「まつのは」とひらがなで書くのは目下に対する書き方なので好ましくない。

必ず漢字で書くように。

Q:「寸志」は使われなくなった?

昔はよく書かれていた「寸志」ですが、

最近は字のイメージからあまり好まれずに使われなくなったそうです。

Q:目上の人に遅刻を伝えるメールの文章

Q:目上の人との待ち合わせに15分ほど遅刻をしてしまう。

電話しても相手が出ない時にメールでどのような文章を送れば良いのか?

 

正解:件名:申し訳ありません。

本文:会場に着くのが15分ほど遅れます。

おまたせしてしまうこと

お許し下さい。

 

件名を読んだときから遅れることがわかり、

相手への謝罪の気持ちが伝えられている。

文章が短く簡潔であることが望ましい。

長いと言い訳に思われてしまう。

Sponsored Links

Q:帰らない訪問客にどう伝える?

Q:いきなりの訪問客を夫が家にあげてしまった。

用事があるのに中々帰ってくれない訪問客にどのように伝えれば失礼にならないのか?

 

正解例1:近所にお好みのお店があるので

お時間があったら行ってみますか?

一緒に家を出るように誘えば追い出された感じがなく好印象。

ただ、自分たちに用事がある時はお店に置いてけぼりにすることになるため、

「駅までご一緒しましょうか?」と言う形で誘うと良い。

 

正解例2:すみません、

夫がどうしても◯時に出なくてはなりません。

謝罪して正直に伝えれば相手を不快にさせない。

 

模範解答3:

(プラス要素)今日は楽しくて時間を忘れてしまいました。

(マイナス要素)このあと10分後には家を出ないといけないんです。

よろしければ一緒に外に出ましょう。

(プラス要素)楽しかったので、

お話の続きは今度聞かせてもらって良いですか?

マイナス要素の言葉をプラス要素の言葉で挟んで伝えると相手に不快感を与えずに愛されどがアップする。

Q:急なお誘いメールには何て書く?

Q:家族で行くはずの映画に夫が行けなくなった。

チケットは購入済みで息子は義母を誘えばよいという。

明日の映画なので前日の夜に急な誘いのメールをしなくてはならない。

どう誘えば失礼にならない?

 

正解例1:件名:息子からの急なお願い

本文:息子が大好きなおばあちゃんと、

ドラえもんの映画に行きたいと申しております。

明日のご都合はいかがでしょうか?

息子が大好きなおばあちゃんと行きたいと伝えるのは、

ポイントが高い。

 

正解例2:件名:突然ですが

本文:お母様、

宜しければ明日ドラえもん春の新作映画を

ご一緒にいかがでしょうか?

今度はドラえもん達が宝島の謎に迫るそうです。

楽しみですね。

ご一緒にいかがでしょうか?は、

相手に選択権を与えて柔らかな印象になるので、

お誘いメールの場合は愛されどアップ!

 

以上です♪

 

私が一番困るのは、

丁寧な手紙を頂いた時。

 

心のこもった丁寧なお手紙を頂いた時に、

嬉しいのと同時にかなり焦ります。

 

なぜなら、

字が下手で、

良い年をしてうまい言葉見つからない。

 

年を取れば自然と身につくなんてものは、

何一つないんですよね。

身につけようと思わない限り。

 

年々深く反省することが多くなるばかりです。

Sponsored Links