家具転倒防止の画像

家具の転倒防止で一番効果的なのは、直接壁に固定してしまう事だと思いますが、
賃貸だったり、持ち家でも何らかの理由で取り付ける事が出来ないケースもいっぱいありますよね。

我が家も壁に固定できる場所と、どうしても固定出来ない厄介な場所があります。

それぞれの家庭で状況は違うと思いますが、私の家での対策を紹介しながらより良い方法を探ってみたいと思います。

こちらも併せてご覧下さい↓
耐震グッズ効伸果は家具の向きで決まる?揺れる方向を確かめて!

スポンサードリンク

東京で3.11の時の突っ張り棒の効果とは?

以前から地震への備えはしっかりしてきたつもりでしたが、3.11以前は家具を壁に固定する事までは考えていませんでした。

なので、3.11の地震があった時点では、伸縮棒と伸縮棒に板を挟んだタイプの二つで対処していました。
(我が家は都内でマンションの6F、3.11の地震では震度5弱でした。)

家具転倒防止の画像1

上の画像は食器棚ですが、手前が伸縮する鉄板タイプのもので、奥が普通の突っ張り棒タイプのものです。
下の画像は鉄板タイプのものですが、設置面に滑り止め加工が施してあります。(突っ張り強度はそれほど強くなかった気がします。)

家具転倒防止の画像2

3.11以降は業者に頼んで壁に固定してもらいましたが、3.11の時点ではこの状態でした。

天井高が2.7mあるので見てのとおり、かなり長い伸縮棒になってしまい、強度的に不安でした。
唯一良かったのは、食器棚のある場所の天井がコンクリートにクロス直貼りだったので、しっかりと突っ張ることが出来た点です。

3.11の時にどうなったかですが、二つともそのまま落ちる事もなく食器棚が移動する事もなく被害はありませんでした。

確認すると伸縮棒は緩んで動いてましたが、それなりに二つの転倒防止グッズで抑えられたのか、これがなくても震度5弱程度では倒れる事もなかったということなのかは定かではありません。

こちらの記事でも書きましたが、建物には揺れる方向があります。
揺れる方向に家具の向きを合わせてしまうと倒れやすくなってしまうのですが、この食器棚の向きは倒れやすい向きで設置してあります。

おまけに一番大事な玄関への通り道にあるんです。(右側奥が玄関)
食器棚が倒れたら玄関への通り道をふさいでしまいます。

食器棚の画像1

その後業者に頼んで壁に設置してもらいましたが、ここで問題がありました。

食器棚の背中側の壁は木の骨組みと石膏ボードで出来ていますが、上手く金具を食器棚と木の骨組みに合わせてつける事が出来ず、左側と中央あたり2か所で止めてもらう事に。(左側の壁と食器棚に大きく隙間があります。)

L字金具の補強の画像1L字金具の補強の画像2

↑の左側には木片をかませて上手くとりつけてもらい、↑の右側は中央部分です。
右側にはどうしてもつけることができませんでしたが、業者の方が言うにはこれで十分でしょうと言う事でした。

家具転倒防止の画像4

何となくこのままでは不安だったので突っ張り棒がついてますが、その後新たな耐震グッズを購入しました。
それがこの耐震君というジャッキアップタイプのダンボール箱です。

耐震君の画像1耐震君の画像2

↓のようなドライバーが付いていて中身はこのようなジャッキアップできるものが入っています。
隙間のサイズに合わせて上に仕切りが付いたダンボールを積み重ねていきます。

20140321_14331420140323_17113620140321_142923

突っ張り棒が残ってますが、設置した画像がこちらです。

20140323_16535020140323_172441

最初は真ん中に設置しましたが、この食器棚の幅が80cmもあるので、真ん中に設置してしまうと天板がしなってしまいました。

仕方なく右側に寄せて側板にかかるように設置しましたが、L字金具の補強がない部分を補強できるので良いかな?って思ってます。(突っ張り棒は外しました。)

この食器棚は天板が上にのっているタイプではなく、両側の側板で挟むタイプのものです。
なので、天井が直貼りで力をかけることが出来ても、食器棚の天板に思い切り力をかけることが出来ないのが何とも残念です。
それでも中央を避けた事で95%くらいの力で固定することが出来ていると思ってます。

どんな転倒防止グッズを使ったとしても地震が来たときにどうなるのかは想像しかできませんが、突っ張り棒よりは設置面が多い事と、しっかりジャッキアップ出来る点は良いと思ってます。

