12月11日のトレたまは、
触ってわかる腕時計でした。

どのようなシチュエーションで、
役立つものなのか?

記事にまとめたので、
チェックしてみてくださいね。

今日のトレたまは、
片淵茜さんでした♪

Sponsored Links

触れば時間がわかる時計とは?

会議中や映画館、

はたまたお説教されているときなど、

今何時かな~?
と思っても中々時間を確認できないことってありますよね。

そんな時、
触れば時間がわかる腕時計があったら便利ですよね。

そんな腕時計が紹介されました。

外側のボールが時間、
内側のボールが分を指し示しています。

横から見ると、
ボールは文字盤から少し盛り上がっていて、

触ると時間を確かめることが出来るんですね。

なぜ、内側に分が配置されているかというと、

今何時という事はだいたい把握されていることが多く、

知りたいのは分の方だからということでした。

 

確かに!

慣れるまで1日くらいかかるかも?

慣れるまでは、
ちょっと時間がかかりそうな気もしますが、

時計だけに。。。
なんちゃって~~

 

実際、
片淵茜さんも時間を把握するのに少し戸惑ってた様子。

 

でも1日ほどで、
慣れるそうですよ♪

Sponsored Links

何故この時計を開発したの?

この時計を開発したのは、
イーワン・ジャパンという会社で、

会社の代表は、
マサチューセッツ工科大学の留学生当時、

授業中に隣の席の友だちに、
「今何時?」と時間を幾度も聞かれたことがあったそう。

 

その友だちが視覚障害者だったと、
後でわかったことがきっかけだったそうです。

加藤健人選手とコラボの日本限定モデル

実はこの時計、
アメリカのクラウドファンディングで注目を集め、

今回は、
日本で独自のものを作るということです。

ブラインドサッカーの加藤健人選手とコラボレーションした日本限定モデル。

パラリンピックの正式種目でもあるブラインドサッカー、

日本のサッカーに馴染みの深い濃い青を使うことで、

障害者スポーツへの認知度を高めていきたいということです。

触る時計 Bradley  日本限定モデル 4万6332円
*2018年発売予定

デザインがシンプルでカッコイイと、
大浜キャスターも言ってましたが、

本当にかっこいい!

男女とも、
合いそうですね。

デザイン色々↓

 

 

実際に95%は健常者が買っているそうです。

欲しい人いっぱいいそう♪

Sponsored Links