冬になると、
デスクワークでの冷えに悩む女性が多いですよね。

エアコンがついていても、
背中や足腰が冷えて仕方がない。

そんな人に最適なトレたまが紹介されました。

11月20日のWBSより、
記事をまとめました。

Sponsored Links

自分の熱で温まる遮熱パネルとは?

エアコンがなくても温かく過ごせるという商品を開発したのは、
日本遮熱さん。

屏風のようなパネルで囲うと、

自分の熱を反射して、
自分の熱であたたまることが出来るのだそう。

遮熱パネルの仕組みとは?

仕組みは、
パネルの表面に貼ってある遮熱材という反射材が貼ってあり、

体温が反射材によって反射され、
再び身体へ戻るというもの。

足元も遮熱材で囲うことで、
体温を逃さないようにしています。

実際にそれ程効果があるものなのか、

囲いを外してみると、
寒い!

かなり効果がありそうです。

オフィスに最適

オフィスでも、
出入り口の近くや、

窓の近くなど、
場所によって寒さが違いますよね。

こんな遮熱パネルがあったら、
すごく快適そうです。

頭寒足熱で仕事の効率アップ

体温以上に温まることはありませんが、

頭は覆われていないのですっきり。

頭寒足熱で、
仕事の効率も上がりそうですね。

何だか囲われていることで安心感もありそうだし。。。

頭寒足熱システム GOUKAKU 3万6000円(税別)~

光熱費が1/3に

実は日本遮熱は、
工場や住宅に遮熱材を供給するメーカーです。

社員全員がこの商品の試作品を使った所、
光熱費が1/3に減ったということです。

オフィス以外にも、
受験生や寒い環境でパソコンする人に良さそうですね。

 

野口社長は、

”一般の人に遮熱と言うものを知ってもらい、
普及させていきたいので、

ものづくりシフトに変えました。

介護用の寝具や、
避難用の器具、

アウトドア商品などを企画していて、
全て体温を熱源にして反射利用するものを作っていきたい”という意気込みです。

Sponsored Links