荒川水系の水不足を心配していたと思ったら一転、
今度は日照不足による影響が懸念されています。

洗濯物はもっぱら浴室乾燥機で乾かす日々が続いていますが、

そんな事よりも心配なのは、
日照不足による農作物への影響です。

日照不足でどんな影響が出てくるのか、
NHKニュースとあさチャンで取り上げられた内容を記事にまとめました。

豊島園プールのお得情報もあります♪

こちらもご覧ください↓
8月東京の日照時間が短い影響でカビの被害に要注意!グッディ

Sponsored Links

15日連続雨は40年ぶりの異常

東京の都心は8月に入り、
15日間連続で雨が続いていますが、

昭和52年以来40年ぶりの異常な状況なんだそうです。

ついこの間まで関東地方の水がめに雨が降らず、
水不足が心配されていたというのに、

今度は日照不足が心配されています。

今月に入り毎日雨降りが続いて、
まるで梅雨に逆戻りしたような感じと、

夏の終わりを通り越して秋に向かっているような気温にもなっていて、
季節が良く分からない状況です。

それでもエアコンを泊めると蒸し蒸しした感じもあるので、
我が住まいでは30℃設定でしのいでます。

豊島園プール1000円割引

練馬区の豊島園プールも唇を紫色にして、
震えている来園者が多くいたようですね。

8月の利用客は2016年よりも17%減少。

豊島園では8月21日からプール営業期間中の9月3日まで、
プール利用料を一律1000円割引するということですよ。

豊島園プールの料金は、
入園料とプールの料金合わせて、

大人 4000円
子ども身長110㎝以上 3000円
こども身長110㎝未満 2000円

ここから1000円割引と言う事なので結構大きいですね。

豊島園プール懐かしいな~。
いつも頑張って有料席を確保してましたっけ。

ビアガーデンも売り上げ減少

また、仙台市でも5日~14日まで日照時間が平年の11%しかなく、

あるビアガーデンでは売り上げが2016年の半分程度に落ち込んでいる状況でした。

NHKニュースで、
傘をさしてビールを飲むお客さんの映像がありましたが、突然の雨だったのでしょうか?

ただでさえビール離れがさけばれているところに、
この天気は屋外の施設はたまったものじゃないですよね。

野菜の価格が高騰

天候不順が続くと心配になるのが野菜の価格ですが、

足立区のスーパー「生鮮市場さんよう」では、
野菜の価格の高騰が顕著、

ホウレンソウなど葉物の野菜の価格が、
10日ほど前から値上がりし、例年より3割程度高くなていました。

買い控えが起こらないよう、
顔なじみの業者を回り少ない商品をかき集めて確保している状況とのことです。

ちなみにスーパー「生鮮市場さんよう」の主な野菜の価格は、

・ホウレンソウ 1束 250円
・キャベツ 1玉 198円
・カブ 1束 99円
・きゅうり 1袋 99円
・にら 1束99円
・アスパラ 1束125円

でした。

おなじみ練馬区のスーパーアキダイでは、
特にきゅうり・いんげん・キャベツ・ホウレンソウ・サニーレタスなどの葉物野菜の価格が高騰していると言う事です。

価格としては1ヵ月前に比べて、
軒並み2倍くらいになっている現状なのだとか。

2倍は厳しいですね。

西友の価格を確認してみたところ、(税抜き)

・ホウレンソウ 1束 227円
・キャベツ 1玉 127円
・レタス 1玉 147円
・きゅうり 3本パック 137円
・チンゲン菜 1束 147円
・にら 1束 127円
・アスパラ 1束 197円
・白菜1/4カット 127円
・なす 3本 147円

こんな感じでした。

1束・1袋といっても、
量に差があると思うので一概に比べる事はできませんが、

コスパの西友でも高い野菜は結構ありますね。

Sponsored Links

野菜の卸売価格全体で平年並み

8月10日東京都中央卸売市場の野菜の卸売価格ですが、

・ホウレンソウ 約1.5倍アップ
・なす・きゅうり 約2割アップ
・キャベツ 約1割りアップ
・レタス 平年並み
・はくさい 約2割ダウン

となっています。

農林水産省では、野菜全体の卸売価格としては平年並みとしていますが、

今後このまま日照不足が続けば農家への影響も大きくなり、
さらに野菜の価格が高騰することも考えらると言う事です。

レタスが平年並み、
はくさいが2割ダウンなど、

中には安い野菜もあって全体としては平年並みと言う事なんですね。

農家への影響は大

全国有数の生産量を誇る栃木県鹿沼のニラ農家でも、
長雨と日照不足は深刻。

例年なら今頃畑は一面ニラの緑で埋まっているはず。

去年の畑と8月15日現在の畑を比べてみると一目瞭然。

左が8月15日、右が去年の畑です。

水はけを良くするための対策をしていると言う事ですが、
生育の遅れが目立っています。

ニラ農家の宇賀神洋一さんによると、
日照不足が続くと光合成があまりできず、その分根の張りも良くない。

収穫量的にも品質的にも心配だと顔を曇らせています。

ニラを使うお店にも影響

ニラが欠かせないのが栃木県の名物、
「餃子」

地元のニラにこだわる宇都宮の店「遼順茶楼」でも、
今後地元のニラが取れなくなると困ると心配する声が上がってました。

今後の天気予報は?

夏の日差しは戻ってくるのか、
NHKの天気予報では、

仙台:
8月16日~22日まで曇りと雨マーク
8月23日~晴れ

東京:
8月16日~20日まで曇りと雨マーク
8月21日~晴れ

こんな予報になってました。

日本気象協会の3ヵ月予報

8月:
北日本     平年に比べ晴れ少な目
東日本日本海側 平年に比べ晴れ少な目
東日本太平洋側 平年に比べ晴れ多め
西日本日本海側 平年に比べ晴れ多め
西日本太平洋側 平年に比べ晴れ多め
沖縄・奄美   平年に比べ晴れ多め

9月:
北日本     数日周期で変わる
東日本日本海側 平年に比べ晴れ多め
東日本太平洋側 平年に比べ晴れ多め
西日本日本海側 平年に比べ晴れ多め
西日本太平洋側 平年に比べ晴れ多め
沖縄・奄美   平年に比べ晴れ多め

10月:
全国      数日周期で変わる
北日本     平年に比べ晴れ多め
東日本日本海側 平年に比べ晴れ多め
東日本太平洋側 平年に比べ晴れ多め
西日本日本海側 平年に比べ晴れ多め
西日本太平洋側 平年に比べ晴れ多め
沖縄・奄美   平年に比べ晴れ多め

3ヵ月予報だと9月10月は安定して晴れの日が多そうですね。

今週いっぱいは雨降りが続きそうで農家や野菜の価格への影響が心配ですが、
レジャー施設への影響もかなり大きいようですね。

来週あたりからは夏が戻ってくるようなので、
洗濯物を外に干せるだけでもちょっとホッとできますね♪

Sponsored Links