今日10月10日は缶詰の日、

料理の材料というイメージが強い缶詰ですが、
それが今大きく進化、市場を拡大し続けています。

業界に新風を巻き起こしたのがグルメ缶詰。

今日10月10日のWBS白熱ランキングは、
缶詰博士が選ぶグルメ缶詰の人気ランキングトップ10でした。

これが本当に缶詰?と驚くような缶詰。

記事にまとめたので、
缶詰ファンのかたはチェックしてみてくださいね♪

Sponsored Links

国分のグルメ缶詰とは?

東京中央区、食品や酒の卸の大手・国分の本社、

1階のセレクトショップには国分が販売する缶詰「缶つま」という商品が90種類すべてが揃えられています。

その中には1万円を超えるタラバガニの缶詰もあります。

「缶つま」はいわゆるグルメ缶詰と呼ばれているシリーズ。

一品一品がごちそうになっていて、
いわゆる素材の缶詰や昔の惣菜缶詰とは違った作り方をしているもの。

これがグルメ缶詰の市場を作り出してきたといいます。

缶詰博士による缶詰の定義とは?

この解説をしたのは、
日本缶詰協会が唯一公認している缶詰博士の黒川勇人さん。

この缶詰博士に缶詰の定義を聞いてみると、

価格で300円以上、
それ1つで立派な一品料理になる、
もしくはおつまみになるものだそうです。

これまでの常識を覆した人気ランキングトップ10です♪

10位~6位

10位:ホテイフーズ 合鴨スモーク 432円

9位:国分 缶つまプレミアム 霧島 黒豚角煮 860円

8位:国分 缶つまホルモン 鶏ハラミ直火焼 590円

7位:国分 缶つまホルモン 牛マルチョウ直火焼 590円

6位:ヤマトフーズ 鳥皮みそ煮 324円

楽天市場の国分缶つまシリーズの検索結果はこちら

料理の素材から酒のツマミへ

この中で注目したいのはグルメ缶詰市場を作り出した
7位・8位・9位です。

2010年に生まれた缶つまシリーズ、
素材や調理法にこだわったため、価格はこれまでの3倍以上が当たり前という商品。

発売当時は、
社内からは反対の声が相次いでいました。

そこで開発担当者が工夫したのが売り方。

酒のラックの隣に棚を作って缶つまを並べたらどうかと提案。

実質的に缶詰売り場が広がり、
缶詰業界では画期的な出来事となりました。

料理の材料から抜け出し、
酒のツマミとして消費者に認識されたことでグルメ缶詰は業界に新たな風を送り込んだのです。

日本百貨店しょくひんかん

東京都千代田区の日本百貨店しょくひんかん、

ここには新たにグルメ缶詰市場に参加した、
地方の中小メーカーの珍しい缶詰が所狭しと並びます。

被災地の人から
「甘いものを食べたら少し救われる」という声から生まれた

本格的ケーキの缶詰もありました。

トーヨーフーズ どこでもスイーツ缶

こんな感じ♪

5位~2位

5位:国分 缶つま★レストラン 厚切ベーコンプレーン 430円

4位:アシストバルール COREN イベリコ豚レバーパテ2パック 864円

3位:明治屋 おいしい缶詰 牛肉の粗挽き黒胡椒 486円

2位:明治屋 おいしい缶詰 プレミアムほぐしコンビーフ 594円

明治屋おいしい缶詰シリーズ

注目は2位と3位に入ったおいしい缶詰シリーズ。

明治屋のおいしい缶詰シリーズは、
全51種類。

その中でもプレミアムほぐしコンビーフは、
発売以来不動の人気。

今回のランキングでも2位にランクイン。

コンビーフの主な材料は牛の、
・牛もも肉
・牛ひき肉
・牛脂

これに調味料を加え、加熱・混ぜ合わせます。

何だか自分でも作れそう♪

こちらの工場では出来たコンビーフを手作業で缶に詰めています。

一般的なコンビーフは、
もも肉6:ひき肉4の塊肉ですが、

プレミアムほぐしコンビーフは、
もも肉8:ひき肉2の割合にすることで肉本来の食感を残しています。

箸でつまめるくらいのほぐれ具合を缶詰の中に残すためには、
手作業が不可欠なのだといいます。

1位:国分 厚切りベーコンハニーマスタード

1位はやっぱり強かった、
国分 缶つま★レストラン 厚切りベーコン ハニーマスタード 430円

次々と登場する新たなグルメ缶詰、
その進化はまだまだ続きそうです。

どれも美味しそうですが、
災害用備蓄としてスイーツ系の缶詰はぜひ買っておこうと思いました。

”甘いものを食べると救われる”

災害時でなくても甘いものには救われますもんね♪

Sponsored Links