冷え性の人にとって、

冬の期間は普通の人以上に長いですよね。

 

春先も秋口も夏だって、

エアコンによる冷えがあったりで、

1年を通して冷え性からは中々脱却できません。

 

今日は、

私が4年近く愛用している足湯器について、

メリット・デメリットなどを記事にまとめました。

 

足湯器による体温の上昇についても、

個人的経験を書いたので参考にしていただければと思います。

Sponsored Links

足が冷えて手も冷える

足が冷えると、

腰もお腹も冷える。

手も冷たくなる。

そして頭が痛くなる。

 

それがいつものパターンなんですが、

寒さと頭痛って連動してませんか?

 

体温を測ると35℃台が多くて、

ともかく、

冷えることで一気に体調が悪くなる体質です。

 

**低体温のほうが長寿という情報もあるので、

低体温が悪いということを言いたいのではありません。

パソコン作業が寒くてつらい

足湯器を購入するきっかけは、

パソコン作業をする足元が寒かったからです。

 

の記事に書きましたが、

PCデスクの足元が寒い!机の下の電気ストーブは低温やけどの危険

 

北東のスペースにあるPCデスクの足元が寒くて、

色々な暖房器具を試してきました。

 

でもどれもこれも、

温まる暖房器具は皆無。

 

最終的にたどり着いたのが、

脚温器ぽかぽか足湯器ミニでした。

脚温器ぽかぽか足湯器ミニ

購入したのは2014年3月です。

今も全く同じ仕様なのかはわかりませんが、

開封した時

 

足を入れる軽く起毛した布は、

マジックテープで4箇所ほど止める仕様になってるので、

シーズンオフでしまう前にはおしゃれ着洗いで洗濯してます。

底の部分

スイッチ部分

 

脚温器ぽかぽか足湯器ミニ4年目の口コミ

脚温器ぽかぽか足湯ミニは、

私のパソコンデスクの環境と私の身体にはピッタリでした。

 

でも、かなりマヌケなビジュアルと「足湯」という文字に、

最初はかなり抵抗がありました。(汗)

 

「まっ、デスクの下に入れてしまうから良いか、

ウッディだしインテリアにも溶け込むかも。」

 

そんな感じで使いだした足湯器ですが、

来訪者からは「なにそれ?」と笑われる始末。

 

心が折れながらも、

使い出したら凄く温まるではないですか。

 

電気ストーブも、

パネルヒーターもファンヒーターも、

足の甲や指先、足の裏、スネ全てが温まる物は皆無でしたが、

 

足湯器だと、

収まっている部分全てが温かい。

 

温かいというより、

ポッカポカの湯たんぽになります。

 

足湯器に入って温かい食事なんてした日には、

汗をかいて着ているものを脱ぎ捨てるほど。

 

かなりの感動でした。

ポカポカ足湯ミニとデラックス

当初デラックスとミニサイズのどちらを買うかで、

悩みましたが、

 

デスク下に入れて使うという点で、

ミニサイズを選択しました。

 

デスク下でデラックスを使うと、

足の抜き差しで天板に当たったりして、

ストレスがたまりそうだったので。

 

ミニサイズだと足のふくらはぎ中心くらいまでしか深さがないので、

出てる部分が寒そうという心配もありましたが、

 

全然大丈夫。

スカートの人とか薄着の人とかは寒いかもしれませんが、

冷え性の人って保温力高い衣類を着てますよね。

 

最初は、

フリースのガウンとか着て足湯に入っていても、

 

足湯で温まってくると、

身体全体が温まってきます。

 

こんなに良い良いと書きましたが、

デメリットもあります。

ポカポカ足湯ミニのデメリット①

ぽかぽか足湯には、

オン・オフ→弱→強

この3つの切り替えしかありません。

 

ところがどっこい、

強にして使ったことはこれまで一度もないのです。

 

それは弱が異常に熱いから。

最初はちょうど良い暖かさと感じますが、

 