心配するとすると、重ねたダンボールがずれてしまうことでしょうか。
もしずれてジャッキアップ部分が落ちて来たら結構重さがあるので危ないとは思います。

スポンサードリンク

天井が石膏ボードの場合の家具転倒防止

こちらは本棚ですが、50cm幅のものが2本並んでいて、上に設置してある転倒防止器具は3.11直後に慌てて購入したものです。

本棚の転倒防止画像

この本棚の裏側の壁には換気口やコンセント、電話のアダプタなどが設置してあって、本棚を壁に固定することが出来ません。

見てのとおり、ダウンライトを設置するために梁の奥は石膏ボードの天井になっていて、さらに家具と天井の隙間がとても小さいです。

この隙間に合う転倒防止器具が中々見つからずにダンボールを挟んだりしてしのいでましたが、3.11の地震があって慌てて探して購入しましたが、サイズは奥行き15cmくらい、幅は50cmを超えているので、本棚とサイズが合わずに前後にずらして設置してます。

竹とんぼのように見える部分を回して突っ張る構造になっていて、上下を滑り止めの着いた板ではさむ作りになっていて、重さもかなりあるので、落ちてきたときは危ないかもしれません。

こんなふうに変則的に使わなければ、割としっかり固定出来ると思いますが、もう少し設置面積が大きいほうが石膏ボードの天井には良いかと思います。

実はこの本棚は2012年に床をリフォームした際に乱暴に扱われたためにネジが側板を突き破ってしまい、補修してもらいましたが、かなり横揺れに弱く、何の支えもないと少し右に傾いてます。

3.11までは気休めに空のダンボールを挟んでましたが、地震のさいにはかなり揺れて本棚の中身がかなり落ちてしまい、傾きも大きくなったようです。

本棚の向きは食器棚とは異なり、地震のさいには横に揺れやすいです。
前には倒れにくいので、安全かもしれませんが大地震が来たら倒れるより先に崩壊してしまいそうな気がします。

今では転倒防止器具を外すと傾きがかなり酷い状態です。(買い替えれば良いのですが^^;)

3.11以降も頻繁に地震がありましたが、震度3程度でもこの転倒防止器具が緩むことがわかり、結局食器棚と同じ耐震君に変えました。(色違いです。)

耐震君の画像5

耐震君のジャッキアップが入ったものは上に蓋をかぶせる構造になっていますが、蓋を取らないと天井と本棚の隙間にはいらなかったために蓋を取って2つの本棚にかかるように設置しました。

つまり、このジャッキアップの本体の板が天井に直に当たる形で設置してあります。↓

20140323_171136

それでもダンボールが隙間ギリギリサイズなのでねじ込む形で入れて、ジャッキアップしました。(左側は蓋部分でおいてあるだけです。)

その後何度か地震がありましたが、今のところまったくずれる様子はありません。
先に購入したタイプのものよりは、このダンボール箱タイプの方がしっかりと固定することが出来る気がしますが、実際に大地震が来た時にどんな展開になるかは断言できません。

さらに床に噛ませるタイプのものを使うのがベストかもしれません。

突っ張り棒と突っ張り箱と突っ張り板を比較すると?

伸縮棒よりは明らかに伸縮箱(耐震君)のほうが設置面積が多く、しっかりジャッキアップ出来る点で効果的だと思いますが、個数を重ねていくと、大きな揺れでずれてしまう可能性も考えられます。

また、天井が石膏ボードの場合は伸縮棒であっても伸縮箱であっても無理に力を加えてしまうと天井を破壊してしまう可能性も考えられるので、そこそこの力で突っ張る事になるかもしれません。

突っ張り棒を使うなら、天井に板をはさむと石膏ボードの天井でも木の骨組み部分にあたる事になり、良いそうですが、大きな揺れで板が外れて落ちてきてしまう可能性もあります。

天井に板を張り付けてしまえば良いですが、賃貸だとそうもいかないので、上手く木の骨組みにあてる事が出来なければ、そこそこの力で突っ張りながら床部分に噛ませる転倒防止グッズを併せて使うのが良いのかなって思います。

また、私が食器棚で使っていたこれも設置面積の点では、割と広いので良いかな?と思いましたが、支えが奥の2本なので手前にもあればなおよかったような気がします。↓

家具転倒防止の画像2

命を守るためには賃貸であろうとしっかりと壁に穴をあけてでも固定するべきだと思うのですが、悲しいかなそれをやってしまうと退去するときに修理費用をとられてしまいます。

昔賃貸アパートで洗濯機の上に棚が無くて、突っ張りタイプの棚をつけようとして石膏ボードの壁に穴をあけてしまったことがあり、石膏ボードの張替え費用を払う事になりった苦い思い出があります。

最良と思う対策をしても実際にどうなるかは想像でしかありませんが、出来る範囲で対策をして逃げる時間を確保することが大切です。

また、建物の形で家が揺れやすい方向が決まっているので、倒れにくい向きで設置することも必要です。↓
耐震グッズ効果は家具の向きで決まる?揺れる方向を確かめて!

耐震君は、天井との隙間サイズに合わせて色々な組み合わせがありますよ♪
楽天市場↓

スポンサードリンク