今日は10月10日、
秋は寒暖差アレルギーで悩まされる時期ですが、

花粉症や食品アレルギーなど30年以上の経歴の私です。

何事もこれくらい根気強く長続きすればよいのにと思ったりしますが、

今日のWBSは”みんなのアレルギーEXPO2017”から、
最新のアレルギー対策商品が紹介されました。

どんな商品なのか記事にまとめたので、チェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

アレルギーの展示会EXPO2017

10月10日に開かれたアレルギーに関する展示会、
”みんなのアレルギーEXPO2017”

食品アレルギーや花粉症、シックハウス等に関する107社の商品やサービスが展示されました。

タバコの化学物質を分解する塗料

煙草の吸殻が入った2種類の箱、
臭いを嗅いでみると、

片方は煙草臭く、
片方は全く臭いがしません。

実は臭いのしない黒い箱には、
木炭製の塗料が塗られていて、

タバコの化学物質を吸着して分解。

この塗料は花粉症や化学物質の対策にも成るといいます。

売り込んでいたのは、
建設会社の昭和建設です。

症状を少しでも軽くしたいと言う方向けに選んでほしいということです。

アレルゲン27種無使用のジェラート

特に注目を集めていたのは、
アレルゲンの27品目を使用していない誠愛商事のジェラートです。

食物アレルギーを起こす食品には、
卵や牛乳など表示義務がある7種のほか、

大豆やバナナなど表示が推奨されている20種類があります。

このジェラートはこの27種類を全く含みません。

味は、
コクが合って滑らかで濃い味わいだとか。

ココナッツミルクやライスミルクを使用、
半年前に神戸でジェラート店「リッチョドーロ」を開業した末廣さん。

開発のきっかけは、
末廣さんの息子が食物アレルギーでアナフィラキシーショックになったこと。

自分の子供が安心して食べられる物をと考案。

10月10日から通信販売をスタートしています。

ジェラート 6個 3240円~

通信販売サイトはこちら

えんどうまめのしょう油

キッコーマンが2月からネット販売を始めたのは、
原料に小麦・大豆を使わずえんどう豆を使用したお醤油です。

価格はおよそ400円と通常の2倍近くしますが、
先月からベビー用品店でも販売。

販路を少しずつ拡大しています。

Sponsored Links