更年期になると、
抜け毛や薄毛に悩む女性が多いですよね。

今日のNHKEテレ・明日も晴れ!人生レシピは、
「どう対策?抜け毛・白髪」でした。

更年期を迎えた女性の抜け毛・薄毛の対策や、
毛髪専門クリニックの医師による治療法の紹介、

美容師による正しいシャンプースタイリングの方法など、
番組内容を記事にまとめました。

番組後半の白髪ケアについては、こちらをご覧ください↓
白髪染め美容師が教える生え際リタッチのやり方&やめる年齢は?人生レシピ

Sponsored Links

更年期に抜け毛がひどくなる!

千葉県に住む中島孝子さん56歳、
現在の悩みは生え際から頭頂部にかけて、髪のボリュームが減ってきた事。

若かりし頃は、フワッと立ち上がっていた髪も
年齢とともにボリュームが無くなってきました。

ブラシをかけると大量の抜け毛がつくなど、
抜け毛のひどい時期があり、

それが更年期を迎えた53歳ごろでした。

それ以降ひどい抜け毛は治まりましたが、
生え際や頭頂部の髪のボリュームが気になるように。

中島さんのように更年期の抜け毛に悩む女性は多いそうです。

抜け毛のパターン

①ブラッシングをすると大量の抜け毛

②朝寝ていた枕に大量の抜け毛

③シャンプー後の抜け毛がひどいなど。

女性の毛髪専門クリニックへ

中島さんが向かったのは、
女性のための「毛髪専門クリニック」

番組では毛髪専門クリニックと紹介されましたが、
検索しても出てこず。

たぶん「東京ビューティークリニック」かな?と思います。

診察したのは、
長年、毛髪の研究と治療を行ってきた女性医師の高橋栄里さんです。

診察の流れ

最初に問診票を記入、
・髪の状態
・アレルギーの有無
・家族歴など

その後、現在の状況や悩みなどを伝え、
マイクロスコープで頭皮の状態をチェックします。

気になる頭皮の状態は?

気にしていた分け目部分を見てみると、
頭皮の状態はすごく綺麗だけど、1つの毛穴から1本出ている割合が増えてきている状態でした。

通常健康な髪の毛は、1つの毛穴から2~3本の毛が生えていますが、
中島さんは1本が多いということ。

また、周りと比べて細い毛や、細くて短い毛も見つかりました。

先生の診断は?

3~4年前に脱毛が始まり、現在はひどい抜け毛も治まってきているので、
脱毛は深刻なほど進んでいるわけではないとの診断にとりあえず一安心。

悩みの髪のボリュームダウンやコシの低下などは、
加齢による髪質の変化が原因として大きいということです。

髪が弱る原因とは?

健康な頭皮は、毛根に血流を通して栄養が十分に行きわたり、
太くて張りのある髪の毛が出ていますが、

血流が滞おり、栄養が十分に行き届かなくなると、
細くてコシのない毛となり、1つの毛穴から1本だけとなります。

その原因は、
・老化現象
・貧血
・無理なダイエット
・喫煙
・ストレスなどがあります。

健康な髪への対策は?

自分で出来る対策としては、
生活習慣を見直す事

・栄養バランスの良い食事
・良質な睡眠を取る。
・適度な運動を心掛けるなど。

若々しい健康な髪の発育につながるという事です。

それでも抜け毛が増えてしまったら

それでも抜け毛が増えてしまったら、
塗り薬外用薬を出すことも可能ということです。

中島さんの場合は深刻な脱毛ではないので、
今回は生活習慣の改善をはかる事になりました。

びまん性脱毛症

実は女性の毛髪専門クリニックを訪れる人に一番多い脱毛症が、
脱毛症の約4割をしめるという「びまん性脱毛症」でした。

更年期を迎える頃から目立ち始め、
間びいたように髪が薄くなるのが特徴。

加齢やダイエット、ストレスなど
原因はさまざまですが、

特に更年期はホルモンバランスの変化により、
毛周期を乱す可能性があるということです。

毛周期の乱れとは?

髪は本来3~6年で生え変わり、
髪が抜けても次の髪が準備されることにより、

自然と生え変わる毛周期があります。

それがホルモンバランスなどで髪が成長しきらないうちに抜けてしまったり、
次の毛がなかなか生えてこないなど毛周期乱れると、

細い毛の割合が増え、やがて薄毛が目立ってくるようになります。

治療による効果とは?

ここ数根脱毛の治療は新薬の開発により、
大きく進歩しています。

その薬による効果の一例がこちら。

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

もちろん個人差や症例は異なりますが、
治療に当たった医師によると、8割の人が何らかの改善が見られると言います。

ただ、この薬による副作用などがあるため、
必ず専門医の指導を受けてくださいとのことです。

髪のQ&A

Q:お酒は髪に良くない?

