毎年発表されている住みたい街ランキングが、

今年もwBSで紹介されました。

それとともに発表されたのが、
穴場の街ランキング。

自分の住んでいる街が1位ってことはないだろうな~と思いながら毎年気になってしまいます。

今年はどんな街が人気だったのか、
記事にまとめました♪

Sponsored Links

住みたい街ランキング2017

SUMO調べの住みたい街ランキングは以下になります♪

 

5位:品川

4位:目黒

3位:横浜

2位:恵比寿

1位:吉祥寺

圧倒的におしゃれな街が多い印象ですね。
毎年ランキングに上がる街は変わらない印象があります。

穴場の街ランキング2017

こちらもSUMOの穴場だと思う街ランキングより作成されました。

9位:東武東上線 和光市

9位:東京メトロ 千代田線 綾瀬

8位:JR京浜東北線 川崎

2016年の50位から8位へといきなりトップ10入り。

川崎は工場地帯や歓楽街があり、
昔から良いイメージを持ってない人もいましたが、

今では住みやすいなんでもある街となっていました。

駅には大型商業施設が隣接、
買い物も便利に。

交通の便もよく、
電車を使うと品川や横浜まで10分。

でも今回大幅にランクアップした理由は、
家族で暮らしやすいこと。

川崎市は今年待機児童ゼロを達成!
子育て支援に積極的なことが、

家族連れを惹きつけていました。

7位:JR山手線 田畑

6位:JR山手線 巣鴨

5位:JR山手線 駒込

4位:JR山手線 大塚

3位:JR山手線 池袋

なんと、
3~7位は全て山手線。
北側エリアになっています。

山手線の中ではちょっぴりマイナーなイメージの駅になっています。

SUMOによると、
こうした街を好むのは30~40代の1人暮らしの男性。

30~40代のシングルの男性は、
若い人がワンサカ溢れている街は疲れてしまうから嫌。

それよりも商店街がしっかりあり、
顔なじみの店ができそうな街のほうが好む声が多いそうです。

2位:JR京浜東北線 赤羽

1位:JR常磐線 北千住

駅前には大型商業施設もありますが、
1本路地を入るとおしゃれな店が数多く並びます。

民家をリノベーションしたスペイン料理店や、
質屋を改装したカフェなど。

cafeわかば堂

Googleマップはこちら

たべログはこちら

女性たちが行列していた店に入ってみると、
落ち着いた印象のカフェでした。

アンティークな感じが人気。

カフェを経営しているオーナーに、
街の変化を聞いてみると、

”若い人が増えた。
広範囲が賑やかになりましたよね。”

若者が増えた理由は、
駅と目と鼻の先にあるのは大学です。

北千住には、
次々と大学が誕生。

今では北千住駅周辺似、」
5つの大学が出来、

約1万人の大学生が学んでいます。

若者が増えた結果、
店もおしゃれに変わり、

街全体が大きく変わってきたということです。

住みたいと感じる街について、
人々にも変化が現れているといいます。

SUUMOによると、

実際に住んでみた時、
居心地が良い、
自分の居場所があるなど、

等身大の街を住みたい待ちとしてあげてくる人が多いのだとか。

池袋が入っていたのは納得です。
昔は悪いイメージしかありませんでしたが、

どんどん変化していっているんですね。

Sponsored Links