美容にも健康にも良いとされる、

甘酒の人気は、衰え知らずですね。

 

私も酒粕を常備していて、

ほぼ毎日飲んでます♪

 

1月18日のWBS白熱ランキングは、

甘酒の売上人気ランキングでした。

 

どの甘酒が人気になのか、

記事にまとめたのでチェックしてみてくださいね♪

Sponsored Links

 甘酒売り上げランキング

今日のWBS白熱ランキングは、

楽天市場の2017年12月10日~18年1月9日までの、

売り上げランキングです♪

10位:樽の味 糀の甘酒ギフトセット

9位:マルコメ プラス糀 糀甘酒LL

マルコメは、

甘酒を使ったスイーツや、

料理のレシピを公式サイトで紹介しています。

 

動画もあるので、

迷うこと無く作れてしまいます。

マルコメの甘酒レシピサイトはこちら

8位:レノアコーポレーション 玄米甘酒

7位:ふみこ農園 紀州フルーツ甘酒 6種セット

梅やみかんなど、

様々な果汁が加えられたカラフルな甘酒セットは、

贈り物として大人気商品。

6位:ヤマク食品 あま酒

5位:栗原商店 河童の甘酒 食べる糀

4位:華 米麹有機玄米あまざけ

国産の有機玄米を使ったあまざけ。

中身はかなり濃厚。

ドロドロしているので、

水や豆乳などで薄めて味を調整するのが一般的ですが、

 

同じ発酵食品のヨーグルトに、

そのままかけることで、

ヨーグルトの酸味と甘酒の甘みが絶妙にマッチするそう。

3位:八海醸造 こうじだけで作ったあまさけ

新潟の銘酒・八海山の製造元である八海醸造が作った甘酒。

普通種と同じ精米歩合60%まで研いた甘酒専用米を使い、

米麹と水だけで作られた本格派。

 

八海醸造の直営店・千年こうじや神楽坂店では、

千年こうじや神楽坂店の食べログはこちら

糀ドリンクと書かれたメニュー。

ここでは、

甘酒にきなこを混ぜた、

きな粉ラテ

新潟産の赤じそジュースと合わせた甘酒などを、

テイクアウトで販売しています。

 

この糀ドリンクは、

JALの機内誌でも取り上げられ、

新たな甘酒の飲み方として紹介されているそう。

 

チーズなどの発酵食品に馴染みのある欧米でも、

甘酒人気は徐々に広まっているということです。

2位:篠崎 国菊 あまざけ

1位:厚生産業 こうじや里村 あまざけ

 

毎日欠かさず飲んでいたら、

お肌つるつるピカピカになるのでしょうか。

 

少なくとも、

腸は健康になりそうですね♪