上野動物園の赤ちゃんパンダの成長が可愛くて可愛くて、
かなり癒されてます♪

今日は、WBS白熱ランキングから、
最新の全国人気動物園ランキングをまとめました。

リクルートライフスタイル「じゃらん」
2016年6月~2017年7月までの期間を集計した人気動物園ランキングです。

じゃらんによると、

動物園は、
”見に行く場所”というイメージから”体感する場所”に変化してきているということですよ♪

Sponsored Links

10位:兵庫・姫路市 姫路セントラルパーク

グーグルマップはこちら

姫路セントラルパークHPはこちら

入園料金:
大人3500円 子ども(小学生)2000円 幼児(3歳~)1200円

イベント:
・ホワイトライオン双子の赤ちゃん記念撮影会♪
・ポニーカート
・キリンのエサやり
などなど。

9位:埼玉・宮代町 東武動物公園

グーグルマップはこちら

東武動物公園HPはこちら

入園料金:
大人(中学生以上)1700円 こども(3歳以上)700円 シニア1000円(60歳以上)

東武動物公園の目玉は、
神の化身とも呼ばれているホワイトタイガー。

国内では約30頭しかいないという希少腫で、
東武動物公園では5頭が飼育されています。

週末限定イベント:

週末限定イベントとして、

施設のバックヤードでは、
ホワイトタイガーに馬肉のエサを与えることが出来ます。

もちろん素手ではなく、(^^;
長い棒の先の馬肉をつけて檻ごしにおそすおそる与える方法です。

8位:北海道・札幌市 札幌市円山動物園

グーグルマップはこちら

札幌市円山動物園HPはこちら

入園料金:
大人(高校生以上)600円 小人(中学生以下)無料

動物系イベント:
・トビ・フクロウのフリーライト
・モルモットふれあい体験
・リスザルエサやり体験
などなど。

7位:兵庫・神戸市 神戸市立王子動物園

グーグルマップはこちら

神戸市立王子動物園HPはこちら

入園料金:
大人(高校生以上)600円 中学生・小学生・幼児・兵庫県在住65歳以上・障がい者は無料

動物系イベント:
・お食事タイム(パンダ・ゾウ・コアラ・ペンギン・チンパンジー・カバ・フラミンゴ・クマ・コウモリ)
・ゾウのトレーニングタイム
・ウサギやモルモットのふれあいタイム
などなど。

Sponsored Links

6位:愛知・名古屋市 東山動植物園

グーグルマップはこちら

東山動植物園HPはこちら

入園料金:
大人(高校生以上) 名古屋在住65歳以上100円 中学生以下は入園無料

イベント:
・おやつをあげよう!(キリン・ゾウ・アカカンガルー・アシカ・カバ・アメリカバイソン)
・爬虫類ふれあい(ヒョウモントカゲモドキ・ヘビなど)

5位:神奈川・横浜市 野毛山動物園

グーグルマップはこちら

野毛山動物園HPはこちら

入園料金:無料(動物園の管理、運営のための募金箱があります。)

イベント:
・動物たちのお食事タイム
・動物病院ガイドツアー
・ナイトノゲヤマ
などなど♪

4位:東京・台東区 上野動物園

グーグルマップはこちら

上野動物園HPはこちら

入園料金:
一般600円 65歳以上300円 中学生200円 都内在住中学生は無料 小学校6年生までは無料

赤ちゃんパンダの成長ぶりが注目されていますね♪
成長ぶりはこちらから

見どころ:
ジャイアントパンダ舎
・エゾシカ、ニホンカモシカなどの日本の動物
・ゴリラやトラ、ゾウの住む森
・クマたちの丘
・ホッキョクグマとアザラシの海
などなど。

3位:静岡・裾野市 富士サファリパーク

グーグルマップはこちら

富士サファリパークHPはこちら

入園料金:
大人(高校生以上)2700円 小人(4歳以上~中学生)1500円 シニア2000円(65歳以上)3歳以下無料

「ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだ~!」というCMでおなじみの、
富士サファリパーク。

売りは動物との近距離!

目の前で野生の魅力に触れることが出来ちゃいます。
定番ですがライオンへのエサやりも。

9月までの限定イベント:

泳いでいるゾウを水槽越しに横から見ることが出来る貴重な体験ができます。

ちょっと見、溺れているようにも見えるゾウかきで泳ぐゾウの姿。

ゾウかきはほぼ立ち泳ぎみたいな感じでベリーキュート♪

日本ではここでしか見ることが出来ない水中で泳ぐゾウ。
体重3トン以上のアジアゾウは迫力満点で可愛いと評判!

ゾウは1日90kもの枯草などを食べる大食漢、
大量のエサを求め、川を渡る時に泳ぐ習性があるということです。

2位:北海道・旭川市 旭川市旭山動物園

グーグルマップはこちら

旭川市旭山動物園のHPはこちら

入園料金:
大人(高校生以上)820円 小人(中学生以下)無料

園内の様子をVRで見ることが出来ます→こちら

シロクマyoutube動画も↓

1位:和歌山・白浜町 アドベンチャーワールド

グーグルマップはこちら

白浜町 アドベンチャーワールドHPはこちら

入園券(1DAY)マリンライブ観覧+ケニア号のサファリ見学含む:
大人(18歳以上)4500円 中人(12~17歳)3500円 小人(4~11歳)2500円 セニア(65歳以上)4000円

アドベンチャーワールドの売りは、動物を身近に感じることが出来るところ♪

キリンテラス:

高さ4.8mのキリンと同じ高さで餌をあげることが出来るキリンテラスは、子どもたちにも大人気。


まじかにキリンの顔を見ながらのエサやりは大喜びすること間違いなしです。

5頭のジャイアントパンダ:

上野動物園には3頭しかいないジャイアントパンダが、
アドベンチャーワールドには5頭も!

赤ちゃんパンダがいるのは、上野動物園だけではありません。

2016年9月18日に生まれたメスの赤ちゃんパンダ「結浜」
メチャメチャ可愛い盛りです。

Sponsored Links