適度なら良いが、大量に飲酒してしまうと髪に必要なアミノ酸が奪われてしまうので良くない。

Q:薬はどのようなもの?

女性の場合、治療のスタートは塗り薬がほとんど。
もう少ししっかり抜け毛対策したいとか、髪質をしっかりさせたい場合は、飲み薬の処方がある。

Q;薬の副作用は?

薬による治療は副作用もあるので、ネットなどで簡単に購入できても、必ず専門医の診断と指導を受けてくださいとのこと。

Q:毛髪専門クリニックは増えている?

10年くらい前に男性の薄毛の治療薬が厚生省で認められ、
それをきっかけに男性専門の毛髪クリニックが増え、ここ3年くらい、女性の毛髪専門クリニックも増えてきている。

Q:男性の治療薬は女性にも効く?

男性の場合は薄毛の原因が分かってきているが、
女性の場合はまだまだ未解明な部分も多く、様々な要素が絡み合っているため、男性の治療薬が必ず女性に効くというわけではない。

Q:男性の飲み薬を女性が使っても良い?

男性が飲んでいる治療薬を女性が飲むと、
妊娠中の女性が服用した場合、生まれた男子赤ちゃんのこうがんに奇形が生じる場合があるという報告がある。

他にも心臓に負担がかかり、動機や不整脈を起こすなどの副作用が起こる事もある。

Q:1日2回のシャンプーは良い?

本来シャンプーは1日1回で充分。

また、シャンプー剤を2回つけて洗っている人は、
1度目はお湯洗いにし、2度目にシャンプーを使うようにすると良い。

Q:海藻は髪に良い?

海藻には髪に大切なミネラルが含まれているので、健康的な髪を作る上では欠かせないものだが、
それだけ取っていればよいというものではない。

髪の毛の~9割はたんぱく質で出来ているので、
髪の原料となる、
・良質なたんぱく質
・油分
・ビタミン
・ミネラルなども大事。

バランスの良い食事でまんべんなく栄養を摂ることが大事。

正しいヘアケアとは?

髪の悩みを持つ中島さんの強い味方になるのが、
美容師・毛髪診断士の高橋綾さん。

高橋さん自身も円形脱毛症になった事があり、薄毛に悩む人の気持ちが痛いほどわかると言います。

高橋さんが解説した正しいヘアケアとは?

正しいシャンプー

正しいシャンプーの仕方は、

①シャンプー前のブラッシング:

髪をとかすのは髪をまとめることで、
ブラッシングは、根元の汚れを浮き上がらせるためのもの。

スタイリングブラシだとブラッシングには不向き。


シャンプー前に使いたいのはスカルプブラシ。

スカルプブラシは毛先が丸く、頭皮を傷つけずに毛穴の汚れを取ってくれる優れもの。

毛の流れとは逆方向に、
イメージとしては下から上に、つむじのある所へ向けてあげていく。

このブラッシングで、頭皮に付着した皮脂やホコリなどの汚れを浮き上がらせることが出来る。

②お湯で浮いた汚れを洗い流す:

シャワーヘッドと手を一緒に動かすのがポイント、
ブラッシング同様、手をつむじへ向けて上に動かしていく。

このお湯洗いで汚れの7割が落ちる。

③シャンプーをつけて洗う:

シャンプーを直接頭皮につけて洗うのはNG!
直接つけて洗うとシャンプーが頭皮に残ってしまうため、皮膚炎などのトラブルの原因になる事がある。

シャンプーは手の平にとって泡立てておく。

正しい洗い方は指を大きく開き、大きく振るイメージで、

洗ったところと次に洗うところが重なるように動かし、洗いムラが出来ないようにする。

小刻みな洗い方は洗い残しが出るのでNG。↓

④シャンプーを洗い流す:

シャワーの角度を変えてしっかり落とす事。
泡が出てくるようならまだ流したりない。

⑤タオルドライ:

乾きにくい後頭部から包み込むように行う。

ヘアドライヤーでボリュームを出す

ボリュームを出すためのヘアドライヤーは、
髪の根元に空気を入れるようにするのがポイント。

気になる髪の分け目は、変えてみたり、
色々な方向から風を当てる。

耳の後ろや後頭部にもしっかり当てて空気を入れてボリュームアップ。

アルミ入りカーラーを使う

気になる頭頂部を引っ張らなくても優しく巻け、
熱伝導性が良いアルミが入っているため、巻いた後にドライヤーを当てると簡単にボリュームアップが出来る。

中島さん本来の分け目を隠すようにスタイリング。

ペタッとした印象が無くなりふんわりしたスタイルに変身しました!

髪の印象で随分違うものですね。

中島さんも鏡を見て10歳若返ったみたいと喜んでいましたが、
ヘアスタイルでフェイスラインも上がったように見える気がします。

Sponsored Links