韓国で犬に噛まれた女性が死亡したというニュースがありました。

噛んだ犬の飼い主は、
韓国の人気アイドルグループのメンバーであるチェ・シウォンさんの家族でした。

犬に噛まれて死亡って、
よほど噛まれた場所が悪かったとか?って想像しましたが、

噛まれたのは足でした。

死亡原因は敗血症と言われていますが、
敗血症とはどのような病なのか?

チェ・シウォンさんの家族が飼っていた犬についても、
みんなのニュースから記事をまとめました。

Sponsored Links

フレンチブルドックに噛まれ女性死亡

トラブルが起きたのは、
ソウル市内のシウォンさんの実家のマンションでした。

死亡した女性に噛み付いた犬は、

韓国の人気アイドルグループ、
スーパージュニアのメンバーのチェ・シウォンさんの飼い犬で、

フレンチブルドックのバクシー。

韓国メディアによると、
9月30日に開いていたドアから廊下に逃げ出した犬が

マンションの居住者用エレベーターの中に入り、

エレベーター内にいた女性の足に噛み付いたということです。

女性はその後病院で治療を受けましたが、
6日後に様態が急変。

敗血症により死亡しました。

噛まれた傷が原因と見られていますが、
敗血症とはいったいどのような病気なのでしょうか?

Sponsored Links

敗血症とは?

福田医院の院長によると、
敗血症とは、

”血液の中にばい菌が直接入ることで起きる感染症。

今回噛まれた時に、
犬の牙が入ったのかどうかは不明ですが、

太い血管の中に菌が入っていったということで、

血管の中に入れば心臓・肝臓・腎臓・脳にも行くということ。

敗血症と言えばお手上げ状態になるほどの大変な病気”
だということです。

 

ですが、
人がペットとして飼われている犬に噛まれて死亡するケースはまれ

福田病院でも開業して50年の中で死亡した例はないと言います。

亡くなった女性はチェ・シウォンも通う店の店長

亡くなったのは老舗韓国料理店「韓一館」の女性社長53歳。

「韓一館」は、
歴代大統領や政治家、芸能人なども多く通う有名店で、

店内入り口には、
シウォンさんのサインも飾られています。

チェ・シウォンも噛まれていた

近所の人の話によると、
実はこの犬、以前シウォンさんの鼻にも噛み付いた事があり、

近所の人から恐れられていたそうです。

人を見ると、
グルルと言いながら駆け寄ってくる。

飼い主がリードを強く握っていても犬の引っ張る力が強く扱いに苦労していたようです。

訴訟や賠償は無し

シウォンさんは自身のSNSに謝罪のコメントを投稿。

”常に徹底した管理をすべきなのに、
不注意で途方も無いことが起きて、

深く反省しています。
故人の冥福を祈ります。”

韓国メディアによると、
亡くなった女性社長の親族は、

”シウォンさんを訴訟するつもりも、
賠償を受けるつもりもない。”

と話しているそうです。

首輪をしない韓国では事故が増加

韓国ではペットに首輪などをしない飼い主が多いことから、

犬に噛まれる事故が年々増加。

韓国消費者院によると、
2011年には245件でしたが、

2016年は、1019件。

さらに今年9月までで、
すでに1168件の事故が起きているそうです。

 

韓国では首輪をしない飼い主が多いというのには驚きました。

きちんとしつけていたとしても、
犬が苦手な人もいるし、

怯えて噛んでしまう犬だっていると思うし、
やっぱり危険です。

Sponsored Links