11月に入ると、
テレビや雑誌で福袋やおせち情報が出てくるので、

年末感をひしひしと感じますね。

今日のWBS白熱ランキングは、
クリスマスや年末年始に家族や友人同士で盛り上がって遊べるボードゲームのランキングでした。

どんなボードゲームが人気なのか、
購入予定の方はチェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

ボードゲームの市場規模

ボードゲームというと、人生ゲームやモノポリーなど、

一度は遊んだことがあるという人も多いと思いますが、

今ボードゲームの国内の市場規模は、
30億円とも40億円ともいわれているそうです。

ボードゲームカフェ・JELLY JELLY CAFE

渋谷にあるボードゲームカフェ、
JELLY JELLY CAFEは、

料金を払うと一定時間遊ぼ放題。

料金:1500~2000円

Googleマップはこちら

休日には多くの人が遊びに来ているそうです。

都内のホビーショップでも売上は好調、
3~4年前に比べると倍以上の売上だといいます。

ボードゲームの人気ランキング!

イエローサブマリンの、
2017年1~9月の販売額ランキングです。

10位:コヨーテ

ニューゲームズオーダー:コヨーテ 1800円

9位:ラブレター

アークライト:ラブレター 1998円

楽天市場「ボードゲーム ラブレター」検索結果はこちら

8位:街コロ

グランディング:街コロ 3600円

楽天市場「ボードゲーム 街コロ」検索結果はこちら

7位:惨劇RoopeR 第5版

BakaFire Party:惨劇RoopeR 第5版 4320円

6位:ワンス・アポン・ア・タイム

ホビーベース:ワンス・アポン・ア・タイム 3240円

楽天市場「ボードゲーム ワンス・アポン・ア・タイム」検索結果はこちら

5位:カタン スタンダード版

ジーピー:カタン スタンダード版 4104円

主にカードを使うゲームが手軽さで人気の中、
大型のボードゲームがランクインしました。

カタンってどんなゲーム?

ドイツで生まれたカタン、
最大4人で対戦出来ます。

カタン島を発展させるため、資源を集めるゲーム。

集めた資源で開拓地や道路などを建設、
得点を稼ぐ遊び。

最初に10点稼いだプレーヤーが勝ちとなります。

楽天市場「ボードゲーム カタン」検索結果はこちら

カタンの交流会&ジーピー

渋谷区の喫茶店「マーブル」では、
カタンの無料交流会が行われています。

マーブルのGoogleマップはこちら

交流会に参加している米川和秀さん83歳は、
カタンの日本でのライセンスを持つ株)ジーピーの社長です。

びっくり!すごく若く見える方です。

これまでオセロやモノポリーの普及に努めていた米川社長は、

次に日本で展開する予定の海外製品を検討しています。

カタンの今年の売上は、
去年に比べて2倍近いといいます。

米川社長によると、
ゲームが多いなか、選球眼、多くの人に喜ばれる要素があるゲームを選ぶ目が必要とのこと。

4位:Argoat

風榮社:Argoat 3780円

楽天市場「ボードゲーム Argoat」検索結果はこちら

3位:ダンジョンオブマンダム エイト

オインクゲームズ:ダンジョンオブマンダム エイト 2376円

楽天市場「ボードゲーム ダンジョンオブマンダム エイト)検索結果はこちら

2位:犯人は踊る 第三版

鍋野企画:犯人は踊る 第三版 1296円

プレーヤーの間で犯人役を探すというシンプルなルールで人気。

ゲームを元に今年小説も発売されています。
 
<span style="color: #0000ff;">楽天市場「ボードゲーム 犯人は踊る 第三版」検索結果はこちら</span>

1位:桜降る代に決闘を

BakaFire Party:桜降る代に決闘を 3456円

日本のボードゲーム。
2人で対戦するボードゲームで、

キャラクターを2枚選び、
相手に見せてから戦います。

楽天市場「ボードゲーム 桜降る代に決闘を」の検索結果はこちら

キャラクターの組み合わせと、
見せ合うことで生まれる駆け引きの多さが魅力。

ゲームデザイナーは、伊藤深さん。

来年春にはデジタルゲーム化の予定もああり、
より面白くするため調整中とのことです。

伊藤さんは、
7位の惨劇RoopeR の作者でもあり、

昨年の年収は、
およそ1000万円だそう!

プログラムやCGなどが必要なデジタルゲームに比べて、

ボードゲームは短時間でアイデアを形にできるといいます。

スマートフォンやテレビゲームとは違う楽しみがあるのかもしれません。

Sponsored Links