今日10月10日は北朝鮮労働党創建・72周年の記念日、

ミサイル発射実験があるのではないかと見られていましたが、

今のところ動きはないようです。

そんな緊張した中、
金正恩氏の妹金与正氏が北朝鮮労働党幹部候補に抜擢され、

注目が集まっています。

異例中の異例とも言われる抜擢。

10月10日のグッディから、
金与正氏について記事をまとめました。

Sponsored Links

米朝の緊張高まる中異例の人事

10月9日は故・金正日総書記就任20年を祝う行事が行われ、

北朝鮮の余裕を見せるためか、
音楽似合わせて踊る人々の姿が報道されました。

アメリカではトランプ大統領が、
”北朝鮮には残念だが一つのやり方しか存在しない”と発言。

一つのやり方について記者に問われると、
”そのうちわかるだろう”とお得意の表現でかわしたトランプ大統領。

さらにその後ツイッターで、
”我々の国は25年間北朝鮮との付き合いに失敗してきた。

何億ドルも渡して何も得ることはなかった。
政策は機能しなかった。”と発言しました。

米朝で緊張が高まる中、

金正恩委員長の妹・金与正氏が政治局員候補に選出されました。

政治局員とは?

政治局とは、
労働党の中央委員会から選ばれる、党の重要政策を決定する北朝鮮の最高権力機構。

党を支えるエリート中のエリート。

現在30歳前後と見られる金与正氏、
この歳で政治局員に抜擢されるのは異例中の異例。

抜擢された背景にはどのようなことがあるというのでしょうか。

朝鮮労働党;
トップ:金正恩党委員長

中央委員会中央軍事委員会

中央委員会
・政治局→政治局員・李容浩外相
・政務局
・党首部門
・検閲委員会
・中央委員候補→金正恩委員長の元愛人玄松月氏(すごい美人)政治局員候補→金与正氏

中央軍事委員会
中央軍事委員→崔龍海氏

このような構図になっています。

金与正氏が政治局員に抜擢された理由とは?

龍谷大学社会学部教員の李相哲氏によると、

金与正氏は今までも影のナンバー2の実力だったが、
今回は表に出て来て名実ともにナンバー2となった。

金正恩は党の中では他に頼れる存在がいないため、
血のつながった妹・金与正氏しか信用できないからではないか。

また、金正恩氏にいつ何があるかわからない状況の今の段階で早めに表に出した。

ただ、政治局には30名ほどいて、候補者は11名。

その中の一人なので位からすると高くはないといいます。

Sponsored Links

金与正のスイス留学時代とは?

金与正氏は1999~2007年の間、
兄・金正恩委員長とともにスイスのベルン国際学校へ留学していました。

送迎は複数の女性が交代で担当。

北朝鮮の外交官の娘として、
1977年1月1日生まれの「キム・チョンスン」という名前で入学していました。

この頃は子供らしく、かなりぽっちゃりしていますが、
顔立ちは現在のヨジョン氏の面影たっぷりですね。

趣味と部活動とは?

かつてヨジョン氏と同級生と見られる女性は、ヨジョン氏との思い出を

”私たちはセーラームンが大好きで、
セーラームンのゲームを良く2人でしました。”と語っています。

趣味はイラスト制作。

マンガを書くのが好きで、
お気に入りはピカチューなど日本のアニメキャラクター。

留学中は、ダンス部に所属していたそうです。

金正恩と金与正の年齢差は?

韓国とアメリカでは情報に違いがあって、
3歳差であるという説と5歳という説があるということですが、

金与正氏の推定年齢はおよそ30歳前後。

落ち着いた顔立ちに見えるので、
もう少し年齢が上だと思ってました。

金与正氏ナンバー2の影の実力とは?

2014年、
金正恩氏が体調を崩した時、

一時的に金与正氏が実験を握っていたという噂があります。

2014年1月、
アニメ映画撮影所を金正恩委員長が視察した時もメモを取って取るなど同行。

2017年4月、
故・金日成主席の生誕105年を祝う太陽説のときにも、すぐそばでバックアップ。

このように金正恩委員長のスケジュールを管理、
行事の補佐役を担当していました。

元NBA選手のデニス・ロッドマンの3度にわたる訪朝を実現させたのもヨジョン氏と言われています。

金正恩委員長の髪型・ファッションをコーディネート

その他にも、
金正恩委員長の髪型・メガネなどすべてをコーディネートしていると言われています。

散々日本では、黒電話の受話器のようだと笑い話のネタになっている髪型ですが、

まさか妹がコーディネートしていたとは。。。

この髪型は、
祖父金日成主席をイメージしているということですが、

金正恩委員長はかなり毛量が多い事から、
似ても似つかない髪型になっているのでしょうか?

金日成に似せたい理由とは?

金日成に似せたい理由は、
金日成主席時代は今の時代より状況が良く、餓死者が出ない時代だったことから、

その時代の郷愁があり、
ファッションや髪型を真似することで、

また金日成に似た指導者が現れた。
これからまたその時代に戻れるかも、

と思わせたためのPRではないかということです。

シークレットブーツまで

また、シークレットブーツやシューズを用意したのもヨジョン氏と言われてます。

ただ、コーディネートに成功しているとはとても思えませんが、

国が違えばファッション感覚が違うのも当たり前、
兄思いの妹であることは間違いないようです。

どうせなら食事の管理をすれば良いのに

高橋克実さんが、
どうせならもう少し食事の管理をしてあげればよいのに。

と言ってましたが、
確かにそうですよね。

今はまだ若いので影響ないのかもしれませんが、
あの体型では未病も含めて抱えている病気は相当ありそうです。

Sponsored Links