花束ってもらう時も贈る時も、
ときめきますよね。

最近では、
仏壇やお墓参りのお花の購入がメインになってますが、

11月15日のWBSトレたまは、
思い出からブーケを作るというマシンが紹介されました。

記事にまとめたので、
チェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

思い出で花を選ぶAIマシンとは?

マシンはこちら。

なんかレトロな雰囲気。
ゲームセンターにあっても不思議じゃない気もします。

まずは思い出をカメラで撮影。

トレたまでは、
スタッフの結婚式の時の写真を使いました。

スマホごとスキャナーで読み込ませ、

マシンの中に思い出の香りの付いたハンカチを入れて、
スイッチオン!

するとマシンのAI(人工知能)が匂いと写真を分析して、
似たような香りの花を選んでくれるというもの。

まるで新婚夫婦の甘さを思い起こさせるような花が選ばれました。

パチパチパチパチパチ。。。

どういった仕組み?

このマシンが匂いを数値化し、
その数値に近しい花をマッチさせて選んでくれるという仕組みでした。

思い出の品をスキャンするのは、
どういった意味があるのかな?

もう少し詳しく知りたかったかも。

納豆でも花が選べる?

花の香で思い出が蘇るマシン。

北村まささんは、
何と、納豆と自分の写真を用意。

多分大丈夫と言われ、
いざマシンへ投入。

選ばれたのは、
コンパニオンというユリでした♪

さすがに納豆と同じ香りの花ではありませんでしたが、
AIは匂いの強い花を選んだようです。

販売日はいつ?

このマシンを開発したのは、
リベルテという会社。

仕入・販売企画部の上野恵子マネージャーによると、

”花を買うということが当たり前の文化に出来たら良いな~と思っています。
まだまだ恥ずかしいと感じる人が多いですからね、”ということです。

確かにたしかに。
男性だと余計にそうかもしれません。

花を気軽にプレゼント出来るって素敵ですよね♪

商品名は、
キヨクカオリFlower Gift

残念ながら、
販売は未定とのこと。

Sponsored Links