我が家の北側のベランダには、

まだ雪が溶けずに残ったままですが、

 

今週木曜日~金曜日あたりにまた、

雪が降るかもらしいですね。

 

何が嫌って、

凍った道で滑るのが一番恐怖です。

 

万全の備えがあれば良いですが、

滑り止めを買い逃した人もいるかも。

 

1月30日のグッディで紹介された、

靴の滑り止めの応急処置やその他もろもろを、

記事にまとめたので参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

靴の滑り止め応急処置はこれ!

大丈夫かな~と思って、

普段履いてるブーツで通勤したら、

ツルッツルッで一歩も歩けない。

 

お洒落を優先する若い女性には、

ありそうな話ですが、

若い時ならいざしらず。

 

私の年齢でころんだら、

笑うどころではありません。

 

滑り止め機能のついた靴や、

アイテムを使うのが一番ですが、

 

それが今手元にないのよ。

 

そんな時の対策が、

グッディで紹介されました。

対策1:バンドエイドを2箇所に貼る

靴の裏にバンドエイドを貼るだけ。

 

貼る場所は、

爪先部分とかかと部分の2箇所。

こんなんで効果あるのか、

今ひとつ信じられませんが、

ストッパーの効果があるそうです。

 

効果の程を調べてみると、

普通の貼るタイプの滑り止めでさえ、

割とすぐに剥がれてしまうそうなので、

 

長持ちはしないかも。

ほんとの応急処置ってやつですね。

他に何もない場合は試してみてください。

対策2:輪ゴムを巻く

靴のつま先側に輪ゴムを巻くだけ。

こちらのほうがかなりストッパーとして、

効果がありそうですね。

 

剥がれることもないし、

心強い気がします。

 

輪ゴムといっても、

細いフニャフニャタイプではなく、

 

ある程度太さがあるものが良さそうです。

 

あくまでも応急処置なので、

カッコ悪いとかは無しです。

 

グッディでは、

こんな商品も紹介されました。

タイヤチェーンと出てますが、

靴の裏にスプレーする使い方もあるそうですよ。

 

大雪になりませんように!