北朝鮮が再びミサイルの発射実験を行う兆候があると、
アメリカが警戒を強めているそうです。

経済制裁を行ったところで、
ミサイル開発は途切れることなく行われている現状、

北朝鮮のミサイル開発の資金源はどこから得ているのでしょうか。

先日のワイドスクランブルで
北朝鮮脱北者による北朝鮮の外貨獲得手段の証言が取り上げられました。

外貨獲得手段のカギは「39号室」
そこで何が行われているのか、

記事にまとめました。

こちらもご覧ください↓
北朝鮮とアフリカの深い関係とは?北朝鮮が加盟するG77についても

金正恩の資産額と凍結された場合の効果とは?プーチン大統領と首脳会談の可能性も

北朝鮮観光ツアーの料金や危険性とは?ワームビアさんは何故亡くなったのか?

Sponsored Links

平壌の百貨店の高級な宝飾品の数々

綺麗に陳列された外国製の靴や、


ブランドの化粧品。

ガラス製のケースの中には綺麗な装飾品の数々、
北朝鮮平壌の百貨店には、豪華な商品が並びます。

値段を見ると、
約6万円の宝石や20万円を超える高級ジュエリーなど。

韓国メディアの試算によると、
北朝鮮の平均月収は約2200円と言われる中、

こんな高級品をいったい誰が買うのかというと、
平壌にいる外国人と富裕層なのだとか。

Sponsored Links

北朝鮮脱北者キム・グァンジン氏

今回北朝鮮の内情を赤裸々に話したのは、
現在韓国の諜報機関でシンクタンクに勤務する脱北者のキム・グァンジン氏。

キム氏は、
北朝鮮で39号室傘下のシンガポールの北東アジア銀行や朝鮮国家保険会社で部長などを就任。

2003年、家族とともに脱北。
現在は北朝鮮人権研究会(韓国)の研究員です。

39号室による外貨獲得手段とは?

キム氏によると、
一部の百貨店では50万円ほどする高級品は現金のみで購入可能、
北朝鮮に在留する外交官たちは100ドル札で支払っているとの事。

このような最大級に儲かるビジネスはすべて39号室が関わっていると言います。

39号室とは、
金正恩委員長の統治資金を管理しているとされる機関で、
主に鉱物資源や農水産物の貿易などで外貨を獲得。

その39号室が行っているビジネスの一つが、
北朝鮮国内にいる外交官らをターゲットにしたもの。

金一族はこういった高級百貨店で外国の現金・多額のドルを稼ぎ、
この稼ぎを運用して金一族の優先事項である核ミサイルの製造につなげていると言う事です。

つまり贅沢品がミサイルに変わっていると言う事。

現在国連による制裁で高級品のほとんどが北朝鮮への輸入を禁じられているものの、

39号室は複数のルートを使い、
外国製品を北朝鮮国内に持ち込んでいると言います。

現在国連加盟国192か国の中で、
北朝鮮と国交を持たない国の方が少なく、

日本・アメリカ・韓国・フランスなど。
それ以外のイギリスやドイツ、フランスなどはすべて平壌に大使館があり、

そう言った外交官たちにも高級品が売られていると言う事です。

保険金詐欺で外貨獲得

キム氏によると、
39号室の外貨獲得手段は、高級品の販売だけでなく、

再保険制度を利用し、
交通事故や工場火災、洪水などの被害をでっちあげ

世界有数の保険会社から保険金を巻き上げていたとの事。

キム氏の任務は、
再保険を掛ける会社を探す事だったと言います。

保険金の獲得例

北朝鮮に海外の保険会社から支払われた保険金の例をあげると、

1996年:
渇水による被害 1億3000万ドル(約145億6000万円

2005年:
ヘリコプター墜落 5800万ドル(約64憶9600万円

2006年:
平安南道の水害 4230万ドル(約47億3700万円

2006年:
フェリー水没 600万ドル(約6億7200万円)など。

金正日総書記が発案

実はこの再保険金による外貨獲得の手段は、
1995年に最高人民会議で金正日総書記が、発案したもの。

「資本主義保険市場の特性を利用すれば大きな資金を稼ぐことが出来る」
と指示したと言われています。

こうした保険金の獲得は、

損害の誇張や捏造により
年間約3500万ドル(約39億2000万円)の保険金を獲得していたと言います。

本来なら事故の調査などを北朝鮮に入り行うものですが、
実際に入国できていないと言う抜け道を利用していたのでは?と見られています。

金正日総書記の頭の良さにも驚きますが、
これほど簡単に保険金詐欺が出来てしまう事にも驚きます。

北朝鮮には、これ以外にも、
麻薬の密輸や、銀行へのサイバー攻撃など、

複数の外貨獲得手段があるとも言われています。

それを封じる手段は何もないのか?
ただミサイル開発が進み、脅威が増すのを見ているだけなのか、

どうすれば良いのかさっぱりわかりません。

Sponsored Links