長く入れてると、

かなり熱くなるので足を抜いたり入れたりを繰り返すことになります。

弱でなぜこれほど熱いのか

なぜこれほど弱で高温なのか、

考えるに私のように長く使う事を想定していないからではないかと。

 

足湯器なので、

暖まれば終了。

 

早くあたためるために、

ある程度高めの温度が必要だからではないかと。

 

勝手な想像ですが。

ミニサイズのメリット

抜いた足は、

足湯器の上において休ませたり、床におろしたりなど、

いろんなポーズで休ませてます。

 

足の抜き差しがしやすいという点で、

ミニサイズを選んでよかったと心底思います。

 

デラックスだと、

デスクの下では簡単に抜き差しができないし、

 

高さがある分、

ミニ以上にインテリア的に気になる物体になりそうだし。

 

 

 

大体片足入れて、

片足抜いてる感じで使ってます。

 

交互に入れ替えたり、

無意識に行ってる感じですかね。

お年寄りは低温やけどの注意が必要かも

ただお年寄りは注意が必要かも。

 

年を取ってくると、

熱いとか冷たいとか、

寒いとか暑いとかの感覚が乏しくなりがちです。

 

布団の中に入れた電気あんかが、

かなり熱くなっていても、

気が付かずに低温やけどをしてしまう人も多いと聞きますし。

 

足湯器だって、

弱でも足を入れっぱなしで使っていたら、

低温やけどの心配だって出てきます。

 

使い始めて4年目、

びっくりするほど長時間使う私ですが、

今のところ足裏のやけどとかはありません。

 

電気ストーブではしっかり低温やけどしましたが。

 

でも、

この足湯は素足で使うのではなく、

靴下必須です。

ぽかぽか足湯器のデメリット②

なにせ、

スイッチのランプが小さくてオンオフが確認しにくい。

 

部屋を真っ暗にしてから見ないと、

ランプでオンオフを判断するのは無理があります。

 

それと弱と強の位置も全体が白なので、

わかりにくい。

 

特に老眼がひどい私には、

すごくわかりにくい。

 

消したつもりでつけっぱなしで、

翌日気がつくなんてことが、

しばしばあります。

 

タイマーを組み合わせたり、

スイッチプラグを使うとか、

工夫すれば使いやすくなるかも。

 

と思ったら、

値段は高くなりますが、

現在はタイマー付きで温度調節付きも販売されていました。

楽天市場「ぽかぽか足湯ミニ RJ805」検索結果はこちら

Amazon「ぽかぽか足湯ミニ RJ805」検索結果はこちら

 

なんにせよ、

毎年冬になると引っ張り出してきて4年も使っているので、

満足していることは間違い無しです。

 

ただ、

口コミを探してみると、

ミニサイズを買って大失敗だったという方もいるので、

評価はそれぞれですね。

 

その方は、

たしか深さが足りないために出ている部分が寒いという点と、

弱なのに熱すぎるという点、

スイッチオンオフがわかりにくいという点で大失敗だったと書いてた気がします。

 

デメリットは共通ですね。

 

今回の私のこの記事も、

私個人の個人の口コミとして参考にして頂けたらと思います。

 

ちなみに400wで使っていた電気ストーブよりも、

電気代はずっと安く済んでいます。

かなり長時間使ってますが。

 

これがない冬なんて考えられないほどハマっている暖房器具です。

足湯器で体温上昇

これは期待していたことではないし、

良いのか悪いのかもわかりませんが、

足湯器を使っていると体温がかなり上昇します。

 

当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、

 

いつも35℃台だった体温が、

足湯を使っていると37℃台になり、

普段の体温も36℃台のときが結構多くなりました。

 

普段の体温の上昇が足湯器のせいなのかは不明ですが、

可能性の1つとして足湯器もあるかな?って思ってます。

 

参考になるでしょうか?

Sponsored Links