まだまだ暑いですが、
お店をのぞくともう秋物ばかりが並んでいて、夏の終わりを感じます。

9月の山の行楽シーズンを前に、
Nスタでは知っておくべき毒キノコの危険性について解説しました。

これからの季節、
天候によっては増えるとも言われている毒キノコ。

公園や自宅の庭にも生えることがあるというので、
ハイキングに行かない人も安心は出来ません。

記事にまとめたのでチェックしてみてくださいね。

Sponsored Links

ハイキングコースに毒キノコ

大阪の中心部から車で30分ほどの距離にある箕面市に、
手軽にハイキングが楽しめる人気のスポットがありますが、

木の根元に猛毒のキノコが生息しています。

まるでサンゴのような色と形の毒キノコ「カエンダケ」

過去には薬用と勘違いした人が酒に浸して飲んで死亡した例もあると言う毒キノコです。

箕面の山パトロール隊の掛水正行さんによると、
他にも触れただけで手や足がただれてくる毒キノコもあると言います。

地元では看板をもうけてハイキング客に注意を呼び掛けているものの、
その危険性についてあまり知らない人が多いのだとか。

地元のボランティアで作るパトロール隊が、
見つけ次第カエンタケを駆除しているそうですが、

取り除いても取り除いても次々に生えてくる繁殖力があるそうです。

毒キノコ「カエンタケ」とは?

毒キノコ・カエンタケは、
感じで書くと「火炎茸」と書きます。

字のとおり、触っただけでも火傷のような症状が起きるといいます。
まるでヒアリ(火蟻)のように強烈ですね。

サンゴのように綺麗で鮮やかな見た目なので、子どもなどはつい触りたくなるかもしれないので要注意です。

致死量:3ℊ
毒の症状:
食後30分 →発熱・腹痛・手足のしびれなど
2日後 →消火器不全・運動障害

最悪死亡する例もあるということです。

この夏、
大阪・奈良・宮城で発見されていて、
10月いっぱいは増殖傾向にあると言う事です。

食中毒を起こすオオシロカラカサタケ

オオシロカラカサタケは、
夏~秋に、芝生や草地に群生。

カサの大きさ:7~30㎝
柄の長さ:10~25㎝

見るからに毒キノコという風貌でなく、食べ手も大丈夫かな?的な外見をしていますね。

そして、大丈夫かな?と思って食べちゃった例がありました。

食中毒の事例

8月12日徳島・阿波市:
50代の男性が自宅の庭でこのキノコを採取、
職場でスープを作り振舞ったところ、

5人のうちの20~50代の男女3人が、
→嘔吐・下痢などの食中毒症状を起こしました。

8月20日名古屋市:
30代男性3人が、
公園でバーベキューをしていた時に、

このキノコを見つけ、焼いて食べたところ、
→嘔吐・下痢などの食中毒症状を起こしました。

加熱でも消えない毒性

毒のあるキノコでも焼いたり煮たりしたら毒性が消えそうな気がしますが、
加熱で毒性が消える事はないと言う事です。

全国で増殖中!

オオシロカラカサタケは、もともと熱帯地方に分布をしていましたが、
温暖化などの影響で全国に生息域を拡大中ということです。

なので山に入らなくても、
例えば自宅の庭とか、公園とかにもある可能性があるので気をつけなければいけません。

Sponsored Links

日本の毒キノコ

日本に生息するキノコの種類は、
約5000種類もあり、

毒を持つのは200種類以上、
食用は約100種類、

それ以外はまだわかっていないと言う事です。

40年以上キノコを研究しているキノコ入門講座の大舘一夫代表によると、

”ネットやハンドブックの不十分な情報だけで食べてしまう人が増えている。
写真一枚では私たちでも判別が難しい。”

このように危惧しています。

キノコは何故毒があるの?

色々な説があると言う事ですが、
キノコの胞子が動物の胃で消化される前に嘔吐や下痢などで排出されることで、

生息域を拡大しているのではないかということです。

生息域を拡大するために毒を蓄えているとは、
納得できる説ですね。

間違いやすい毒キノコ

毒キノコ・ツキヨタケは、
食べると、嘔吐・下痢・腹痛などの中毒症状を起こすキノコですが、

似ているキノコが、シイタケです。

 

 

ツイートにあげてくれている人がいました↓

毒キノコ・クサウラベニタケは、
こちらは死に至るケースはないと言う事ですが、
食べると、胃袋が裏っかえるような猛烈な痛みと、
嘔吐・下痢などの中毒症状を起こす毒キノコだそうです。

似ているキノコが、食OKのウラベニホテイシメジです。

一生覚えられない呪文のような名前が多いですね。
比較してくれているツイートがありました。

でも、確かにマナカナちゃんくらいよく似ています。

おまけに生える場所や時期もほぼ同じというやっかいさ。

殺しの天使と異名を持つドクツルタケは、
日本各地に生息。


ヨーロッパでは野生のマッシュルームと間違えて中毒になるケースが多いそうです。

症状:
食後6~24時間 →嘔吐・下痢・腹痛を起こしますが、
いったん治まります。

その後24~72時間 →内臓の細胞が破壊され死亡するケースがあるということです。

いったん治まったら安心してしまいますもんね。
怖すぎて本当にマッシュルームなのか信じられなくなりそうです。

毒キノコの中毒に合わないために

厚労省のHPによると、

食用キノコと確実に判断できないキノコは、

・採らない!
・食べない!
・売らない!
・人にあげない!

判断に迷ったら保健所に相談、
体長が悪くなったら医師の診察を受けることだということです。

9月~10月は要注意!

毒キノコで食中毒になるケースの9割が、
9月から10月に起こるそうです。

お店で販売しているキノコ以外は食べないのが一番かもしれません。
自分で採ろうなどと思わないほうが安全ですね。

冷蔵庫に入っているシイタケや舞茸が本当にシイタケと舞茸なのか、信じられなくなりそうです。

Sponsored Links